助手席にて

 もう何度目だろう。


 ヴァルターは運転席に座る凛とした横顔を盗み見て、ふと思う。その氷のように冷たい表情からは、彼女が何を考えているのかを読み取るのはひどく難しい。彼女――シルビアは、その大理石マーブルのように冷たく硬質な声で言った。


「初めてに乗っていただいたのは三年半前。今日でちょうど五十回目です」

「え?」

「報告書に書いてますから、間違いありません」


 相変わらず文脈の吹っ飛んだ女性だと、ヴァルターは苦笑する。


「五十回か。そりゃ、君の運転にも慣れるわけだ」

「恐縮です」


 シルビアはアクセルを踏み込み、時速百キロの壁を悠々と超えさせる。これでもいつもに比べればとても遅い。ヴァルターに対して何か話をしたいことがある――経験からヴァルターはそれに気付いていた。


「隊長が考えているのは、ヤーグベルテの切り札の事でしょうか。それとも、我々の?」


 そら来た。ヴァルターはこの文脈のない会話にも、もはや慣れ切っていた。


「正直言って、どちらにもあまり関心はないな。俺たちがクラゲを動かせるわけではないし、クラゲは敵味方だけはきっちり判別することはわかってる。それで十分だし」

「ヤーグベルテの方は?」

「それこそわからない。考えても仕方がないんじゃないかな」

「そうですか」


 時速八十キロ。ヴァルターの動体視力の前では、防音壁に書かれたままになっている施工時のメモ書きすら読み取れる速度だ。


「でもまぁ、そうだな。あれだけ戦力的にガタガタになっているはずのヤーグベルテが、この時期に大挙して押し寄せてくるってのはちょっと不気味だな。をかなぐり捨てるほどだから、よほど勝算があるのだろう」

「私たちは、彼らに何をされても文句を言う資格はありません」


 シルビアが硬い声で言った。サングラスの影に隠れた目はただ真正面を睨んでいる。


「私たちは、それだけの事をしてきたのですから」


 そう言って唇を噛む。ヴァルターはしばらく答えを保留し、しかし肯定する以外の答えが見つからず、


「そうだな」


 と短く答えた。


 核。ならびにそれに類する反応兵器、ISMTインスマウス。民間人、民間施設への無差別爆撃。そういった手段で、ヤーグベルテの非戦闘員を何百万と殺してきたのだ。それは紛れもない事実だった。


 だが、だからと言って諾々とやり返されて良いとは思わない。思えない。やり返されて、黙っていようとも思わない。


 そんなヴァルターをほんの一瞬横目で見て、シルビアは尋ねる。


「敵が来るなら叩き落とすだけだ、ですか?」

「……そうだな」


 挑発的とも言えるシルビアの物言いに対し、ヴァルターは冷静を装った。しかし、シルビアにはヴァルターのささくれた心中など見通しのようだった。


「そうでも思っていなければ、やっていられませんものね」


 先般の戦いで一気に八人ものメンバーを失った。気心の知れたエースたちだった。仲間を失ったのは初めてではなかったが、それでも八人というのは大きな損失だった。そして次の戦いはさらに苛烈なものになる可能性があった。あの赤毛の――カティ・メラルティンと言ったか――エウロス飛行隊長の実力だって気になる。そして確実に、ヴァルターはそのと当たることを要求されるだろう。


「君は、いったい何のために戦っているんだ?」


 ヴァルターは車載音楽プレイヤーを操作しながら尋ねる。選んだプレイリストは「LOVE SONGS2」だ。いつの間にか増えていたらしい。


「お好きですね、ラヴソング」

「しかも古めの奴がね」


 最近の曲は……などというとおじさん臭いと言われてしまうかも知れない。が、どうしても数十年前の曲の方が、耳当たりよく感じてしまうのだ。そんなヴァルターをまた横目で見やり、シルビアは溜息を吐く。


「私には目的なんて、ありません。任務だから戦います」

「任務……」

「そうです、任務だから。隊長は?」

「俺は、エルザを守るために戦っている」


 そう来るの。


 シルビアはアクセルを強く踏み込んだ。前をちんたらと走っていた陸軍の装甲車両を急加速で一気に掠めるようにして抜き去った。少しだけスカっとする。


「隊長が戦うことで、奥様を守れる?」

「何もしないよりはマシだ」

「そう、ですね」


 シルビアはまた速度を緩める。時速百キロちょうどで速度の低下が止まった。


「私たちの任務が空にのみあったのなら、どれほど良いか。考えることがあります」

「シルビア……?」

「くだらなさすぎて。情報部だのなんだの。民主国家が聞いてあきれる」


 そう思っていながらも、結局は情報部の言いなりになっている――シルビアはほぞを噛む。生きている限り、この呪縛から解放されることはないのだ。生きている限り、私はこの男を監視し、命令とあらば暗殺することにすらなるだろう。アーシュオン中枢部は、超エースの飛行士アビエイターといえど、利用価値がなくなればあっさりと切り捨てる。まして今は、超兵器オーパーツたちがいる。人間の価値は、相対的に低くなってきていると言わざるを得ない。


「シルビア」

「はい」

「空さえれていれば良いんだ。俺たちの任務は明快で、それだけだし、それしかできることはない。そして空さえ守り切れば、負けることはない。それならエルザにだって危険は及ばないだろう。だから、俺は戦う。戦わなくちゃならない」

「呆れるほど隊長らしいですね」


 シルビアは褒めたのかけなしたのか――ヴァルターには分からなかった。


 エルザ……か。


 シルビアは心の中でそっと溜息を吐いたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます