#08-2:変わりゆく時代

エウロス vs マーナガルム

 シベリウスは計四十八機もの大軍勢で以て、アーシュオン第四艦隊の航空戦力を一挙殲滅するという作戦を立てていた。それは参謀部第三課の目論見とも合致し、一見してスムーズに作戦は進んでいた。


「ナルキッソス、ジギタリス、パースリー、ローズマリー、各隊良いか! マーナガルムには三機一組でかかれ。今戦場にいるのは六機だ」


 各部隊の隊長が「了解」を返してくる。戦闘空域が遥か遠くの眼下に見えてくる。


「今出ている連中はおそらく囮部隊だ。本隊、あのは俺たちが出て行ったところで参戦してくるだろう」

『隊長、マーナガルムには自分たちジギタリスと、ナルキッソスの二隊で当たります』

「そうしてくれ、マクラレン」


 シベリウスは暗黒色の機体、F108P-BX2パエトーンストラトスを駆り、先陣を切る。シベリウスが多弾頭ミサイルを放ったのを合図に、後続の四十七機も一斉に多弾頭ミサイルの群れを戦闘予定空域に向けて放出した。


 千に近い数の小型弾頭が、暴風となってアーシュオンの戦闘機や艦隊を襲う。ただの一撃で数十機もの戦力を失ったアーシュオンは、明らかに動揺した。また、第四艦隊分艦隊に合流しつつあった本隊にも被害は及び、海上はたちまち混乱状態に陥った。


 昼下がりの空は、たちまちのうちに物騒な熱量に支配された。


「エリオット、マクラレン、今飛んでるマーナガルムの連中を

『了解、善処しまっす』


 ナルキッソス隊隊長エリオット中佐が軽く答えてくる。その一方で慎重だったのは、ジギタリス隊隊長のマクラレン中佐である。


『……シュミット機ですかね、あの電子戦機は』

「そうだな、間違いない。FA-201Eフェブリススターリングだ。他の機体はFA221カルデアだな」


 確か、マーナガルムの隊長機はPFA001レージング、白いヤツだったはずだ。ならばやはり。


「メラルティン、聞こえているか」

『感度良好です』


 シベリウスのすぐ隣を飛んでいるF108パエトーンから、応答がある。


「俺たちの出番はこの後だ。今は戦況を読め。それまでは不測の事態に備えるぞ」

『了解』


 短く答えてくるカティに、シベリウスは苦笑する。これから最強の部隊とやりあうってのに、落ち着き過ぎだろ――と。


 現在、カティはシベリウスの唯一の直卒となっている。カティは、シベリウスの動きがあまりにも人間離れしているために、最初の頃は戦場に置き去りにされたりもしていた。だが、度重なる実戦を経た今となっては、立派な僚機として動けるようになっていた。時としてシベリウスですら舌を巻くほどの戦闘センスを見せることすらあった。


「メラルティン、クラゲの姿はないか」

『ありません。インターセプタの姿もないです』


 カティはその目の良さを生かして空域の監視を任される。シベリウスは、マーナガルムの本隊が出てくるまでの間は督戦である。


 エウロスはやはり天才揃いであり、開幕の強襲で二機のマーナガルム飛行隊所属機を叩き落としていた。対して味方機の被害は一。味方機は無事に脱出を果たしていたので、結果としては上々である。機体などどうにでもなる。


 ひらりひらり逃げ回るシュミット機を追いかけ回すのはナルキッソス隊のエリオット中佐である。事実上の一騎打ちと言っても良い状況である。およそ電子戦機らしからぬ戦闘機動をとるシュミット機を、スーパーエリートの矜持を賭けて追いかけ回すエリオット機……という構図ではあったが、いったいどういうトリックなのか、エリオット機が翻弄されているようにも見えた。エウロス・ナンバー2の彼が、である。


『大佐、エリオット中佐の支援はしなくてもよろしいのでしょうか』

「気にするな、メラルティン。あいつはいつでも上手くやる。最悪、あいつがシュミットの野郎を抑えていてくれれば、それだけでも大分楽だ」

『了解……敵新手を発見。六機。大佐、四時半の方向です』


 カティの示す方向を見てみるが、シベリウスの視力では未だに何も発見できない。だが、カティが言うからには何かがいるのだろう。


『大佐、が二機います』

「おっとぉ、ってことは、そいつらがマーナガルムの本命だ。よくやった、メラルティン」


 シベリウスは唇を濡らしつつ、進路を艦隊戦が行われている空域へと変えた。カティが動揺したのが伝わってくるが、それでも黙ってついてくる。その技術はやはり一級品であると思えた。


「いったん対空砲火の中に。マーナガルムの本隊を攪乱する」

『了解』


 シベリウスは機体を身軽にするために、搭載してきていた対艦ミサイルを二発、無造作に撃ち放った。カティもそれに倣い、そして一気に高度を海面すれすれにまで下げる。高度四メートルという凶器じみた高さを飛びつつ、対空砲の剣山を回避する。敵の制空戦闘機が何度かちょっかいをかけてはきたが、シベリウスはまるで訓練飛行を行っているかのような気楽さで、それらを無視して飛び続けた。その間、機関砲で駆逐艦や軽巡洋艦といった小型の艦艇に小さくないダメージを与えていたりもする。


『こちらジギタリス隊。マーナガルム、計三機撃墜しました』

『ナルキッソス隊は二機。でも俺が単機、シュミット機に苦戦中。こいつ、このまま俺が引き受けますか、大佐?』

「そうしてくれ、エリオット。他全機、マーナガルムの本隊を連れてきてやったから、隊長機以外を何とかしろ」


 シベリウスは後ろを振り返る。ようやく彼にも視認できるレベルで、六機の機影が確認できるようになっていた。ステルス装甲と高度なECM電波妨害技術が展開されている以上、レーダーなど最初から役には立たない。だからこそ、カティの異常な視力は非常に重宝する。


 シベリウスは敵の駆逐艦の艦橋を機関砲で狙い撃ちにすると、追いすがる対空砲をしれっと無視して空を駆けあがった。カティもそれに負けじとついていく。


「カティ、マーナガルムは食いついたか?」

『高度を上げてきました。間違いなく、こちらを視認しました』

「よっしゃ」


 この時点で、エウロスの被害は四機である。


『多弾頭ミサイル、来ます!』

「当たるなよ、メラルティン」


 たった二機の戦闘機に向かって、おびただしい量の弾頭が襲い掛かってくる。だが、二人は全く危なげなくそれらを回避し、きっちりと同期を取って反転宙返りを行った。そして機種がマーナガルム隊の方を向いたのと同時に、多弾頭ミサイルのお返しを撃ち込んだ。


 無論、そんなものに当たってくれるマーナガルムではない。どころか、巴戦に持ち込んだローズマリー隊のうち六機を瞬く間に撃墜して突き進んでくる。


 手ごわいな、さすがに――!


 シベリウスは再び唇を湿らせる。白い機体は、マーナガルムの隊長・フォイエルバッハのものだ。もう一機はおそらく、普段は三番機を務めている大理石マーブルと呼ばれている超エース。ふらふらと飛んでいるのが、預言者フォアサイトのものに相違ない。他のは……忘れた。忘れたがトップエースであることは間違いがない。


「エリオット、そろそろ遊びを終わらせるぞ」

『いやぁ、決定打が出ませんで』


 そんな軽口を叩きながらも、エリオットはシュミット機を巧みに追い立てていた。シベリウスの前に、である。


「よくやった」


 シベリウスが機関砲を一連射した。それは何もない空間を穿ったように見えたが、まるでそこに引き寄せられるかのようにして、シュミット機が現れた。左の翼に複数の穴をあけられ、左の水平尾翼は根元からもぎ取られた。


『まだ飛んでます、追いますか?』


 カティも機関砲で狙い撃ったが、シュミット機はひらりひらりと不安定ながらも回避行動を取り、それ以上の命中を許してくれない。


「いや、撃墜できないのは心残りだが。あいつはもうここには留まれん。放っておけ」

『了解』


 その瞬間、マーナガルムの白い機体から多弾頭ミサイルが放たれてくる。シベリウスとカティは強引に機体を起こし、再び上昇からの反転を行ってミサイルを自分たちに引き寄せる。そしてそのまま、マーナガルムの本隊と交錯するような機動を取った。


 すれ違いざまに双方が機関砲を放つ。至近弾がシベリウスの機体を揺らすがダメージはない。だが、マーナガルムの一機は、シベリウスが真っ二つに引き裂いて撃墜した。ついでさらに二機が、シベリウス達を追尾してきていた弾頭の直撃を食らって爆散する。


『残り三機』

「だな」


 カティの冷静な報告に、シベリウスは知らずニヤリとしてしまう。この胆力の強さは、それだけで武器になるとシベリウスは思った。


 シベリウスはそのまま機体を捻ると、マーナガルム飛行隊三機の斜め下後方から襲い掛かった。狙うのは戦闘の白い機体、白皙の猟犬である。


 ロックオン――!


 ミサイルを放とうとした瞬間、ロックオンが解除された。ミサイル発射モジュールに対して侵入ハッキングがあった旨の警告が、HUDに出力される。


「ちっ、二番機か!」


 すぐさま左手で仮想キーボードを叩いて、侵入阻止ブロックコードを走らせて、ミサイル発射モジュールを再起動させる。念のため、ファイアウォールも再展開させておく。


 その間に、預言者フォアサイトの機体が高度を下げて、シベリウス機の真下に回ろうとする。


「メラルティン、預言者フォアサイト格闘ドッグファイトしろ!」

『開始、しました』


 もうすでに後ろでは、カティたちの戦闘が始まっている。


「ローズマリー隊、飛んでる奴はいるか」

『残存三です!』

「十分だ。メラルティンの援護に回れ!」

『了解』


 俺は速攻で奴を――!


 前方には二機の白い奴がいる。どっちが猟犬だ……!?


 二機が左右に分かれた。そのまま大回りして後ろにつこうという算段か。シベリウスは青い空を駆けあがり、薄い雲の中へと突っ込んでいく。二機は予想通り真後ろに回ったが、距離がある。シベリウスは機体を思い切り右へと捻った。海面が右に、雲が左に見える。そのまま慣性に任せて回り、その時、レーダーに異常があることに気が付いた。


「空域全体にECM電子妨害!?」


 何を考えているんだ。そもそもが有視界戦闘である以上、ECMそれ自体にさして意味があるわけではない。シベリウスはマーナガルムの戦術の意味を計りかねた。


「しかし」


 正面に白い奴が入る。ヘッドオンだ。相対速度は秒速九百メートルを超える。引き寄せる。引き寄せる。もっとだ。


 シベリウスは操縦桿のトリガーボタンに指を掛けてタイミングを計る。


 ロックオン――!


 ガトリング機構が回転を始める。発射までコンマ五秒を要する。


「!?」


 トリガーが引けない。ロックされている。


「まさか!」


 その間に、白い機体が撃ってくる。F108P-BX2パエトーンストラトスの翼を数十発の機関砲弾が掠め飛んでいく。若干のダメージは負ったが、戦闘に支障は――。


「くっ、マジか」


 あのECMは侵入行動ハッキングをカムフラージュすると同時に、システム破壊クラッキングに気付くのを遅らせるためのデコイだったってことか。


 シベリウスは舌打ちしつつ、システムの汚染状況を確認した。無論、その間にも後ろから追いすがってくる白い機体からの攻撃を回避し続けている。


「くそっ、真っ赤じゃねぇか」


 乗っ取られこそしていないが、かなりの広範囲にわたってシステムが破壊されている。母艦に戻らない事には復旧は不可能だったが、この状況では脱出さえままならなくなる。


「エウロス全機。緊急だ。俺の機体のシステムが破壊された。脱出する。援護しろ」

『げっ、隊長が!?』


 エリオット中佐が驚愕の声を上げている。それは誰もが同じ気持ちだったに違いない。カティだってそうだ。


 無敵のが敗北したのだ――。


「なに、心配するな。すぐに下のフネに拾ってもらう。指揮はエリオット中佐、頼むぞ」


 そう言い残すと、シベリウスは躊躇わずに脱出システムを作動させた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます