世界平和への協力要請

 ヴァルターは露骨に身構えた。エディットは笑みを消し、またヴァルターの目を視線でガッチリとホールドした。


「実験というのは?」

「なに、拷問や人体実験とは違う。貴官の心身に危険の及ぶような実験ではない。我が軍の戦力拡充のため、いや、ありていにいえば、あの戦艦の一層の強化を行うために、貴官に協力して欲しい」


 エディットはさらりとそう言ってのける。ヴァルターは開いた口が塞がらない。


「そ、そんな理由で、俺が協力するとでも?」

「思っていない」


 そう答え、エディットはカラカラと声を立てて笑った。ヴァルターは剣呑な視線をエディットに向け、その人格を観察する。だが、その凄絶な火傷の痕に覆われた表情は、今一つ正確に読み取れない。何を考えているのか、よくわからないのだ。


「私はね、フォイエルバッハ少佐」


 エディットはその火傷の痕を指先で引っ掻きながら言った。


「私は、世界平和というヤツに貢献したいと考えている」

「世界平和?」

「そう、世界平和だ。争いのない数年、可能ならば、数十年。そんなものを作り出したいと考えている」


 エディットは淡々と言う。表情のないその声音が、ヴァルターに名状し難いプレッシャーをかけてくる。


「我が国が配備した戦艦たちは、貴国が開発した超兵器たちを凌ぐ。戦艦を動かしているのはセイレネスというシステムだ」

「セイレネス……?」

「そうだ。詳しい所はさて置くとして、ともかく我々はセイレネスをより完璧なものへと近付けたいと考えている。それが成就した暁には、アーシュオンは我々に手を出してくることはできなくなるだろう。ゆえに、世界平和が実現できるだろうと、私は希望している」

「ばかばかしい」


 ヴァルターは思わずそう口に出した。


 今さらそんなことで戦争の流れが断ち切れるものか。


「先ごろ、我が軍が貴国にしたことを考えれば、貴官のその想いも理解できないものではない。だがな、忘れるな。先に三百数十万の民間人を無警告で殺戮したのは貴国だ」


 その鋭い語気に、ヴァルターは唇を噛んだ。エディットは畳みかけるように言う。


「我が国は専守防衛のスタンスを完全にかなぐり捨てた。そして今、貴国への反撃の機運が非常に高まっている。最強の第四艦隊を倒し、最強の飛行隊の隊長を虜囚とし、そして、超兵器ナイアーラトテップを撃破し得ることがわかった。当然の流れだ」


 エディットの機械の瞳が、ギラリとヴァルターを撫で切りにした。


「正直、かつ、正確に言おう。現時点でも、我が軍がセイレネスを総動員した場合。貴国は確実に敗北する」

「それは……俺の考えることではない」


 ヴァルターは首を振って、そして確固たる口調でそう答えた。


「それに、そう断定するのであれば、やれば良いではないか。セイレネスとやらの強化などというまどろっこしいことをせずに、今すぐ実力行使に出れば良いと思うが」

「はは、その通りだ。だがな、私はだ。犠牲は一人でも減らしたいと考えている。それはおかしいかな?」

「ただの勝ちではなく、完全に勝つ状況を作りたいと」

「肯定だ」


 エディットは簡潔にそう応じた。そして、追い打ちを掛けるように付け加える。


「セイレネスをより完璧に近付けることができれば、戦わずして……つまり、貴国の人命も犠牲にすることなく、我が軍は勝利を収められるようになる。私はそう思っている」

「夢見がちだな、貴官は」


 ヴァルターはエディットの顔を見て、小さく首を振った。エディットは「そうかな?」と呟き、またヴァルターの目を見つめる。


「無駄な犠牲を減らしたい。私は味方はもちろんのこと、貴国の人々の命もまた、大切なものだと思っている」

「きれいごとだ」


 ヴァルターは吐き捨てた。


「民間人を大量虐殺しておいて、その命もまた大切だって? 笑わせてくれる」

「不幸の連鎖はやめないかという話をしている。起きてしまったことについて、とやかく言っても始まらん」

「差し引きゼロだからそれで良いというわけにはいかないだろう!」


 ヴァルターは椅子を蹴って立ち上がった。エディットはその様子を興味深そうに目で追う。


「どうやら我々からの攻撃で、大事な人を失ったと見える。違うか」

「答える義理はない」


 かすれた声で言い捨て、腕を組み、エディットを見下ろした。エディットはまた瞬きもせずにヴァルターを見つめ、ぽつりと言う。


「私もね、貴国の特殊部隊にかけがえのない男を殺されたのだ。痛みとしては似たようなものだと思うが、どうか」


 淡々としたその問いに、ヴァルターは返す言葉を見つけられない。エディットは擦れた笑みを浮かべる。


「あいつは軍人でもあったから、理不尽さという意味では少し違うかも知れないが。それでも、私にとっては大切な男だった。その点に於いては、私は少しも譲るつもりはない」

「それは……そうかもしれない」


 一瞬、ヴァルターの脳裏にシルビアの姿が現れたことは否定できない。ヴァルターは首を振り、壁に背を預けた。座るつもりにはなれなかった。


「貴国の戦艦、そして、セイレネスというものが、そこまで万能とは思えないが。まして、兵器の一つが世界平和なんて、そんなバカげた話があるか」

「そうかな?」


 エディットは足を組んで、ヴァルターをはすに見た。


「クラゲやISMTの類が出てくるまでは、世界にとっての究極的抑止力は、核兵器だった。百年以上に渡って究極的抑止力の地位についていたのは事実だ。だが、クラゲたち、貴国の超兵器オーパーツどもの出現によって、それはあっさりと覆った。あっさりと、だ。その後の顛末は知っての通り。我が国と貴国の間では、いったい何発の核弾頭が飛び交ったのだろうな」

「だが、ナイアーラトテップは沈められた。おそらくはそのセイレネスというヤツの力で。絶対無敵に見えていたあの潜水艦が、粉砕させられた事実には、愕然としたものだ」

「そうだ」


 エディットは右手で頬杖をついた。


「陥落しない砦もないし、貫けない鎧もない。だからこそ百数十年に渡って、延々と連綿と、軍備増強や兵器研究が進んできた。だが、セイレネスによって、我々は其の不毛な競争を減速することができると考えているのだ、私は」

「セイレネスは、そこまで圧倒的だと。そう言うことか」

「その通りだ」


 エディットは深くゆっくりと頷いた。


「セイレネスというシステムは、それ自体謎が多くてな。我々とても全てを掌握しているわけではない」

「貴国の兵器だろう。そんなことが」

「あるのさ。システムコアのほとんどの部分がブラックボックス化されていて、我々は直接その中を見ることができない。演繹えんえき的に推測し、逆構築していくことしかできんのだ」


 エディットはやや呆れたような口調で言う。ヴァルターも肩を竦める。


「そんなことを敵の将校に漏らして大丈夫なのか、ルフェーブル大佐」

「ふふ、私はね、平時のセイレネスに関する全ての権限を与えられている。無論、私が今こうしている件についても、参謀本部トップの承認を得ている」


 エディットはゆっくりと立ち上がり、テーブルに軽く寄りかかった。


「実験に協力してくれるなら、もっと多くの秘密を知ることになるだろう。不可抗力的にな」

「……考えさせてくれるか」

「無論だ」


 エディットは腕を組んで頷いた。


「だが。今の貴官の立場は、アーシュオン本国では相当にマズいことになっている。知っているだろう?」

「スパイ容疑をかけられていることか」

「そうだ。仮に帰国できたとしても、貴官を待っているのは憲兵と銃口だ。大きな土産でもあれば別かもしれんがね」

 

 エディットは掬い上げるような鋭い視線でヴァルターを見る。ヴァルターは眉根を寄せて、その刃のような視線を受け止める。


「貴官が生に固執しないというのであれば、我々はをつけて、貴官を捕虜交換の材料にするだろう。我々に協力するということであれば、我々はを貴官に持たせることもやぶさかではない」

「協力しないのであれば、スパイ容疑を確定させるような情報を流すということか」

「そうなるな。我々としては、貴官には二度と空に上がって欲しくはないのだ。白皙の猟犬は、実に手強いからな」


 エディットとヴァルターの間で、火花が散る。数十秒の間、二人は微動だにしなかったが、やがて折れたのはヴァルターの方だった。


「整理する時間をくれ」

「良いだろう」


 エディットはドアを開けた。憲兵が二人、生真面目に立って待っていた。


「いずれの結論に至ったとしても、私に連絡を」

「……わかった」


 ヴァルターは溜息を吐きながら、先に部屋から出た。その背中に向かって、エディットは囁く。


「戦争はロクなものじゃない」

「それには完全に同意する」


 ヴァルターは憲兵二人に前後を挟まれながら、そう応じる。


 遠ざかるヴァルターの背中を見ながら、エディットは右手を握り締めた。火傷の痕がピリリと引き攣った。


「終わらせてみないか、私たちの力で」


 この長すぎる戦争を。


 エディットはヴァルターの姿が見えなくなるまで見送って、そして自分も帰路についた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます