幸せが逃げるよ

 その日の夜、ヴェーラとレベッカは帰宅するなり早々に寝てしまった。相当に疲労が溜まっていたらしく、家に着く頃には二人とも半分眠っていたという有り様であった。


「ただいま」


 夜十時を回った頃、カティがリビングに入って来た。


「って、あれ、ヴェーラとベッキーは?」

「あら、カティ。二週間ぶりね」


 エディットはソファに埋まって半分眠っていた。テーブルの上に置かれたグラスの中のビールからは、すっかり気が抜けている。


「二人はぐったり疲れて夢の中。私も今まであっちの世界に行ってたわ」

「そっか。お疲れさま、姉さん」


 カティは軍服の上着をハンガーに掛け、ソファに腰を下ろした。


「ん、どうしたんだい、姉さん。珍しいね、グラスでビールとか」

「なんかねー、溜息が出ちゃう」


 エディットは気の抜けた温いビールを喉に流し込み、「うえ」と不味そうな声を出す。カティは立ち上がってキッチンへ行き、ワイングラスを二つと、白ワインを持って戻って来た。


「姉さん、まだ飲む?」

「飲む飲む。いくらでも飲むわよ」


 エディットは座り直して、ワインを注いでもらう。そして二人でグラスを軽く合わせた。


「で、どうしたの、姉さん。溜息ばっかりついて」

「だってね、唯一の仕事がね」

「うまくいかない?」

「……せっかちになったわね、カティ」


 エディットは「はぁ……」と大きな溜息を吐いた。カティはワインを一口飲んで、エディットの疲れた顔を見やった。


「姉さんは溜息が多いよ。幸せが逃げちゃうよ」

「迷信深くもなったわねぇ、あなた」


 それは成長なのだろうか。エディットはまた溜息を吐いた。その一方で、自分は老けてしまったのかもしれない。


 幸せ、か。


 エディットはまた溜息を吐き、カティに呆れられた。


 自分の幸せなんて、あれ以来――顔を焼かれて以来、あまり考えないようにしていた気がする。アンディと共に過ごす老後なんてものを夢見なかったわけでもないが、それもあの士官学校襲撃事件で潰えてしまった。逃がし屋としての仕事に忙殺されていた頃はまだよかった。余計なことを考える余裕さえなかったからだ。だが、今は残念ながら時間的な余裕だけは、今までの反動と言えるほどにたっぷりあった。セイレネスの実験に立ち合い、「だいじょうぶだよ」と嘘をつく二人の歌姫セイレーンを眺めるだけの日々だ。


「ああ、あるかも――」


 エディットはワインをグイッと飲み干した。


「世界平和」

「ふふっ」

「もう、笑わないでよ、カティ。真面目な話よ」


 エディットはジト目でカティを見つめた。その視線を受けて、カティは左手をひらひらと振ってみせる。


「ごめん、なんか、姉さんらしくないなって思ってさ」

「姉さんらしくない、かぁ」


 エディットはカティにワインを注いでもらいながら、右手で頬の火傷痕に触れた。


「私らしさって、何だろ。誰のために生きてるのかな?」

「そう来る?」


 カティはグラスを置いて、エディットの隣に移動した。そしてさりげない動作で、エディットの腰に手を回してくる。


 この子も他人とこれだけ距離を詰められるようになったってことか――。


 エディットは純粋に嬉しく感じた。


「姉さんは、アタシを助けてくれたじゃないか」

「偶然の産物よ、ぜんぶ」

「偶然でも必然でも、そんなこと、アタシにはどうだっていいのさ」


 カティはどこか遠い目をしてそう語る。そしてワインをまた注いだ。それでボトルは空になった。


「今日はずいぶん飲むのね、カティ」

「暇だから、さ」


 エウロスの出撃頻度は大幅に下がっていた。四風飛行隊には、もはや切り札の地位はない。今や何かあれば、猫も杓子もセイレネス。軍としても国民としても、セイレネスを出すことで被害が小さくなることが分かっていたから、「とりあえずセイレネスを発動させておけ」という世論が形成されつつあった。それがたった二人の歌姫セイレーンによってしか稼働できないものであるとわかっていても、なおだ。


「あの子たちばっかり。私たちはいったい何をさせてるんだろう。ほんと、何やってるんだろう」

「今はね」


 カティは少し寂しそうに相槌を打つ。


「今は、セイレネスが圧倒的過ぎるから。これからもしばらくはそうだろうね。でも――」

「アーシュオンは必ず対抗策を打ってくる」


 うん、と、カティは肯いた。


「それまでの時間を少しでも伸ばすために、マーナガルム1を使って実験してるんだろ?」

「そう、ね」

「あいつらが頑張るほど、あいつらが孤独に戦う期間が延びる。酷い話だ」


 カティとエディットは同時に溜息を吐いた。エディットはワイングラスを傾けながら、カティを横目で見た。


「幸せが逃げるわよ」

「世界平和、か」


 カティが呟く。エディットは苦笑を見せる。


「妄想よ」

「妄想って言われると、なんか悔しいな」


 カティはグラスを揺らしながら考え込んだ。


「アタシだって、世界平和のために戦っている。でも、敵が来るから、敵がいるから、叩き落とすしかない。それしかできない。敵もそうと分かっているから、アタシたちエウロス、四風飛行隊が出張っていれば、うっかり攻めては来られない」


 その平坦ながら強い語気の言葉を受け、エディットはふと思い出す。


「剣を掲げ、自由の下に平穏を求む、か……」

「ん? どっかの標語モットー?」

「だったかな?」


 エディットは立ち上がり、キッチンへと向かった。そして冷蔵庫からよく冷えたビールを二缶取り出して戻ってくる。


「第四艦隊は叩き潰した。セイレネスで圧倒した。クラゲも破壊できた。それでアーシュオンがおとなしくなってくれればと祈ってはいたんだけど」


 実際にはそんなことはなかった。艦隊規模の大きな戦闘は減ったが、小競り合いが増えた。島嶼も大きなものはヤーグベルテによって奪回されたが、戦略的価値の低い島々には、アーシュオンのが度々上陸し、不法に占拠したりもした。また、小規模の巡視船団がアーシュオンの潜水艦部隊に襲撃されるといった事案も発生していた。


 アーシュオンは超兵器オーパーツによる奇襲攻撃も度々敢行してきていて、全く油断ならない状況が続いていた。ISMTインスマウスによる空爆も二度あった。ヴェーラたちの支援が間に合ったおかげで、退却させることに成功はしたが、二度とも阻止限界ギリギリの間合いだった。ナイアーラトテップやナイトゴーントは、週に一度以上のペースで島嶼や沿岸部を襲った。セイレネス以外に有効打を持たないヤーグベルテは、その度に少なくない被害を出している。それらの事案についても、最終的にはヴェーラたちがセイレネスを発動することで対処した。


「なーんか、見失っちゃったのよね」


 エディットはソファに身体を沈めた。


「あの二人とセイレネスは、日々成長している。強くなってる。ものすごく。でもね、どうしてもそれがという単語に結びついていかないのよ」


 ヤーグベルテの世論は、反撃の機運だ。そしてアーシュオンは、そんなヤーグベルテを焚きつけるかのように、しつこく攻撃行為を繰り返す。お互い三百数十万の民間人を失ってもなお、戦争に終わりは見えない。互いに抑止力になり得る兵器を振りかざしているにも関わらず、和平のテーブルは設置されすらしない。


「ところでさ、姉さん。マーナガルム1の特殊な体質について何かわかったの?」

「セイレネスからの論理的影響を受けにくい。それはわかったんだけど、それがなぜなのかはサッパリ。詳しい所はブルクハルト少佐のレポート待ちだけど、口ぶりからして期待薄だったわ」

「でも、それがわからないと、さすがの姉さんでも上からボコボコにされると」

「そうなのよね」


 エディットの相槌には疲労感が滲み出ていた。無茶を通して捕虜を実験に参加させているのに、肝心の成果が出ていない。何度参謀本部上層部の面々から叩かれたか。


「これ以上、具体的な成果が得られないと実験は中止とするって言われたわ。でも、そんなことして思考停止したら、また延々モグラ叩きが続く。そんなことになったら、ヴェーラもレベッカも、限界だわ」

「それはそうだな」


 特に、ヴェーラ。


 カティは足を組み、指を胸の前で組み合わせた。


 ヴェーラは表向きは元気に振る舞っている。だが、その表情の奥には、まるで何もない。空虚なのだ。限界を超えた徒労感。終わりの見えない緊張感。そんなものに晒され続けているのだ。それだけならカティたち四風飛行隊も似たようなものだ。


 だが、カティには頼れる仲間もいれば、自分の代わりに戦ってくれる部隊もある。休む時間はあるのだ。しかし、ヴェーラとレベッカにはそんなものはない。いつだって電話一本で呼び出され、深く考えることなく頼られ、とんでもない敵と戦わされ、あまつさえ、わずかな被害でも出れば責められるのだ。


「あの子たちの事を考えてあげられるのは、私たちだけ。わかってるけど。わかってても、そろそろ限界かもしれない」

「諦めるなよ、姉さん」


 カティは言葉に力を込めた。


「それじゃあいつらの事を諦めることになる。そんな覚悟なんてないんだろ? ないくせに、諦めてみちゃおうかとか、そんな考え方。アタシは大嫌いだ」

「言うようになったわね、ホントに」


 エウロス部隊長としての成長か。或いは、人間としての成長か。


「でも、そのとおりね。あなたは正しいわ。あの子たちに直接言えないようなことを酒飲んでぼやいてるとか、ほんと、最低」


 自分が諦めたら、誰がヴェーラたちを守るのか。エディットは心の中で気合いを入れ直した。


「姉さんは研究をひたすら頑張る。何とか成果を出す。アタシはナイトゴーントやISMTどもを駆逐する。それぞれができることをするだけさ」

「そういえば、カティ」

「ん?」

「あなたの部隊、ナイトゴーントを二十機近く撃墜していたわよね」

「この前でエウロス全体でちょうど二十かな?」


 カティは頭の中でカウントし、「うん、間違いない」と頷く。


「ISMTには近づくこともできないけど、ナイトゴーントやロイガーみたいな奴らは、がいるんだ」

「やれる奴?」

「アタシもそうなんだけど、なぜか当たるんだ。攻撃が。ごくまれーに、だけど」

「なぜか、当たる……」


 エディットはスッと腕を組んで下を見た。カティは天井を見ながら言う。


「十回に一回くらいかな、機関砲ぶちこんでやるといい感じに命中することがある。そこからさらに二回に一回くらいは、なんだか致命弾になって火を噴いて墜ちる」


 あれ?


 エディットは額に手を当てて考え込む。


「もしかして、ナイトゴーントやロイガーを撃つ時に、なんか抵抗みたいなものってある?」

「あるよ。トリガーをクラックされたんじゃないかって、ほとんど毎回思う。撃ちたい時に撃てない、みたいな?」

「それだ……それだ!」


 エディットは勢いよく立ち上がった。カティは驚いてエディットを見上げた。


「カティ、忙しいのは分かってる。でも、あなたも参加して、実験に。あなたじゃなければ、ナイトゴーントを撃墜した経験のある飛行士パイロットでもいい」


 なぜこの可能性を失念していたのか。


 エディットは凝り固まってしまっていた思考を悔やむ。


 もっと早く気付いていれば……!


「アタシは構わないよ」


 カティはあっけらかんとそう言った。


「あいつらも少しは気がまぎれるだろう」

「書類通すのが一番の難題な気がするけど」

「そいつはアタシの専門外だ。ハーディが上手くやるんじゃない?」


 カティは少しだけ気分が高揚してきたのを感じていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます