二人の、出会い

 この子たちが……?


 ヴァルターの心の中の第一声は、これだった。


「その顔も無理もない」


 例の面会室に椅子を二脚追加しつつ、エディットは言う。


「この子たちがセイレネスそのものだとも言えるのだからな」

「人、だったのか……」

「無論、依存するハードもソフトも存在する。だが、そのコアはこの二人、ヴェーラ・グリエールと、レベッカ・アーメリングだ」


 エディットは右にヴェーラ、左にレベッカを座らせ、自分も腰を下ろした。ヴァルターもそれに倣う。


「初めまして、フォイエルバッハ少佐」


 レベッカが小さな声で言った。ヴェーラはヴァルターの顔をじっと見つめて、両手を打ち合わせた。


「やっぱり! 見えた人だ」

「見えた?」


 エディットとヴァルターの声が重なる。ヴェーラは頷いた。


「うん、戦闘機と戦っている時に、チラッチラッて見えたんだ。間違いない、この人だよ」

「そんなこともあるのか、セイレネスには」


 エディットは腕を組んで呟いた。


「まぁ、その事は置いておこう。それで、フォイエルバッハ少佐。結論は出たのか」

「結論から聞くか。その過程から聞くか」

「そうだな――」


 エディットはわざとらしく腕時計を見た。午後六時を少し過ぎたところだ。


「腹は減ったが時間はある。過程から聞かせてもらおうか。興味がある」


 エディットは背もたれに右ひじをかけ、優雅に足を組んだ。ヴァルターは腕組みをしてエディットを直視している。


 そのピリピリするほどの緊張感に晒されて、レベッカは冷や汗のようなものを背中に感じていた。エディット越しにヴェーラを見ると、ヴェーラは息をするのも忘れたかのように、じっとヴァルターを観察していた。


 ヴェーラは、ヴァルターの顔を瞬きも忘れて見つめていた。あの戦いの中ではもっと殺気立った印象があったが、今はなんだか魂が抜けたような、ある種穏やかな空気を纏っていた。やや伸びて不揃いになった黒髪に、感情の読みにくい黒い瞳、そして、カティと同じくらい白い肌。背も高く、顔立ちも鋭利な印象で、なんとなく全体的にカティに似ているように思えた。試しに脳内で赤毛にしてみたら、「カティの兄です」と言われても違和感がない。


「なんだ、俺の顔に何かついているか?」

「ううん。なんでもないよ」


 ヴェーラは首を振る。エディットはヴァルターに話をするように促した。


「貴国の研究に協力することは、当然ながら利敵行為にあたる」

「そうだな」


 エディットは超然としている。ヴァルターも負けず劣らず、どっしりと構えている。そして十秒近く間を置いて、また口を開いた。


「だが、セイレネスというヤツについて、興味が湧いた。土産話にもなるしな」

「ほう」


 エディットは目を細める。


「だが、貴国もクラゲ、ISMT、そしてあの戦闘機どものような超兵器オーパーツを有しているではないか?」

「それだ」


 エディットの問いに、ヴァルターは小さく頷いた。


「俺もあいつらの正体は知らない。どうやって、誰が動かしているのかも教えられていないし、知る権利もなかった。だが、とりわけあのクラゲだが、あれはセイレネスと似ている、そう感じた」

「ほう……?」


 エディットはヴェーラとレベッカを見まわした。二人は小さく頷き返してくる。


「実際にアレと戦ったこの二人も、同じ見解だ。確度は高いな」

「ああ、そのようだ。裏にいるのは大方ヴァラスキャルヴ、もとい、ジョルジュ・ベルリオーズとか、その辺になるのだろう。あの軍産企業複合体コングロマリットが絡んでいるのだとすれば、同じ時代にそれぞれの国であんな技術が浮かんできたのも頷けるというものだ」

「奇遇ながら、それには私も同意見だ」


 エディットは面白そうに応じた。ヴァルターは生真面目に頷く。


「だから、興味が湧いた。今の俺には帰れる場所なんてないし。帰った所で、待っているのは緩やかな死か、急激な死か。そのどちらかだしな」

「本音はそこらへんにあるのだろう?」


 エディットがニヤリと口角を上げた。ヴァルターも擦れたような笑みを浮かべる。それがヴェーラたちが目にする、初めての人間らしい表情でもあった。


「俺にはもう家族もない。あの時に死んだ」

「えっ……」


 ヴェーラが小さく絶句する。ヴァルターはゆるゆると頭を振る。


「だから本国には、未練は、ない」

「でも」


 レベッカが口を開く。


「でも、だからと言って、本国を裏切るような行為に手を貸す道理にはならない気がします」

「裏切るつもりはない」


 ヴァルターはレベッカの目を見た。レベッカは慌てて視線を外す。


「本国は裏切らない。だが、結果としてそうなってしまう側面も出る。それだけだ」

「詭弁だが、わからんではない」


 エディットは足を組み替えた。


「アーシュオンでは貴官はスパイ容疑をかけられ、その人的な価値も名声も地に落とされた。今のままでは捕虜交換のカードにすらならない。帰れない」

「そうだな」

「だから、ヤーグベルテで何らかの付加価値を付けてもらわねばならない。それを考えた結果が、今回の結論――そういうことだろう?」

「そうだ」


 ヴァルターは静かな口調で肯定する。


「見ての通り暇だしな。俺は俺でセイレネスの情報収集のために、貴官らの実験に参加する。それだけだ」

「承知している。十分だ」


 エディットは立ち上がり、ヴァルターに右手を差し出した。ヴァルターはその手とエディットの顔をじっと見る。


「ああ。では気になるか」

「馬鹿にするな」


 立ち上がったヴァルターは、その火傷の痕に覆われた手を握り返す。エディットはニヤリと笑みを浮かべ、ヴァルターは不愛想にその表情を見遣った。


「一つ、訊いていいか、大佐」

「なにかな」

「マーナガルムの三機、まだ誰もやられていないか」


 その問いに、エディットは少し記憶を遡ってみた。


「その知らせはないな。どころか、あれ以来、戦場に出てきていないハズだ」

「そうか」


 ヴァルターは小さく息を吐いた。エディットはまた凄味のある笑みを浮かべる。


「マーナガルムに帰りたいんだろう?」

「まぁな。良い仲間たちだ」


 ヴァルターは促されるまま、部屋を出て行った。あとは憲兵たちが彼を部屋まで連れて行く。


 エディット、ヴェーラ、レベッカは、ヴァルターの姿が扉の向こうに消えるのをぼんやりと見送った。一息ついて、エディットが壁に寄りかかるようにして立った。


「どう思う、二人とも」

「問題はない、と思います。今のところは」


 最初にそう答えたのはレベッカである。それをヴェーラが補足する。


「実験に参加したって、大事なものは見えないしね。ブルクハルト教官と接触させたらダメだと思うけど」

「そうだな、それは避けるようにしておかねばな」


 エディットは頷きながら、脳内のメモ帳にその旨を書き記す。レベッカは膝の上で両手を組みながら言う。


「あの人の能力がわかれば、超兵器オーパーツへのより効果的な対処方法が分かるかもしれません。もしかしたら、私たちの能力なしでも対抗できるようになるかもしれない」

「そうだねー」


 ヴェーラは難しい顔をして同意した。


「今だとさ、あいつらが出てきた時は必ず呼び出されちゃうもんね」


 今でも早朝日中深夜を問わず、緊急の参戦要請が出されることがある。出撃未遂を含めると、三日に一度は、戦艦のコア連結室に駆け込んでいる。遠隔での支援のみだからまだよかったものの、それでも真夜中に三日連続で叩き起こされた時は、さすがのレベッカもしばらく不機嫌になったくらいだ。


「では決まりだな。暇を持て余している私が言うのもアレだが、非戦闘時にはびっしりと実験を詰め込むことになるだろう」

「わかった」


 ヴェーラは頷いて「よいしょ」と立ち上がった。そして笑いながら言う。


「だいじょうぶだよ、わたしは。って、どうしたの二人とも。変な顔しちゃってさ」

「なんでもない」


 エディットは首を振った。レベッカは取って付けたような笑みを浮かべている。


 なんでもないというのは嘘だ。エディットもレベッカも、今のヴェーラの微笑みの中に、深すぎる闇を見た気がしたのだ。それはヴェーラが時々見せるようになった表情だった――あの核弾頭を使用して以来。


「……無理、するなよ」

「え?」


 ヴェーラはきょとんとした表情で、エディットを見ている。そして「ああ」と独り納得して、後ろで手を組んだ。


「無理してないかって言うと、そりゃしてるよ。いろいろとね。だけど、ベッキーも一緒だもん。だから、別に、まだ、だいじょうぶだよ」


 あはは、と、ヴェーラは笑う。その軽い笑い声が、エディットの鳩尾あたりに突き刺さる。


 だいじょうぶなんかじゃ、ないだろう?


 エディットは奥歯を強く、噛み締めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます