#13-ディスカード

#13-1:運命の交錯

残された猟犬たち

 マーナガルム飛行隊は、ついに三名になってしまった。隊長であるヴァルターが撃墜され、虜囚となってしまったからだ。そして残った三名――シルビア、クリスティアン、フォアサイト――は、政府によって軟禁されていた。軍の施設への立ち入りさえも制限されるようなありさまだった。


 三人は、警察が調達した古い小さな一戸建ての中に押し込められていた。周囲には警察官たちがうろついていて、外出は原則認められなかった。また、通信機器も回収されてしまっていて、外部との連絡手段すらない。


「ったく――」


 軟禁から早一週間。昼間からビールを飲みながら、クリスティアンがくだをまく。


「どういう了見で俺たちを監禁してやがんだ」

「スパイの仲間」


 テレビを見ていたフォアサイトが、猫のように伸びをしながらサラリと答えた。クリスティアンは思わず吹き出す。


「スパイだぁ?」

「見てみなよ、テレビ」


 フォアサイトが顎でテレビ――三人の唯一の情報源――を示した。テレビの斜め前にはシルビアが立っていて、食い入るように画面を見つめていた。


「ヴァリーがヤーグベルテのスパイ? 今回のは計画的な被弾? 裏取引だって?」


 クリスティアンがソファにどっかりと腰を下ろして呆れたように言った。シルビアはなおも彫像のように立ち尽くしている。フォアサイトはテーブルの上に置かれていたビールの缶を手に取って飲んだ。


「確かに隊長はヤーグベルテ系。でも、スパイとか、そんなことは」


 シルビアがかすれた声で呻く。第一、情報部の中にもそんな情報は一つもなかったのだ。クリスティアンやフォアサイトの態度からも、二人にとってもまた、まさに寝耳に水な話であることは疑いようもない。つまり、そんな情報はヴァルターが撃墜されてしまうまでは、そもそもということである。


 ビールを飲み干したフォアサイトが、伸びをしながら缶を握りつぶす。


「大方、隊長の価値を下げることで捕虜交換に応じないとか、値切ろうとか、そういう魂胆だと思うけどね」

「でも、隊長は屈指の飛行士アビエイター。そんな使い捨てみたいな――」


 シルビアはフォアサイトを振り返る。その顔には、悲愴感がありありと浮かんでいる。フォアサイトは潰した缶をクリスティアンに投げ渡し、ソファにすっかり身体を沈めて足を組んだ。


「この国じゃ、当たり前みたいなことじゃない。そんなこと。マーナガルム以前の超エースたちだって、みんな摩耗させられていった。死んだらはい次のエースはこいつね、みたいに、どんどん繰り上がっていったじゃん。隊長だってだよ、言ってしまえばさ」

「そうだが……」


 シルビアはフォアサイトに促されて、ソファに座る。膝の上で手を組み合わせては、溜息を吐く。


「私がヘマをしなければ、こんなことには」

「それ言ってどうすんのさ」


 フォアサイトは挑発的に肩を竦める。


「クリスなんて真っ先に被弾して逃げ帰ったし」

「なっ、それ言うか」


 潰れた缶を弄びつつ、クリスティアンが唇を尖らせる。


「あんな弾幕の中を飛べるとか、お前らほんとどうにかしてやがるぜ。正気じゃねぇよ、まったくよ」

「確かにね、あたしでも生きた心地はしなかったけどさ」


 唯一無傷だったフォアサイトですらそう言うほどの、苛烈な戦場だった。


「ま、これで偶然にも、情報部関係者だけが残ったってこと。監視対象は今やヤーグベルテの手の内にあるし。お役御免ってところかなぁ。ねぇ、クリス」

「かもな」


 クリスティアンは短く答え、立ち上がって冷蔵庫に向かった。


「それでも俺たちは、奇しくも最強の飛行隊ではある。始末するなら戦場で使い潰すことを選ぶだろうさ」

「そうだねぇ」


 フォアサイトはテレビを眺めつつ、同意する。


 その呑気な遣り取りを見て、シルビアは髪を掻き毟りたい衝動に駆られる。


 ばっかみたい――。


 シルビアは心の中で吐き捨てる。どこまでが自分の本当の気持ちで、どこからが自分の役割に応じて作られた感情なのか、わからない。自分は本当にヴァルターを愛してしまっていた……はずだ。なのに、今、自責の念はあるにせよ、喪失感がこんなにも小さい。だから、わからない。わからなくなっていた。


 そんなシルビアを目を細めて見やり、フォアサイトは苦笑のような表情を見せた。


「でもさ、シルビア」


 フォアサイトは立ち上がり、ソファに座るシルビアの背後に回った。


「あんたが隊長の事を好きだったっていう気持ちは、本物だったと思うよ、あたしは。この手の感情の真偽なんて、誰にもわかりゃしない。当事者にもね。だから、そう信じちまった方が楽ってこと」

「フォアサイト……」


 シルビアは振り返る。二人の顔は、まるで今にもキスをしてしまうのではないかと思えるほどに近かった。フォアサイトはクスッと笑う。


「あたしは預言者フォアサイト様だよ。何だってわかるし、何だって見える」


 フォアサイトの青い瞳が、シルビアの黒褐色の瞳を真正面から捉えている。シルビアは視線を動かせない。フォアサイトはニッと歯を見せる。


「あんたの気持ちはわかってるつもり。情報部の頸木くびきもなくなったことだし、自分に正直に生きても良いと思うけどね、あたしは」

「私は――」


 シルビアは下唇を噛んだ。


「私は、隊長が、ヴァルターが好きだった。愛していたんだと思う。思いたい」

「だいじょうぶ」


 フォアサイトはシルビアの肩を軽く叩いた。


「また会える。その時にその言葉をしっかり伝えなよ、シルビア」

「フォアサイト……」


 シルビアは奥歯を噛み締めた。音が鳴るほど、強く。


 その拍子に、シルビアの両目から、涙がこぼれ出た。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます