ラスト・フライト

 潜水空母<ダニエル・マクエイド>の格納庫に、緊急連絡が入った。エウロスが現れたという旨の報告であった。


 それを聞いた瞬間、ヴァルターはマーナガルムの面々と顔を見合わせて、立ち上がった。そして、自分の機体レージングへと向けて走った。


 機体に乗り込んでヘルメットを被ったその瞬間に、シルビアの声が届いた。


『ナイトゴーント隊の司令機がロストしました』

「ロスト? どういう状況だ。撃墜か?」


 あれは無敵の司令機と言われていたハズだ。司令機は、一機だけ妙に人間らしい動きをする機体だった。


『不明ですが、との交戦中にレーダーから消えました』


 なるほど。


 ヴァルターは頷きつつ、機体をカタパルトに移動させる。その時、ちょうど真後ろにつけてきたクリスティアンが通信を入れてきた。


『ヴァリーさんよ、おまいさんのやるこた決まってんだ。司令機が女帝陛下を譲ってくれたんだろうぜ』

『そうそう。自分の落とし前は自分でつけるんだね、隊長さん』


 フォアサイトの突き放すような言葉に、ヴァルターは苦笑する。


「わかってる」


 そのやり取りの間に潜水空母は急浮上し、ハッチを展開した。真正面に見える太陽は、水平線に今にも着水しようとしていた。遠くの空に閃光が見える。撃ち上がる対空砲火、轟炎とともに散っていく航空機。排気炎もまた鮮やかに、空に幾何学模様を描いていた。


 こんなところに帰ってきたがっていたのか、俺は。


 ヴァルターは「やれやれ」と首を振った。


 そして、発艦。カタパルトがPXF001レージングを力強く空中に放り投げた。すぐに体勢を立て直し、一直線に戦闘空域へと駆ける。シルビア、クリスティアン、フォアサイトも、後を追ってくる。


『隊長。おかしな動きがあれば、私が……あなたを撃ちます』

「わかってる、シルビア」


 ヴァルターは右隣に並んできたシルビア機に視線を送った。シルビアもまた、ヴァルターを見ていた。ヘルメットのバイザー越しでは、その表情などは全く見えないけれども。


 ほどなくして、ヴァルターは上空を悠然と飛ぶ真紅の機体を発見する。挨拶代わりの多弾頭ミサイルは、戯れに振りまかれたフレアによって尽く回避された。


「当たるはずもない、か」


 こんなもので墜ちるなら、それはそれで幻滅だ。


『久しぶり、

「――そうだな」


 ヴァルターは通信回線が完全に乗っ取られていることを知る。味方からの通信は遮断され、もはやシルビアの声は届かない。ヴァルターからの応答もできない。


『アタシを殺せば――』


 カティは静かな声で言う。


『あんたは助かる。そういうわけか』

「……そういうことだ」


 ヴァルターの短い答えに、カティは笑ったようだった。ノイズに交じって聞こえるカティの呼吸音は、酷く乾いているように思えてならない。


『良いだろう。だが、アタシは手を抜かない』

「望むところ」


 ヴァルターは頷いた。


 これが、俺の最後の戦いになる。空を飛ぶ、最後の機会になる。


 もう一度頷き、そして宣言した。


「始めよう、カティ・メラルティン」

『……そうだね』


 カティは静かな、穏やかな声でそう応じた。


 いざ始まってみて、ヴァルターはいきなり冷や汗をかくことになる。カティは、は、まるで自由だった。システムの呪縛から解放されたかのように、飛行士の常識から尽く逸脱した動きをして見せた。対するヴァルターは、PXF001レージングという最強の機体の性能を限界まで引き出すことで対抗しようとした。


「空の、女帝ね……」


 それは壮烈な舞いだった。自由に、力強く、風も海も空も、何もかもを従える。加速度ですら、女帝のしなる鞭の前には無力なように思えた。人としての限界を、あっさりと飛び抜けているようにすら思えた。


「褒めてばかりもいられない」


 ロックオンと同時にミサイルを放つ。フレアに対しては手動誘導で回避。再び自動に戻した時には、カティは完全回避の機動に入っていた。どころか、反転上昇の後の急降下から、機関砲の雨を降らすような芸当までして見せた。ヴァルターも負けじと下降して追いかけるが、カティはその時にはもうそこにはいない。ヴァルターは後ろを取られ、また機関砲を浴びせられる。


 圧倒的だ。


 自分が実験に協力していた二年間。その間にも、カティはアーシュオンの飛行士たちを叩き落とし続けていたのだ。経験値に埋められない差ができてしまったのだ。


 だが。


 自分には後がない。戦うのなら、勝たねばならない。


 正面から二機が交錯する。


 体当たり――それも一瞬考えた。だが、ヴァルターの飛行士アビエイターとしての本能が、その動きを阻害する。


 機関砲が火を噴いた。両機の間を二本の光条が奔る。


 相互に被弾五発。だが、致命弾には程遠い。かすり傷だ。ヴァルターには秒間百発にもなる機関砲の弾が、全て見えていた。ゾーン状態といっても良かったのかもしれない。とにかく、その空間の全てが――カティの戦闘機以外の全てが――今はヴァルターの支配下にあるような感覚さえあった。


 すれ違う一瞬に、二人はお互いの顔を見た。顔全体がヘルメットとバイザーで覆われているのだから、表情などはもちろん見えない。だが、視線は確かに交わった。


 カティは上に逃げ、ヴァルターは旋回して螺旋のようにそれを追う。しぶとく、追いすがる。そしてやがて、お互いがお互いの背中を追いかける巴戦ともえせんへと移っていく。


 無言の駆け引きが続く。相互に背中を取っては機関砲を放ち。背中を取られては回避して相手の後ろへと何とかして回り込む。他の戦闘機など目に入らなかった。どのみち誰にも邪魔などできないのだ――ヴァルターは脳の冷静な部分でそう考える。


 十数分に渡る攻防の末、必殺の一撃を叩きこむチャンスを得たのはヴァルターだった。ヴァルターは躊躇うことなく引き金を――。


「!?」


 指が動かなかった。痺れてしまったように、指先に感覚がない。


 セイレネスか――!


 その一瞬で、カティは機体を垂直に立てて胴体ブレーキを掛けつつ真上に逃げた。ヴァルターはそれに追いつくことができない。身体が言うことを聞かなかった。


「ヴェーラ、か……?」


 ならば、よし。


 ヴァルターは覚悟を決めた。ゆるゆると上に向かって飛ぶヴァルターの機体の内側で、けたたましいロックオンアラートが鳴り響いた。カティ機が対空ミサイルを放とうとしている。ヘッドオンからのFOX2。もはや回避のしようがない。


「終わったな」


 ヴァルターは来たるべき衝撃に備えて歯を食いしばった。


 だが、カティ機は、ミサイルはおろか、機関砲の一つも撃たずに真下へと飛び去って行った。


 その数秒間で、ヴァルターは状況を理解した。


「もういい。そう言うんだな、ヴェーラ」


 ならば、そうしようか。


 ヴェーラが幕を引いたのだ。それはヴェーラによる明確な意思表示だったのだ。


 異存、なし。


 呟きながら、母艦<ダニエル・マクエイド>に機首を向ける。


 自分は帰るのだ。味方という名の処刑人たちの所へ。


 華々しくは、戦ったさ。


 悔いは、ない。


 ヴァルターは自分に確認するように、そう呟いてみせた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます