#15-リヴェンジ

#15-1:前段

政治による命の取り扱い

 二〇八八年から九〇年にかけては、ヤーグベルテは圧倒的な勝利を収め続けた。その主な要因は、カウンターセイレネスデバイスである「オルペウス」の開発が成功したことである。この能力により、四風飛行隊らエース級の飛行士パイロットたちは、ナイトゴーントと互角以上に戦う能力を得た。


 海のナイアーラトテップには二隻の戦艦が。空のナイトゴーントには四風飛行隊が。それぞれ抑止力として機能した。ISMTインスマウスはヤーグベルテにとっては相変わらず厄介な存在ではあったが、それでも数回のISMT動員作戦については、ヴェーラたちによって全て未然に阻止されていた。ヤーグベルテはほぼ負けなしの状態で、不法占拠されていた島嶼とうしょ部の奪還および本土への奇襲作戦を成功させていった。


 ヤーグベルテ大統領府は、ヴァルターに対してを与える旨を発表した。無論、そこには政治的意味しか込められてはいない。言うまでもなく、ヴァルターはそれを固辞した。だが、ヤーグベルテにしてみれば、ヴァルターがそれを受け取ろうが受け取るまいが、さしたる違いはなかった。内外に対し「この男はそれほどの貢献をした」というアピールができさえすればそれで良かったのだから。


 その工作は見事に効果を発揮し、ヴァルターが「オルペウスの開発に大きな役割を果たした」という事実は、アーシュオンを激震させた。


「スパイの容疑者で済ませりゃいいものを、本物の利敵行為を働いてくれちゃって」


 暇を持て余したマーナガルム2、クリスティアンがブリーフィングルームの天井を仰ぐ。要塞都市ジェスターの軍施設は除染もすっかり終わり、破壊された建物の再建もほとんど完了していた。


「何か、事情があるはずです」


 紙媒体の作戦報告資料をケースにしまいながら、シルビアが呟いた。フォアサイトが首を振りながら立ち上がり、「事情だって?」と、机の上に腰をおろした。


「事情が何であるにしたって、事実は事実じゃん。こっちが圧倒的に不利になる技術、ええと、オルペウスだっけ? そいつの開発に一役買ってるのは事実じゃん? そりゃもう、利敵行為以外なんて呼べばいいのかわかりゃしないよ」

「しかし――」

「シルビア、シカシもカカシもないわけよ。現に、ナイトゴーントどもがただの的に成り下がってくれたおかげで、あたしたちへのしわ寄せはすごいものがあるじゃない。こっちの軍、陸海空を問わず、信じられないような被害を受け続けてるんだ。それもこれも、ヴァリーのせいだ」


 フォアサイトは吐き捨てる。


「ヤーグベルテがみすみすあいつを返してくれるとは思えない。返されたら返されたで、ウチの国としては銃殺刑にするくらいしかない。もうあいつの容疑は確定的だし、それによる損害は致命的だ」

「そうだな、フォアサイト。それによ、ヤーグベルテだって、オルペウスとやらが開発できちまったんだから、これ以上ヴァリーに固執する理由はねぇ。だけどよ、捕虜交換するにしても吹っ掛けてくるだろうぜ」


 クリスティアンが唇を尖らせてそう言った。


「アーシュオンとしては、あいつに本気で寝返られちまったら困るからな。を同時に相手するとか、考えただけでもゾッとするぜ。だから、ヤーグベルテはさっさと高値で売り払いたいと考え、アーシュオンはさっさと死んでほしいと思っているわけ。わかる、シルビア?」

「……ええ」


 シルビアは力なく机に上半身を預けた。フォアサイトは、そんなシルビアに近付いて背中をポンと叩く。


「まぁ、運よく帰って来られたとしても、銃殺刑。何か国家へのお土産でも持っていれば、それによっちゃ助かるかもしれないけどさ」

「みやげ?」

「そそ。歌姫とかいうヤツの命とか、戦艦ぶっ壊すとか、空の女帝を葬っちゃうとかさ、そういう物騒な系統の話」


 フォアサイトは凄味のある笑みを浮かべてそう言った。


「私は、彼に生きていて欲しい。私は……」

「ヴァリーに想いの一つでも伝えるってか?」


 クリスティアンが揶揄するように言った。シルビアはクリスティアンを鋭い視線で睨み付けた後で、はっきりと肯いた。


「それができなければ、私は死ぬに死にきれない」

「自己満足ってんだよ、それ」

「そうよ、フォアサイト」


 シルビアは荒んだ笑みを浮かべた。


「私が今こうして軍にいる意味って、それしかない」

「うっす。薄っぺら!」


 フォアサイトが手を叩いて哂った。シルビアはその大理石マーブルのように冷たい表情を崩さず、尋ねた。


「なら、あなたの生きる意味は何なの、フォアサイト」

「さぁて。考えたこともないねぇ」

「クリス、あなたは?」

「俺もねぇよ。ヴァリーがいなくなって変わったと言やぁ、毎日が酷くつまらないものになっちまったってくらいか」


 クリスティアンは無表情にそう言って、頭の後ろで手を組んだ。


「おっと、勘違いはすんなよ、シルビア。俺はな、心底あいつに幻滅してる。顔を見たら殴り殺しかねないくらいにな」

「クリス、しかし――」


 その時、ノックもなしにドアが開いた。


「何を轟々とやりあっているんだ」


 颯爽と入って来たのは、ミツザキ大佐だった。ミツザキは軍帽を脱ぐと、左の脇に抱えた。


「おやまぁ、大佐がわざわざ自ら――」

「軽口は結構だ、シュミット大尉」


 ミツザキはそう言うと、復旧がほぼ終わった滑走路の様子を眺めた。多数のFA221カルデアの姿も見える。


「大佐」


 シルビアがその背中に声を掛けると、ミツザキはゆっくりと振り返り、軍帽を両手で弄んだ。そしていきなり核心を口にする。


「捕虜交換が正式に決定した」

「捕虜交換……!」


 シルビアは目を見開いた。フォアサイトとクリスティアンは、互いに顔を見合わせる。その顔に、特定の表情は浮かんではいない。

 

 ミツザキはその真っ赤な唇の口角を上げた。


「相手方は、ヴァルター・フォイエルバッハ。こちらは四風飛行隊の捕虜十四名。ほぼ先方の要求を飲んだ形だ」

「そりゃまたヤーグベルテに都合のよろしいことで」

「そうでもない」


 ミツザキはクリスティアンの言葉をやんわりと否定する。


「これ以上、奴に実験とやらに協力されてはかなわん。おそらくオルペウスは改良されていくだろうし、四風飛行隊の全機に搭載されるのも時間の問題だ。そして我々は何より、奴が寝返ることを危惧している」

「処刑するためだけに、取り返そうと……?」


 シルビアが声を詰まらせながら尋ねた。ミツザキは至極当然のごとく肯いた。


「我が国は、奴に対するネガティヴキャンペーンを展開しまくったからな。今さらそれを撤回するような胆力のある奴は、政治屋にはいないだろう」

「政治の都合で、そんな……」

「許されるのだ、ハーゼス大尉」


 ミツザキはその赤茶の瞳でシルビアをはすに見る。


「アーシュオンは、内情はともかく、表向きは民主国家だ。シビリアンコントロールという大衆迎合システムの前には、軍人個人の都合や人権など、あまりにも小さい」

「しかし――」

「今日は野暮用ついでにそれだけを伝えに来た。最期には会えるように取り計らっておく」


 ミツザキはそう言うと、軍帽を被り直して軍靴の音も高らかに部屋を出て行った。シルビアは椅子を蹴って、ミツザキを追った。


「大佐、お待ちください!」

「……なんだ?」


 ミツザキは足を止めて振り返る。


「ヴァリーは、彼は、もう助からないのでしょうか」

「まぁ、そうだろうな。助かる理由があるというのなら聞くが」


 ミツザキはまた歩き始める。シルビアはそのすぐ左斜め後ろにつく。


「一度。一度だけでもチャンスを与えることはできませんか」

「チャンス?」

「空の女帝を、エウロスの隊長を撃墜するチャンスを、です」

「ほう?」


 ミツザキはその歩みを止めぬまま、横目でシルビアを窺う。ミツザキのスピードに苦労してついていきながら、シルビアは頷いた。


「それができれば、彼に掛けられた嫌疑も解ける。オルペウスの件もヤーグベルテの喧伝であるということができるのではありませんか」

「だが、裏切り者に戦闘機を与えるわけにはいかんだろう」

「……不審な動きを見せたら、私が、撃ちます」

「ほう……」


 ミツザキは顎に手をやって、そして軍帽を被り直す。


「正直に言って、私もヤツ程の人材をみすみす失うのは惜しいと考えている。摩耗しきった我が軍に於ける最強の飛行士アビエイターでもあるわけだし。それに、興味深い」

「人間として……?」

「ああ、口が滑った」


 ミツザキは左手を軽く振った。しかし、シルビアはミツザキの冷たい横顔を凝視していた。その顔に浮かぶ僅かな感情をも読み通そうとするかのように。


「ハーゼス大尉、良い言葉を教えてやろう」


 ミツザキは唇の端をきゅっと上げた。


「深淵を覗くのであれば、深淵からも覗かれる覚悟をすることだ。さもなくば、奈落の縁から退がることだな」


 立ち止まったミツザキは、そう言って冷たすぎる微笑を浮かべた。あまりにも整った完璧な微笑みを受けて、シルビアは総毛立った。名状し難い恐怖のようなもの――そんなものが、シルビアの爪先から髪の先までを這い上がった。


「案ずるなとは言わんが」


 ミツザキはその繊細な指先でシルビアの右肩に触れた。思わず身体を硬直させるシルビアに、ミツザキは「ふふふ……」と笑みを漏らす。


「私もそのように計らってみよう。興味が湧いた。なに、情報部の連中も手を出すことはないだろう。あいつらにとって、あの男はもはやつまらん相手だ。銃殺刑は既定路線なのだからな。軍部は高価な戦闘機を無駄にするつもりかと言うだろうが」


 ミツザキはシルビアの肩に触れたまま、ニヤリと笑った。


「なに、PXF001レージングの一機くらい、どうにかしてみせるさ」

「……ありがとう、ございます」


 シルビアは頭を下げた。ミツザキは「ふん」と鼻を鳴らしてまた歩き始める。


「貴様の、本物だろうな」

「私は、彼を助けられる可能性があるのなら、私の命を賭けても良いのです」

「そうか」


 ミツザキは短く答え、そしてシルビアを残して歩き去った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます