AX-799 テラブレイカー

 超大型高高度戦略攻撃機AX-799テラブレイカーは、四万メートルの眼下にアーシュオンの百三十隻からなる艦隊群を睥睨へいげいしていた。アーシュオンの艦隊は弾道ミサイルの対処に躍起になっており、AX-799テラブレイカーに対して注意を向ける余裕はないように思えた。


 参謀部第六課は、もはや本作戦に於いては蚊帳の外に置かれていた。先ほどまでの喧騒が嘘のように、誰もが自席におとなしく収まり、息を潜めながら戦況をただ見つめている。ヴェーラやレベッカもエディットの隣に椅子を与えられて、静かに状況の推移を見守った。


「第七艦隊からの弾道ミサイル第一波、全弾が最高高度到達。敵迎撃ミサイル、迎撃シーケンスに入ります」


 ハーディがその硬い声で淡々と言う。


「全弾被撃墜。第二波、まもなく最高高度……AX-799が対艦砲撃を開始しました」


 メインモニタの映像が、AX-799からの主観映像に切り替わった。ISMTも斯くやと言わんばかりの重武装を施された機体である。何機かの戦闘機が攻撃を仕掛けてくるが、その大半はミサイルを放つことすらできずに撃墜されていく。強力なシステム干渉能力を有しているらしく、敵機は時として味方同士でぶつかり合ったりしてしまっていた。


「凄まじい戦闘力だな。まるで空飛ぶ戦艦だ」


 エディットは腕を組み、唸る。しかしその隣でじっとエディットのデスクの上のモニタを見つめていたヴェーラが、釈然としない風に言う。


「でも、照準の精度がものすごく悪いよ、これ」

「そうか?」

「数撃って当たってるって感じ。でも命中精度の低さって最初から想定してたはずだよね。この補正のスピード感はAI照準だ。だからまだなんだろうって思う」


 エディットは思わずヴェーラの方を振り返った。ヴェーラにも、もちろん、レベッカにも、AX-799テラブレイカーの仕様について喋ったことはない。


「あっ!?」


 レベッカが声を上げる。メインモニタが白く光った。それが幾度も、AX-799の眼下で繰り返される。たちまちのうちに艦隊は雲に包まれて見えなくなる。しかし、その中にもAX-799は絶え間なく砲弾を送り込んでいく。


「ハーディ少佐、あれは核砲弾か」

「――そのようです。威力だけなら通常兵器とさして変わりありませんが、あれだけ打ち込めば電磁パルスと放射線は凄まじいことになっているでしょう」

「となると……」


 エディットが厳しい視線でハーディを見ると、ハーディは自分の端末の情報をメインモニタに転送した。


「弾道ミサイル、第二波、終末段階に入ります。被撃墜率二十三パーセント。弾頭分離」


 もうこうなってしまえば、迎撃はほぼ不可能だ。まして、核砲撃によって敵艦隊はそれどころではなくなっている。そこに実数百発近い核弾頭が投下されてくるのだ。


「勝負あり、か」


 エディットは溜息を吐いて立ち上がる。レベッカも何故かつられて立ち上がり、ヴェーラはそれを見て後に続いた。


「紅茶でも飲むか」


 なにやら吹っ切れたような表情を浮かべて提案したエディットだったが、それはハーディからのややうんざりした様子の報告で無期限停止を食らう。


「大佐、第三課より通信ですが」

「――無視シカトしろ」

「はっ……というわけにもいかないでしょう?」

「まぁ、そう、だな」


 エディットはメインモニタの前で腕組みをして仁王立ち、映し出された男と正対した。二人は互いの出方を探るかのように、しばらく無言で微動だにしなかった。オールバックで神経質そうな痩せたおじさん――椅子に座り直したヴェーラとレベッカは同時にそう思った。その二人にしれっとした顔で紅茶を運んできたハーディは、こっそりと耳打ちする。


「第三課統括、アダムスの野郎、もとい、アダムス中佐です」

「ああ、噂の……」


 レベッカがなるほど、と頷いた。エディットが嫌いそうなタイプの人物である。


「それで第三課統括殿。お忙しい中、何の用か」

『いえいえ、ルフェーブル大佐にはいつもお世話になっております』


 慇懃に一礼するアダムスと、ぴくりとも表情を動かさないエディット。二人の間には明確な敵意が感じられた。それほどまでに馬が合わないのだ。


『ところで今朝は早朝よりでした。ですが、もうお帰り頂いてもけっこうですよ。そちらの、ほら、のお二人も。なに、いろいろうまくいきましてねぇ』


 アダムスは明らかに穏やかならぬ口調で畳みかけてくる。エディットはやはり全く表情を変えることなく、腕組みを解くこともない。


「ふん。貴様のジョークとしては十分すぎるほどに面白いな」

『お楽しみ頂けて光栄です』


 二人は互いに腕組みをしたまま睨み合っている。到底ジョークを楽しんでいるようには見えない。


『さて、念のためにお伝えしておきますが――』

「これは大統領命令に基づく国家の総意ですからね、だろう、アダムス中佐」

『さすがルフェーブル大佐。話が――』

「作戦の最中に余計なことを言っている暇があるのか」


 アダムスの言葉を次々と切って捨てるエディットである。カメラの死角ではハーディが皮肉っぽい笑みを浮かべていた。レベッカはもちろん、あまりエディットとの関係が良好ではないヴェーラですら、エディットの雄姿を頼もしく感じていた。


 そんなエディットの態度に、さすがにアダムスも頭にきたのか、一瞬だけだがその唇を大きく歪めた。


『まぁ、いいでしょう、。あなたのなんかよりも、こちらの方がよほど税金に優しいということですよ。T計画の方が、より科学的で現実的だ』

「ふん」


 エディットは凄味のある笑みを浮かべた。


「勝ち誇るのは貴様の自由だが。一つ忠告しておいてやる。余計な恥をかきたくないのなら、勝利宣言は最後の最後までとっておくのだな」

『この現実を前にそうおっしゃいますか、大佐。それこそ負け犬の遠吠えのように聞こえますなぁ? ああ、そういえば、大佐は負け犬どもの尻拭きがお好きでしたな!』

「そう思ってもらって結構。私は逃がし屋だからな」


 エディットは胸を張り、そのよく通る声でアダムスの皮肉を一刀で斬って捨てた。アダムスは鼻を鳴らすと、一方的に通信を切った。


「下衆め」


 ハーディが忌々し気に吐き捨てた。それを聞いて、エディットはようやく表情を緩めた。


「さて、お手並み拝見と行こうか。ん? ハーディ、私の分の紅茶は?」

「あ、失礼しました。今……ああ、適任者がやってきました」


 ハーディは第二層から上がって来た青年、プルースト少尉を手招きした。


「大佐に紅茶を。こっちの二人にはお代わりを」

「あ、はい、喜んで!」

「ちょっと待て、プルースト」


 自席に戻ったエディットは、足を組み、頬杖を突きながら、プルーストが手にしていたタブレット端末を指差している。


「私に報告があるのではないか」

「あ、そうでした。第二艦隊と第三艦隊の被害レポートを、第一課から回してもらいました」

「ん、そうか。よく出したな、あいつら」

「まぁ、自分にもあれこれ手札カードはありますからね」


 プルーストはにこやかに答えているが、その言葉には少々物騒な響きがある。エディットは苦笑しながら、タブレット端末を受け取った。


「君はあまり手を汚すな。私たちの真似をする必要はない」

「恐縮です。ではレポート見ておいてください、大佐。紅茶いれてきまーす」

「やれやれ……」


 プルーストは、かつては海軍第四艦隊に所属していた。さる戦闘にて負った傷がもとで後方に下げられていた時期に、視察にやって来たエディットと出会い――本人曰く一目惚れをし――、参謀部への異動を願い出たという妙な経歴の持ち主である。ちなみに容姿はハーディの評するところでは「よく見ると美形」である。艶のある金茶の髪に、ほとんど金色に近い色の瞳もまた印象的である。


 メインモニタの中では、無音の映像が流れ続けている。そこにあるのは、AX-799テラブレイカーによる一方的な殺戮だ。耐核装甲が常識的であるにしても、核砲弾を雨霰と受けることなど想定されているはずもない。しかも弾道ミサイルの炸裂によって、周辺海域は荒れに荒れている。そんな中で駆逐艦や軽巡洋艦以下の艦船がまともに行動などできるはずもなく、結果として次々と海の藻屑となっていった。


 脱出しようとしたところで、あたりは数百シーベルトにも及ぶ中性子線やガンマ線の坩堝るつぼである。生身では即死する以外にない。耐核装甲が施されていたとしても、そもそもが想定外の線量である。耐えられるのは空母や重巡、それも一部のブロックだけだろう。まして、一発でも被弾してしまえば、それもおしまいである。そして今、AX-799は攻撃に使う砲弾を榴散弾へと切り替えていた。完全に殲滅を狙った装備選択である。


「現実……なんだよね」


 ヴェーラは唇を噛み締め、隣に座るレベッカの左手をきつく握り締めていた。レベッカもそれを半ば無意識に強く握り返している。ヴェーラはメインモニタから目を逸らさず、そして先ほどのあのアダムスの勝ち誇った顔を思い出しながら、平坦な声で続けた。


「もう勝ち負けはハッキリしてるのに」


 そんなヴェーラとレベッカの前に、プルーストが紅茶を差し出した。二人はぺこりと頭を下げてそのソーサーとカップを受け取り、深呼吸の後に同時に口を付けた。エディットは紅茶を受け取りながら二人を眺め、少しだけ笑みを浮かべた。


「こんな時でも笑える自分が心底憎らしいよ」


 エディットはぽつりと漏らす。


「慣れ過ぎてしまったのかな。なぁ、プルースト少尉」

「大佐は逃がし屋ですよ」


 プルーストは話を振ってもらえたことが嬉しかったのか、まるで人懐こい犬のように、空になったエディットのカップに紅茶を注いだ。エディットはそんなプルーストを目を細めて見やりながら、気乗りしなそうな声で呟く。


「私はあまりにも多くの敵を殺させ、多くの味方を殺してしまった」

「でもこれほど多くを助けた参謀は、大佐を除いてはいないでしょう?」

「足し算引き算の話ではないのだ、プルースト少尉」


 エディットはメインモニタに視線を送り、そしてプルーストの方を見た。


「今日の紅茶はいつもに増して美味いな」

「わかります? 海軍時代の知り合いのツテで、良いのを仕入れたんですよ」


 レベッカは眼鏡を曇らせながら、そののどかな会話を聞いていた。隣のヴェーラは紅茶を飲み切るとお代わりを要求していた。三杯目である。


「ベッキー」


 その三杯目を飲みながら、ヴェーラが声を掛けてくる。ここ最近では一番明るい声だった。


「なぁに?」

「もう核兵器って特別なものでもなんでもなくなっちゃったね」


 まるで楽し気な声音でそう言われ、レベッカは紅茶を飲む手を止めた。エディットやプルーストも思わずヴェーラの方に注目する。


「世界がもう認めちゃってるんだよね。核はになり得ないって。より強いを生み出してしまったから」

「ヴェーラ……?」

「あの子たちと、わたしたち。同じを操る。そうでしょう、ルフェーブル大佐」


 ヴェーラの空色の瞳に射抜かれ、エディットは紅茶をゆっくりとデスクの上に置いた。そして目を伏せ、また口角を少しだけ上げた。


「私個人の意見など求めてはいないのだろうな、グリエール」

「はい」

「ならば、訊くまでもないだろう」

「そうですね」


 ヴェーラは何でもない事のようにそう答え、三杯目の紅茶を一気に喉に流し込んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます