#12-女神たちの降臨

#12-1:後始末

撤退

 七月二十八日、十八時になろうかという頃――。


 アーシュオン第四艦隊司令、ドーソン中将は、撤退する旨を全艦隊に通達する。その決断の速さが結果的に艦隊の被害を最小限に抑えたと、アーシュオンでは評価された。ドーソンは残り一隻のナイアーラトテップを使って一矢報いたいと中参司二課に直談判を行ったのだが、ミツザキ大佐によってあっさりと却下された。無敵でなくなってしまった高価な兵器を使い捨てるわけにはいかなかったからだ。


「そんなことより、被害はどうなっている……!」


 マーナガルム飛行隊に与えられた一室で、ヴァルターは明らかに苛立っていた。言うまでもなく、「トゥブルクに核が落ちた」という情報のその後が気がかりだったのだ。当局から情報規制がかかってしまっていて、ネットで探せる情報も非常に限られていた。


 眉間に皺を寄せて室内をうろついているヴァルターに対し、さすがのクリスティアンやフォアサイトも掛ける言葉が見つけられない。シルビアにしても然りだ。ただ、四人は誰も、この部屋から出て行こうとはしなかった。


 その時、ドアが小さな擦過音と共に開いた。


「マーナガルムの部屋はここですか」


 銀髪に赤茶の瞳の将校――少佐――がそう言いながら入って来た。色合い的にはミツザキによく似ていたが、その纏っている気配は全く正反対だった。ミツザキが鋭利な刃物のようなオーラを放っているとするならば、ナラサキはシルクのような艶と柔らかさに包まれていた。その表情も、軍人というよりは、科学者か何かを思わせる、どこか超然としたものだった。


 四人の隊員の怪訝な視線が、その少佐に向けられる。


「失礼。私はユイ・ナラサキ。第四艦隊司令官ドーソン中将の副官として、中参司二課、ミツザキ大佐より派遣されました」

「ええと、その、何の用です?」


 クリスティアンが不信感もあらわに問い掛ける。ナラサキは長い前髪の奥から、四人のマーナガルムを見回す。


「ミツザキ大佐より開示された情報を持ってきました。アーシュオン本土の被害状況です」

「……!」


 ヴァルターが思わずナラサキに向けて一歩踏み出した。ナラサキは手にした携帯端末を操作しながら、ヴァルターをちらりと見る。


「ご説明しますから、今は落ち着いてください、フォイエルバッハ少佐」


 静かに諭されて、ヴァルターもわずかながらも冷静さを取り戻す。ヴァルターはシルビアの隣に腰を下ろした。


「本土全体の被害状況は私も把握できていませんが、トゥブルクについてはおよそ情報が出揃いました」

「それで……」


 ヴァルターが身を乗り出し、シルビアがその左肩を右手で軽く抑えた。


「結論から申し上げます」


 部屋のスクリーンに映像が映し出された。もはやどこの何の映像なのかも釈然としないほどに、瓦礫の他には何もない景色だ。


「トゥブルクは潰滅しました。三発もの核弾頭が直撃したため、住民の生存率は三パーセントを切ると見られています」

「三、パーセント……!?」


 ヴァルターのかすれた声が、室内にぼんやりと反響する。ナラサキはゆっくりと頷いた。


「最大でも。何故か放射線はほぼ確認されていないのですが、それでもトゥブルクを襲ったのは間違いなくメガトン級の威力の弾頭。それが三発、居住地域を囲むように炸裂したため、住民のほとんどが即死したと見られています」


 淡々と説明するナラサキの顔には、何の表情も窺えない。そこには悪意も善意もなく、それがヴァルターにはありがたかった。ヴァルターの感情は、今やすっかり凍り付いていたからだ。


「アーシュオン本土の民間人の死者数は三百万を軽く超えてくるでしょう」


 ナラサキはそう言って、携帯端末をポケットにしまい、スクリーンの映像を消した。そして目を細めてヴァルターを見る。


「ヤーグベルテは、これはであると公式に発表しました。以後、の原則を凍結し、アーシュオンを武力で以て制裁する。彼らの大統領によって、そのように発表されました」

「武力制裁……」


 クリスティアンとヴァルターが同時に呟く。フォアサイトはつまらなさそうに頭の後ろで手を組んで天井を見上げ、シルビアは探るような目でナラサキを見つめていた。


「それでは、私は敗戦処理があるので。トゥブルクに関する情報が回って来た際にはまた連絡します」


 ナラサキは機械的にそう言って、何の質問も許さずに部屋を出て行った。残された四人は彫像になったかのように固まって、しばらくの間、誰も何も喋らなかった。


 やがてヴァルターが音もなく立ち上がり、ただでさえ白い顔をさらに青白くさせ、ふらふらと部屋を出て行った。シルビアはその後を追おうと立ち上がる。


「シルビア」


 クリスティアンがゆっくりと立ち上がって、腕を組んだ。


「男にゃさ、どうしても一人にならなきゃならねぇ時間ってもんがある。わかってやってくれよ」


 そういうクリスティアンには、いつもの飄々とした雰囲気は微塵もない。トゥブルクの件は、クリスティアンにとってもつらい事実だった。アーシュオンの本土がこれほど手ひどくやられることなど、この数十年間誰一人考えもしなかったことだ。まして、民間人の知り合いや家族が殺されることになるなど――。


「……わかりました」


 シルビアは深く息を吐いて、また椅子に戻った。そして手を組み、がっくりと頭を垂れる。そんなシルビアを斜め後ろから見ていたフォアサイトが、無感情な声で尋ねた。


「シルビアはどう思ってるの。意中の人がフリーになったこと」

「……どういう意図の質問ですか、オーウェル中尉」


 シルビアは顔も上げずに、しかし、鋭い声でフォアサイトの本名を呼んだ。その一触即発の空気を感じ取り、クリスティアンが腕組みを解く。


「フォアサイト、言っていいことと悪いことがあるだろう」

「建前なんてどうでもいいじゃん」


 フォアサイトはギロリとクリスティアンを睨み、そう言い放つ。クリスティアンはフォアサイトの胸倉に手を伸ばし、怒鳴った。


「あのな!」

「やめて」


 シルビアは二人に向き直る。その声も表情も、まるで金属のように冷たく硬い。


「私は隊長に好意を持っている。愛してしまったのかもしれない」


 立ち上がり、腕を組み、フォアサイトを見下ろした。


「でも、だからこそ。今は本当につらい。どうにかなってしまいそうなくらいに、私は今、憤っている」

「何に対して? ヤーグベルテ?」


 フォアサイトは唇を歪めて訊いてくる。シルビアは即座に「違う」と首を振った。


「ヤーグベルテの言う通り、これは報復措置だ。彼らは、やられたからやり返したに過ぎない。私たちが調子に乗りすぎた。これは、殴っても殴り返されることはないとたかくくった、その結果に過ぎないと思う」

「国家反逆罪」


 フォアサイトは指で鉄砲の形を作ってシルビアを撃った。だがシルビアは意にも介さない。


「だが、そんなこともどうでもいい。私には。ただ、痛くて、哀しい。今は本当にそれだけ。今は、隊長には何も求めない。求められない。私は卑怯者にはなりたくないから」

「へぇ、あんたも人間っぽいじゃない、大理石マーブル


 フォアサイトは鼻を鳴らす。シルビアは無表情にフォアサイトを見て、そしてくるりと背を向けて部屋を出て行こうとした。


「いっそ、機械になれたならって、いつも思う」


 扉が開くと同時にそう呟き、そしてドアの向こうに靴音高く消えて行った。












  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます