銃口

 それから約一ヶ月後――。


 ヴェーラは夢を見ていた。


 目の前には憲兵に連れられたヴァルターが立っていた。ヴェーラはヴァルターを見つめ、ヴァルターもまた、ヴェーラを見つめていた。


 ヴェーラは震える声を抑えつけて、言った。


「わたしは、あなたを愛してしまった」

「知っていた」


 ヴァルターは優しい眼差しでそう応えてくれる。


「だけど、俺はエルザを愛していたし、今でも愛している。だから、その気持ちを受け取ることは、できないんだ」

「そうと知っていても、わたしはあなたを愛してしまった」


 ヴェーラの視界が涙で揺れる。眩しくて、思わず指で目をこすった。


「次は出会いの順番が、違えばいいな」

「……そうだね」


 うつむいて涙を流すヴェーラの髪に触れ、ヴァルターは少し困ったような微笑を浮かべた。


「ごめんな――」

「謝らないで。わたし、きっとそういう所も含めて、あなたのこと……」


 ヴェーラは両手を握りしめた。唇を噛み、両目を力いっぱい閉じた。


 そして、目を開け、ヴァルターを抱きしめた。


「あなたのことを、愛していたから!」

 

 涙が止まらない。ヴェーラは憲兵の視線も気にせず声を上げて泣いた。


 それからしばらく、二人は抱き合っていた。憲兵が時間を気にし始めるが、二人は動かない。


「何をしている。時間だ」


 通路の奥から、軍服姿の男たちが現れた。憲兵が慌てて敬礼をする。


「申し訳ありません。直ちに」


 憲兵は強引にヴァルターからヴェーラを引きはがした。


「待って!」


 連れて行かれようとするヴァルターに、ヴェーラは追いすがった。憲兵は煩げに銃を見せて振り払おうとするが、軍服姿の男の一人に止められる。


 ヴェーラはヴァルターの腕に縋りつく。


「さいごに、さいごに、キスだけでも……!」


 ヴェーラの願いに、ヴァルターは暫くの間、固まった。しかしやがて、小さく頷いてみせた。


「一度だけ、だ」


 そう、一度だけ。


 ヴェーラは頷いた。それでもいい。それで、いい。


 ヴァルターはヴェーラの背に手を回し、そしてゆっくりと唇を重ねた。温かい感触がヴェーラを包み込み、吐息がヴェーラを満たしていく。その温かさは、傷だらけの心にみた。痛くて、痛すぎて、ヴェーラは泣いた。それでもその唇からは離れられなかった。痛みが、ヴェーラを満たしていた。容赦のない痛みが、心に出来た全ての傷を覆っていく。


「時計が進んでいたようだ」


 軍服姿の男が、咳払いと共にそう告げた。


 ヴェーラの初めてのキスは、終わった。


 涙が、嗚咽が止まらない。


「さぁ、行くぞ、フォイエルバッハ少佐」


 軍服姿の男がそう言って、ヴァルターの背中を押した。扉が開く。ヴァルターたちがその向こうに消える。


「ヴァリー!」


 分厚い扉が、ヴェーラとヴァルターとを明確に隔てていた。叫ぶその名も、扉に弾かれて、ただ反響して消えて行った。この声が届くことは、もう二度とない。


 ちゃんと伝えられただろうか。迷いはなかっただろうか。ヴァルターは……少しは安らげたのだろうか。ヴェーラは嗚咽に苦しみながら、そんなことを考えた。


 やがて――。


 ヴェーラは目を覚ました。いつものエディットの家の二階、自分の部屋、自分のベッドの上、見慣れた天井――。


 午前五時。アーシュオンでは午前九時のはずだ。


 ヴェーラはベッドから飛び降りた。そしてそのまま階段を駆け下りた。胸騒ぎが、呼吸をも阻害していた。


 暗いリビングにはエディットが一人、ソファに座って頭を抱えるようにして、テレビを見つめていた。


「エディット、あのね、いま、ヴァリーが……!」

「いま……」


 エディットは驚いたように顔を上げて、ヴェーラを振り返った。


「ええ、いま、よ」


 テレビの画面が速報に切り替わっていた。思わずヴェーラはそのテロップを読む。


「オルペウスの最大の功労者、アーシュオンにて謀殺される……?」


 何を言ってるんだろう?


 ヴェーラは心が急に冷たくなったのを感じた。不愉快な感覚だった。


 テレビの向こうでは、ヤーグベルテのマサリク上院議員が、拳を振り上げて叫んでいた。


『今、まさに今! 我が国のために単身敵地に乗り込み戦った英雄は、このようにして死んだ! 否、殺されてしまった! 我々は我らが救国の英雄、ヴァルター・フォイエルバッハの死を無駄にしてはいけない!』

「え? ……えっ?」


 それは驚くべき発言だった。ヴェーラには何がどうなってそうなったのか、さっぱり理解できなかった。


 そして、気付いた時には「嘘だ!」と叫んでいた。


「エディット、この人、何言ってるの!? この人、あの人をヤーグベルテのスパイだったみたいなこと言ってる。何言ってるの、ねぇ!?」


 その時、ヴェーラの後ろにレベッカが現れた。少し息を切らせている。


「大きな声出して、どうしたの、ヴェーラ」

「ヴァリーが、いま……殺された」

「い、いま……」


 レベッカは見ていた。ついさっきまで。


 自分がヴァルターを処刑場に連れて行く憲兵になった夢を。ヴァルターはやや色の抜けた黒髪を肩口で切り揃えた女性と、長いキスをしていた。そして目を覚ます直前に、ヴァルターが――。


 レベッカは唾を飲み込み、呆然とヴェーラの蒼い瞳を見た。


「そしたら、テレビのあの人が! ヴァルターのことをヤーグベルテの英雄だったって。スパイだったんだって」

「な、何を言ってるの、その人!」


 レベッカの目が吊り上がった。


「エディット、説明してください」


 レベッカはソファで俯いているエディットの横まで歩いていき、エディットを見下ろしながら詰問した。


「どういうことなんですか!」

「……私には、何も言えない」


 エディットはかすれた声で呟くと、その顔を手で覆った。


「私には、何も言えないのよ」


 エディットがそう言うなり、ヴェーラは床を蹴ってリビングから出て行った。力いっぱいに閉められたドアが、大きな音を立てて、窓ガラスまでも揺らした。


「エディット。これはつまり、政治の都合、ですか」

「何だって使う。国益の名の下、国際的地位の相対的向上のためなら、何だって。それが今の時代の文民統制シビリアンコントロールの姿なのよ」


 それが答えだった。レベッカは急速に脳の温度が下がっていくのを感じた。


「無情、ですね」

「政治の力の前には、私たちは驚くほどに無力なのよ」


 エディットの独白に、レベッカはしかし、心を全く動かされなかった。


「死者の名誉までけがして、私たちは何をしたいのでしょう」


 レベッカの冷たい表情と声音が、憔悴しきった様子のエディットを襲う。エディットは大きく息を吐き、そして顔も上げぬままにぽつりと言った。


「それは、私の答えるべきことではないわ」

「そう、でしょうね」


 レベッカは冷たく言い放つと、静かに自分の部屋へと戻って行った。


「私に」


 エディットは両手を握りしめた。拳が震え、視界が霞む。


「私にどうしろっていうの」


 どうしたら良かったというの? 私にそれができたっていうの?


 エディットは奥歯を強く噛み締めた。顎が震え、痛みに我慢ができなくなるまで、噛み締めた。


「くそっ!」


 悔しかった。あまりに無力な自分が、憎らしかった。


「くそっ!」


 握りしめた両手の拳を、テーブルに打ち下ろした。


 両手に走った鈍い痛みが、ますますエディットを苛立たせた。


「くそぉっ!」


 エディットは肺の中の空気をすっかり吐き出してしまう。


 私はいったい、何をやっているんだ!


 エディットは激情のままに、髪を掻き毟った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます