空と海との対戦

 アタシとで、戦艦とやり合うってか。


 カティは不思議な高揚感に包まれながら、シミュレータの感触を確かめる。この筐体に乗るのも久しぶりだ。筐体はコックピットの座席がそっくりそのまま収められている。コンソールの類は疑似認識機構を使って投影されている。投影と言っても、本物と同じように表示されるし、触ることもできる。前後左右に上の方も、頭を巡らせれば外の景色を確認できる。その映像はもはや映像の域を超えていて、うっかりすると実戦と勘違いしてしまうような出来である。


 首を巡らせて隣を見れば、そこには白く塗られたF108パエトーンが飛んでいた。窓から見える自機の翼は真紅である。遥か彼方、水平線のあたりに二隻の海上構造物――戦艦――が姿を見せる。それは見る間に迫ってくる。それは全長六百メートルを超える馬鹿げた巨大さの構造物であり、そこに備え付けられている火器の数もまた、非常識にも程があった。


「マーナガルム、戦艦は見えているな」

『今はエンプレス2だ。視認できている』

「了解。アタシは<メルポメネ>、あんたは<エラトー>を一撃する。落とされるなよ」

『誰に言っている』


 ヴァルターからの不愛想な声が届く。カティはフッと笑って対艦ミサイルを放った。とはいえ、こんなものが当たるはずもない。案の定、正確無比な迎撃射撃によって、瞬く間に叩き落とされてしまう。


「レールガン、来るぞ」

『わかっている』


 二機が左右に散ったその瞬間、その空域を超高速の弾丸が貫いていく。レーザーも斯くやと言った兵器である。


『次、PPC粒子ビーム砲!』

「ハリネズミか!」


 超高エネルギーを孕んだ巨大な光条が、空域を斜めに切り裂く。カティは寸での所で回避に成功する。ヴァルターは度重なる実験で食らい慣れているのか、やや余裕を持って射線軸から外れていた。


「遠距離だとこれで、距離を詰めれば弾幕か」

『そういうことだ』


 瞬く間に距離を詰めると、案の定、熾烈としか表現できない対空砲火が撃ち上げられてきた。紙飛行機ですら、穴だらけにされてしまいそうな密度の射撃である。


 だが、カティもヴァルターもそれらを全て回避しきる。


「ちっ、撃てない」

『こっちもだ』


 すり抜けざまに機銃掃射を行おうとしたが、どうしてもトリガーに掛けた指に力が入れられない。


 確かに似ている。ナイトゴーントどもと戦う時も、こんな感触があった。この意味の分からない圧力。それが一秒の数分の一程度の誤差を生み出す。音速の二倍で飛び回る空戦の世界では、コンマ数秒というのは非常に大きい。


「すごいな、これはっ」


 だが、戦艦から受ける圧力は、ナイトゴーントのそれなんか比べ物にならない。だが、システムには異常は見当たらない。クラックされたりしているわけではない。


「撃てないな、しかし!」


 カティはハリネズミも斯くやと言わんばかりの対空砲火に辟易しながらも、周囲を飛び回って機会を窺う。機体のコントロールにでさえ何らかの干渉があり、回避行動を取るのも一苦労だ。


「よくこんな代物相手に機銃掃射なんて、できたな!」

『お褒めに与り光栄!』


 ヴァルターはそう軽口を返してきたが、彼も今の所一発の有効弾も撃てていない。


 この圧力の正体は何だ。


 あまりの機動に、気絶しそうになる。ご丁寧に、ある程度のGまで再現するのだ、この筐体は。


 戦艦を観察すると、淡く薄緑色に輝いているのが分かる。それ自体は知っている現象だったので、驚くにはあたらない。


「マーナガルム、戦艦を引き付けてくれ。ちょっと試したいことがある」

『今はエンプレス2だ』

「いいから」

『……了解。<メルポメネ>で良いな?』

「ああ」


 カティはいったん空域離脱寸前まで距離を稼いだ。背後からレールガンやPPC粒子ビーム砲といった長射程火器が追ってくる。


 容赦しろよな、少しくらい――!


 カティは舌打ちしつつ、機体を反転させて、今度は<メルポメネ>にまっすぐに突進し始める。途中途中で対艦ミサイルを撃ちながら、一気に距離を詰める。ヴァルターがヴェーラの目を引き付けてくれているおかげか、弾幕はそこまで激しくはない。


「撃てる……!」


 最後の対艦ミサイルが飛んでいく。が、CIWS近接防御火器システムによって粉砕される。残る火器は、機関砲――!


 撃……てない!


 撃てたことは撃てたのだが、タイミングが一秒以上ずらされた。空と海面に数百発分もの弾痕を穿っただけに終わった。


「こいつは困ったな」

『ゼロ距離しかないかもしれん』

「自爆攻撃でもするつもりか」

『そのつもりで、というだけだ』


 そう言うなり、<メルポメネ>と<エラトー>から集中的に狙われていたヴァルター機は、弾丸を掻い潜って空を駆けあがった。レールガンの放つ閃光が空を焼く。


 雲の上まで突き抜けたヴァルターの機体は、今度はまっすぐに落下してきた。カティの機体を追い抜くように滑り飛び、一気に艦橋へと迫っていく。熾烈な対空砲火がカティとヴァルターの進路に広がる。


「ちっ」


 食らった! 右の翼の先端数十センチが吹き飛ばされた。だが、まだ飛べる。


 カティのすぐ目の前でヴァルター機が機関砲を放った。それはまっすぐに艦橋に吸い込まれ……はせずに、命中直前に不可視の壁に弾かれた。ヴァルターは再び機関砲を連射する。数百発の銃弾が今度は命中した。カティも同時に弾丸を放っていた。


「命中!」


 弾丸の群れが、第二主砲と副砲の周辺を薙ぎ払った。少なくない被害を与えたことが確認できた。そして間髪を入れずに機体を引き起こす。このままでは戦艦に体当たりしてしまう――!


「もう一発!」


 カティは視界から戦艦が消える前に機関砲を放った。命中した百数十発のうち、数発はセイレネスの防御を貫いて、艦橋を穿った。


 その時、視界がゆっくりと暗転して、やがて真っ暗になる。


「終了か」


 カティは筐体の蓋が空くのを目を細めて確認する。


「ご苦労様」


 筐体のすぐ外に、エディットが腕を組んで立っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます