昏い提案

 ウサギが共同生活に加わってから一ヶ月後――十月末。


「安楽死――!?」


 診察室に、ヴェーラの悲鳴のような怒声が響き渡った。ヴェーラはウサギ――クレフという名前だ――を入れたキャリーバッグを膝の上に抱え、椅子に腰かけていた。ヴェーラの視線の先には、診察台に寄りかかるようにして立っている白衣の男がいる。


 クレフには先天的な障害があった。そのこと自体には、飼い始めた当初から薄々気付いていた。何だか動きが覚束ないのだ。後ろ足の力が明らかに弱く、移動するときにも引きずるような仕草を見せることが多かった。


 獣医は断層写真を見ながら、クレフの症状についての説明をしている。


「大腿骨の形成異常です。この子の後ろ脚は、他のウサギに比べて、ものすごく脆い。遠からず骨折し、衰弱死するでしょう」

「でも今は元気じゃない!?」

「今は、です。ですが、今も苦痛に苛まれているかもしれませんよ。ウサギは特に、痛みを表に出さない動物ですから」

「そんな……」


 ヴェーラはクレフの額を人差し指で撫でた。クレフはごろんと横になって、半分目を閉じている。レベッカはその横に立ち、クレフの無防備な腹部をそっと撫でた。


「安楽死には苦痛はありません。眠るように息を引き取ります。痛みで衰弱死していくのを最後まで見ていられる勇気があるなら別ですが、そうでない場合、半端な覚悟で生かしておくのは、人間の傲慢じゃないかと思うんですがねぇ」


 獣医はカルテに何事かを書き込みしながら、まるで事務的にそんなことを言った。


「でも、障害があるからって殺しちゃう方が、傲慢じゃない!」

「選択は、命を預かっているあなた方がすることです。私はどちらの決断でも支持しますよ」


 その試すような口調に、ヴェーラとレベッカは唇を噛むばかりだった。たまりかねたエディットが、二人の頭に手を置いて獣医に尋ねた。


「手術や何か、ナノマシンとか、そういったもので何とかならないの? 治療費ならいくらでも出せるのだけれど」

「そういうレベルの障害ではないのですよ、残念ながら。元来、ウサギは極めてデリケートな動物です。麻酔だけでもショック死してしまう子がとても多い。特にウサギは草食動物。草食動物である以上、障害のある子はどうやっても長くは生きられない。これは自然の摂理なんです。ウサギが多産の象徴になるほどに子どもを産むのには、それ相応の理由があるのです」


 獣医は冷淡とも取れる口調でそう言った。


「今、ここで安楽死させるのも勇気です。最期まで看取るというのなら、それもまた勇気です。いずれにせよ、生き物を飼うという行為には、その最期の瞬間まで自分自身と向き合い続ける勇気が必要なんですよ。それが命に対する責任です。それとも――」

「状況は理解しました」


 エディットが獣医の言葉に割って入った。獣医は冷たい瞳でエディットを見つめ、そして白衣のポケットに両手を突っ込んだ。


「ここから先は、私たちに考えさせてください」

「もちろん。早急な治療も意味を持たないでしょうし。しかし、長期化させて事態が好転するかというと、私の立場としては、イエスとは言えませんよ」

「……わかりました」


 エディットは気持ちよさそうに寝息を立てているクレフを見ながら、沈鬱に頷いた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます