超越の瞳

 始まったね――。


 バルムンクの中で、青年は静かに呟いた。青年の左目は赤く輝き、その瞳はその海域で起こっている全ての事象を認識していた。


「悪い人ね、本当に」


 青年の背後に、美しい銀の髪をした女性の姿が現れた。銀髪の美女ではあったが、それ以上のことは名状し難い。青年は目を細め、右手で前髪を払い除ける。


 銀の姿は嘲弄するように言った。


「誰もがあなたに使われているけど、誰もがそれに気が付けない」

「そういうことなら、それが意志なのさ」

「そうとも、言えるわね」


 女は赤茶色の瞳を細め、青年の隣に並ぶ。二人は足元で繰り広げられているナイアーラトテップによる一方的殺戮を、まるで退屈しのぎのように眺めていた。


「ツァトゥグァはいったい何をしているんだろうね」

「そうですね」


 女は肩を竦める。


「また今回も、この歴史でも、は絶対者を気取りたいのでしょうね」


 絶対者――そこに女は精一杯の侮蔑の念を込めたようだった。青年は可笑しそうに口角を上げ、言う。


「誰もが彼に使われているけど、誰もそれに気が付くことはない」

「そういうことならば」


 女は含み笑いをする。


の意志は何処にもない……ということになるわね」

「そうとも、言えるね」


 自分の立場をも同時に揶揄され、青年は苦笑を見せる。


「それにしてもさ、面白くないかい?」

「何が?」

「セイレネス同士の大きな衝突は、多くの人を覚醒させるだろう。その事に、どういうわけか、あのクロフォードという男は気が付いたようなんだよ」


 青年は薄緑色に輝き始めた海面を眺め、肩を竦める。


「あの男はツァトゥグァが囁いた相手ですもの。入れ知恵のひとつやふたつ、あったとしても不自然なことではないわ」

「ふむ――」


 青年は顎に手をやって、そして小さく頷いた。


「僕にとっての不確定事象は、君たちという異形の存在のみ。でも、それゆえにペンデュラムは揺らぐ。だから、僕にとっての事象はいつまでも確定しないでいるのさ」

「それを、たのしんでいると?」

「君は、どうなんだい?」


 問いに問いで返され、女は幾分不愉快な表情を見せた。


歪められた事象バロックは、私は好みません」

「ふむ。それが仮に正しいものだとしても?」

「その定義は揺らぎに満ちていますが。でも、私にとっては、面白くないものは総じて正しいものではないわ」

「さすがだね、アトラク=ナクア。冥界奈落の女郎蜘蛛――実に君らしい名前だ」


 眼下では、三隻のナイアーラトテップが集結しつつあった。それぞれに、リゲイア、パルテノペ、レウコテアという名前を持っている娘たちである。三人の娘たちは、第七艦隊の艦船を外側からじわりじわりと貪っていく。だが、あの娘たちも、ヤーグベルテの歌姫セイレーンには勝つことはできない。なぜなら、青年――ジョルジュ・ベルリオーズ――がアーシュオンに供出させたその技術は、ヤーグベルテのそれよりも一段も二段も劣るものだったからだ。


 セイレネス同士を衝突させることで、響応統合構造体オーシュが大量に発生する可能性については、ベルリオーズにすら未だ確証が持てるものではなかった。だが、その前兆現象とも言えるものは今までの衝突の結果として、少数が確認されていた。いわば次代の歌姫セイレーンたちの発生である。


「レメゲトン現象に、セラフの卵……。大層なネーミングね」

「ふふ、センスがあるだろう?」


 ベルリオーズは眼下の凄惨な光景を見ながら、微笑を浮かべている。アトラク=ナクアはその美しい銀髪に手をやって、後ろへと払い除けた。その仕草を見つつ、ベルリオーズは呟いた。


「ツァトゥグァのおかげで、ますます世界が面白くなりそうだ」

「あのクロフォードという男、レメゲトン現象の励起れいきを加速させるつもりでしょうけど、いいの?」

「いいのさ」


 ベルリオーズは軽い調子で即答した。


「まだしばらくの間、僕はここで宙乗りの神デウス・エクス・マキナを気取っていることにするさ」

「ふふふ、ならば私も同席させていただくわ。あなたという事象は、それはそれで面白いもの。ティルヴィングを与えた甲斐もあるというものよ」


 アトラク=ナクアの嘲弄するような口調に、ベルリオーズは左目を細める。瞳の赤い輝きが、アトラク=ナクアを焼こうとするかのように強くなる。


「好きにすると良いよ、アトラク=ナクア」


 ベルリオーズはそう言って、また冷然と眼下の様子に視線を遣った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます