休日の午後

 それから数日後、九月三十日に、ヴェーラとレベッカは二週間ぶりの休日を手に入れた。軍としてはこの一日すら惜しいと調整作業を行わせようとしたのだが、ブルクハルト少佐が断固として首を縦に振らなかった。セイレネスの調整作業は佳境に入ってきており、他の担当者ではその職人芸のような調整を行うことはできなかった。必然的に、ブルクハルトが「イヤ」と言えば作業にならないのだ。巨大な組織、巨大な予算が注ぎ込まれるプロジェクトでも、実態としてこうなることは間々ある。ましてセイレネスは最高軍事機密に所属する技術が詰め込まれている。迂闊に技術情報を水平展開できるものでもなかった。


 久しぶりの休暇ということで気が緩んだのか、レベッカが目を覚ました時には時計は正午過ぎを示していた。


「えっ!? えっ? ……えええええっ!?」


 二度見、三度見。何度見ても時計が示しているのは十二時五分である。


「どどど、どうしよう、遅刻……! もう、どうしてヴェーラ、起こしてくれないの」


 ぶつくさ言いながらベッドから出て、クローゼットを開けたところで、今日が休暇日だったことを思い出す。


「なんだ、もう。今日おやすみじゃない」


 ほっと胸を撫で下ろし、レベッカはベッドの端にちょこんと腰を下ろした。その時、盛大にお腹が鳴る。


「お、おなかすいた……」


 誰が聞いているわけでもないのに赤面する。しかしお腹が空いているのは事実だったので、着替えて階下に降りることにした。統合首都では木枯らしが吹き始める季節に突入しているので、衣替えはとうに完了済みである。


 レベッカがチョイスしたのは、紺色の細いボーダーの入った白いカットソー、少し色落ちのしている水色のバギージーンズ、中綿入りの藍色のジャケットの三点セットだ。ついでに言えばソックスは白である。最後に深緑色のアンダーリムのメガネをかけた。


 姿見でコーディネートを確認すると、髪の毛に軽くブラシを通した。化粧はしない。というより、仕方がわからない。撮影時にはスタイリストもつくのだが、彼らはこぞって「化粧は要らない」と言い張るのだ。レベッカだって年頃の女の子であり、化粧のようなものに興味がないではない。だが、化粧品を買うのもなんだか気恥ずかしくて、結局ファンデーションの一つすら持っていない。エディットに言ったら選んでくれるだろうか? と考えて、そういえばエディットも化粧なんてほとんどしていないことに思い至る。


「ま、いいか」


 レベッカがリビングに顔を覗かせると、エディットが昼間から一人でブランデーを飲んでいた。エディットは悪びれた様子もなく、そのグラスを掲げて見せてくる。


「おはよう、ございます」

「もう昼よ」


 エディットは柔らかい口調で言った。


「毎日お疲れ様。良く寝てたから起こさなかったの。眠くない?」

「あ、はい、大丈夫です。遅刻したかと思って飛び起きちゃったから……」

「あはは、真面目ね」


 エディットは「よいしょ」と掛け声と共に立ち上がると、全身を使って伸びをした。ちなみに言えば、エディットはグレーのスウェット姿、完全に休日モードの出で立ちである。


 その時、レベッカのお腹が「ぐぅぅぅ」と恨みがましい声を上げた。


「ん? そりゃそうよね、お腹空いてるわよね」


 エディットはテーブルの上の携帯端末を手に取った。


「ピザでも取ろうか? それとも何か作る? 食べに行きたい?」

「ぴーざー……」

「うっわ、びっくりした!」


 レベッカの後ろに、音もなくヴェーラが現れていた。レベッカは文字通り飛び上がった。ヴェーラはパジャマ姿のまま、眠たそうに目をこすっている。白金の髪の美しさも台無しなくらいにボサボサだった。思わず半眼になってヴェーラのその身だしなみに説教し始めるレベッカだったが、ヴェーラは「あーきこえなーい」と言いながら、ソファにぽすんと腰を落ち着けた。


「エディット、ピザがいいなー。久しく食べてないよ、ピザ」

「二週間前に食べたわよね? 一人で四枚食べたわよね?」


 レベッカがヴェーラの向かい側に腰を下ろして冷静にツッコミを入れる。


「毎日でも食べたいのに、二週間とかどこの地獄ですかー」

「私は一ヶ月に一回でも十分な――」

「それに四枚がーとか言うけどさー。一枚前菜、二枚メインディッシュ、一枚デザート。ちょうどいいじゃん」

「あのね――」


 レベッカが何か言い募ろうとするのを「あー、はいはい」と聞き流し、ヴェーラはエディットから携帯端末を受け取った。そして勝手知ったる何とやらで、八枚のピザ(Lサイズ)を注文した。


 かくして午後一時になる頃には、エディット邸にピザの山が届いた。ヴェーラは前菜からデザートまでの四枚を余裕で平らげて、パジャマ姿のままでご満悦である。ちなみにレベッカも一人で三枚食べているのだから、あまりヴェーラの事を言えない。エディットはビールを飲みながら、ほんの二切ればかりを食べた。


「こんなもので満足してもらえるなんて、安上がりな軍事機密よねぇ」


 エディットはニコニコしながらそう言った。飲んでいるビールは四本目だ。


「毎日ピザ補給してくれるなら二十三時間働ける気がするよ」

「それは無茶でしょ、ヴェーラ」


 冷静なツッコミを入れるレベッカである。


「あなたたちの過酷な労働環境、何とかしてあげたいんだけど」

「いいんです。私たちがブルクハルト教官にお願いしてるんです」

「そうなの?」


 レベッカの言葉に目を丸くするエディット。レベッカは肯いた。


戦艦バトルシップが完成するまであと一年だそうですね」

「そう聞いてるな」

「わたしたち決めたんだよ。その日までにセイレネスの調整作業全部終わらせるって。そしたらすぐに実戦戦力になれる」


 ヴェーラが冷蔵庫からサイダーを取り出しながら言った。


「そうなんだ」


 エディットは幾分寂しげにそう言った。ヴェーラはレベッカの隣に腰を下ろす。エディットは空になったビールの缶をテーブルに並べて、溜息交じりに足を組んだ。


「不甲斐ないなぁ、私。ごめんね、二人とも」

「どうしたの、エディット。なんか調子狂うなぁ」


 ヴェーラはレベッカと顔を見合わせる。酔っぱらってるのかなとも思ったが、それだけではなさそうだった。


「逃がし屋のお仕事も最近じゃほとんどないしね。ずっと激忙の中でやってきていたから、こうしてぽっかり暇になっちゃうといろいろ考えちゃうのよ」

「大丈夫だよ、エディットはちゃんとしてる」

「ちゃんと、か――」


 ヴェーラの言葉に、自嘲気味に笑うエディット。


「なんかなぁ、やっぱり私、トシかな。カティもあなたたちも、みんな私を置いていっちゃうなぁって感じるのよ」


 エディットは右手でその豪奢な金髪をぐしゃぐしゃと掻き回した。ヴェーラはサイダーを自分のコップに注ぐ。


「カティにお祝い言えてないなぁ。あ、電話はしたよ」

「直接顔見たのって、いつだっけ?」

「あの出撃の前だから、二ヶ月くらい前だよ」


 ヴェーラがサイダーを喉に流し込み、そう言った。レベッカは「そんなになるのか」と呟き、自分のグラスにサイダーの残りを注ぎ切った。


「そうだ」


 エディットがぽんと手を打った。


「頑張る二人にご褒美を買ってあげる」

「え、なになに?」

「ごほうび?」


 ヴェーラとレベッカが、即座に食いついてくる。


「動物とか、どうかしら。アレックスの従妹がペットショップやってるって」

「えっ、動物!?」


 ヴェーラがレベッカと顔を見合わせる。


「せ、世話できるかな?」

「とりあえず見に行かない?」


 エディットは掛け声と共に立ち上がった。







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます