初陣

 不思議な感じ――。


 ヴェーラは味わったことのない感覚に戸惑っていた。いつもシミュレータでやっていたように、ちゃんとセイレネスの起動はできた。だが、その後の感覚、いや、感触がまるで違っていた。ありていに言えば、きた。それまでがずっとノイズ混じりの無線でやり取りをしていたような感じで、今は対面で話をしているような感じ……とでも言うべきか。感覚的ながとても近かった。セイレネスというシステムが、あるべき場所に収まった――そんな具合だ。


 今、ヴェーラは「コアシステム連結部」と呼ばれる半径三メートルほどの半球状の小部屋の中にいる。今は天井灯の類は点けられておらず、光源はシステムの稼働状態を示す小さな緑や橙や赤のライトが幾つかだけだ。他には誰もおらず、外の音も聞こえない。ほとんど無音の空間である。海上にあるというのに、揺れの一つも伝わっては来ない。


 ヴェーラは部屋の中央にぽつんと置かれているリクライニングチェアのようなものにすっぽりと身体を収め、頭にはヘルメット状のものを被っていた。肘掛けに添えられた指が、時々小さく痙攣するかのように動いている。


 意識が――。


 ヴェーラは眠気にも似た感覚を振り払う。ほとんど真っ暗だった視界が、徐々に開けていく。視覚がレーダーや外部カメラとリンクしていく。外部の様子がつぶさに見える。今までの遠隔コントロールとは比較にならないほどに鮮明な映像が、意識の中に流れ込んできて、ヴェーラは軽く酔った。


 そして、だ。まるで心臓の鼓動のような一定のリズムの低音が、ヴェーラの聴覚を通じて脳を揺らした。それはヴェーラの意識を容易にトランス状態に運び得るほどの強烈なインパクトを持っていた。ヴェーラの意識の中から、雑多なノイズが瞬く間に駆逐されていく。


 どうして、わたしはこんなところにいるんだろう?


 どうして、こんな風になっちゃったんだっけ?


 がわからない。思い出せない。


 マリア。


 そうだ。わたしは何も覚えていない。どうやって、誰から、生まれたのかも。いつからこうなっていたのかも。


 そもそもわたしは……。


「何をしていたんだっけ」


 自分の声がぼんやりと反響して、極微小なノイズとなって消えて行く。セイレネスの中に吸収されていく。思考が溶ける。感覚が曖昧になる。言葉と音の境目が消え始める。


 ヴェーラは自分の意識が希薄になっていっていることに気付いた。だが、止められない。意識が奈落に落ちていく。


 わたしは……。


「どこにいたんだっけ」


 その瞬間、頭の中に警告音が鳴り響いた。視界全体が、海と空が、赤く明滅し始める。


 ああ、そうか。


 戦艦だ。


 <メルポメネ>の中枢部に、わたしはいるんだった。


 視界の中に、何十もの青い円が現れた。そして瞬く間に増えていく。視界の彼方から、戦闘機が飛来してきているのだ。


 わたしの任務は、敵艦隊の殲滅。そのために、ここにいる。


 ベッキーと共に、ここにいる。


「行くよ、ベッキー」

『ヴェーラ、だいじょうぶ?』

「うん」


 ヴェーラは頷いた。今、ヴェーラの意識は<メルポメネ>の舳先へさきにある。


「あれが、敵」

『そうね』


 レベッカの冷静な声が、ヴェーラをすぅっと落ち着かせる。


「やるよ」


 その瞬間、<メルポメネ>の主砲六門が一斉に火を噴いた。その砲弾は放たれると同時に全て運動エネルギーに変換された。まるでレーザーのように、それは海域を空から撃った。その結果、水平線の彼方にいた第四艦隊の重巡と駆逐艦が三隻、一瞬で粉砕される。彼らは自分の身に何が起きたのかさえわからなかっただろう。視界の右下に見えている青い円のカウントが四つ減った。


 その間に、アーシュオンの艦載機が大挙して押し寄せてきた。それら一機一機が、青い円で囲まれていて、視界はたちまちのうちに、空の色とは違う青で塗り潰された。


 ヴェーラとレベッカは、戦闘機のシステムに対して、一斉に攻撃を仕掛けた。セイレネスの有する演算能力は圧倒的で、ほとんどの航空機は何もできずに上空を通過していった。数機は爆弾や魚雷を投下したものの、その全てはレベッカの展開した弾幕によって阻止された。艦体に取り付けられた対空火器は、二百門を超える。その中には試作型の速射式レールガンや、同じく試作型のPPC粒子ビーム砲も含まれている。戦艦は、巨大な兵器実験施設でもあった。


 それら試作兵器を含め、放ち得る対空火器が一斉に轟然と空を焼き、旋回して戻ってこようとしている航空機たちをバタバタと叩き落とした。その弾幕の密度たるや、もはや鉄の暴風である。避けられることが奇跡、そう言っても過言ではない。


「ベッキー、マーナガルム飛行隊はいた!?」

『今探してる』


 まさかこんな対空砲火で落ちてはいないだろう。ヴェーラは意識の目を飛ばし、空を見渡す。


 いた……!


 白いのが二機。大型の電子戦闘機が一機。F221カルデアが一機。全機に白い狼のマークがついている。間違いない、マーナガルム飛行隊だ。彼らは先ほどの第一波空襲の際に、全機が対艦ミサイルを放ってきていた。どういうわけか、システムへのアタックが無効化された数少ない飛行隊である。あの電子戦闘機の論理防御力がなのかもしれないと、ヴェーラは分析する。


 マーナガルムの四機は、セイレネスを駆使した先読み攻撃にも的確に対応してくる。まったく当たらない。かすりもしない。


「カティが強いぞって言うわけだ!」


 ヴェーラは変に納得しながら、それでも隊長機を追い回す。


『ヴェーラ、それは後回しでいいから、艦隊を!』

「あ! そ、そうだね」


 主目的を忘れていた。今はあの大艦隊を殲滅することが第一だった。第四艦隊を殲滅できなければ、誰の面子めんつも立たない。


 <メルポメネ>が海原を駆ける。<エラトー>もそのすぐ後を追う。二隻の戦艦は、その馬鹿げた巨体とは裏腹に、まるで駆逐艦のような速度が出せる。海を引き裂きながら力任せに突き進むその威容には、アーシュオン軍は勿論のこと、味方さえも驚愕させられた。


 前部全主砲、口径最小!


 ヴェーラが<メルポメネ>に指示を出す。口径を絞られた主砲が、砲身長を倍近くに伸ばす。


 主砲、副砲、斉射せいしゃ――!


 有効射程の遥か外側から放たれたそれらの弾丸は、砲口から弾き出された一瞬の後に雲散霧消した。


 そしてその数十秒後、アーシュオンの艦隊の上空から幾条もの光が降り注いだ。


「すごい、なにこれ……!」


 放った当人たるヴェーラからしてこの反応だ。それの直撃を受けたアーシュオン第四艦隊の混乱ぶりは、推して知るべしである。


 上空の見えない敵から、レールガンを撃ち込まれている――。


 アーシュオン第四艦隊の複数の艦が、そんな報告を上げていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます