高速ドライブ

 駐車場に鎮座していたシルビアの車は、一目見てわかるほどの高級車だった。艶のある黒を基調にし、アクセントとして艶消しの赤が使われているカムテールだった。一般人にはあまり縁のない走り屋仕様のマシンであることは、車にさほど詳しいわけでもないヴァルターにもすぐに分かった。ドアを開けてみれば、内装にも相当に手を加えられているのが分かる。それは自動車の運転席というよりは、飛行機のコックピットにも近い体裁を為していたからだ。


 こりゃ、相当入れ込んでるな。


 ヴァルターはそう思ったが、敢えては口には出さずにおいた。車について語られても面倒だからだ。ヴァルターは基本的には無趣味で、航空機以外に関する知識は乏しかったし、さして関心もなかった。


「シートベルト、締めてくださいね」


 エンジンをかけ、ダッシュボードからサングラスを取り出しつつ、シルビアはヴァルターの顔を覗き込む。その黒褐色の瞳に見据えられて、ヴァルターは「ああ」とシートベルトを装着した。運転席にてそれを見届けて、シルビアは珍しくも少し弾んだ口調で言った。


「私の運転だと、ベルトには意味がないかもしれませんけどね」

「どういう……?」


 怪訝な顔をするヴァルターに意味深な微笑を見せて、シルビアは車載の音楽プレイヤーを起動させた。フロントガラスにプレイヤーのメニュー画面が表示される。


「どんな音楽がお好きですか、隊長」

「流行ものにはあまり詳しくはないんだ」

「そうですか」


 そう言いながら、シルビアはプレイリストのセレクトを完了させていた。どうやら最初からヴァルターには選択権なんてなかったらしい。そう気付いて、ヴァルターは「やれやれだなぁ」とひとりごちた。


 やがて車載の大出力スピーカーから流れてきたのは、やたらと喧しい不定形なサウンドだった。音楽には詳しくないヴァルターでも、それがいわゆる「プログレ」に属する物だという程度の事はすぐにわかった。


「この歌、なんとなく知ってる。古いものだな?」

「百年ほど昔の曲です」


 シルビアはそう言うと、形の良い唇の端をツイと上げた。


「聞き続け、歌い続ける人がいる限り、その歌の時間は止まる。ともすればを持つもの、それが歌だと思っています」


 会話に支障のないレベルに音量を絞り、シルビアはハンドルとペダルを操作して車を発進させた。


「自動操縦にはしないのか?」

おもむきがありませんから」

 

 シルビアは鼻歌交じりにそう言い、地下駐車場の螺旋状の通路を上へ上へと進んでいく。乗用車用エレベータを使えばいいのにとヴァルターは思ったが、シルビアはそんなことはお構いなしにグルグルと車を動かし続ける。


「運転が好きなのか」

「嫌いではありませんね」


 サングラス越しに、シルビアの視線がヴァルターに突き刺さる。言い知れぬ緊張感を覚え、ヴァルターは軽く咳ばらいをする。


「君と二人というのは初めてだな、そういえば」

「そうですね」


 端的な返事に、会話が続く気配がない。ヴァルターは黙っていても喋り続けてくれるクリスティアンのありがたみに、まさに今、気が付いた。


「しかし驚いた」

「何にですか、隊長」

「君の音楽の趣味にだよ」

「リズム」


 シルビアの単語での返事に、ヴァルターはまた困惑する。文脈が全く繋げられず、ヴァルターの脳は混乱をきたし始めていた。そんなヴァルターを横目に見ながら、シルビアは器用に左手で胸ポケットから何かを取り出した。


「タバコ?」

「あっ……と」


 一本取り出したところで、シルビアはブレーキを踏んだ。そしてそのままそのタバコを箱にしまい、胸ポケットの中に戻した。


「吸うのかい」

「ええ」


 シルビアは再び車を発進させ、肯いた。


「車に乗ると、吸いたくなります」

「吸いたいなら別に良いんだが」


 正直言って苦手ではあったが、ここはシルビアの車である。ヴァルターにどうこう言う権利はないと思われた。だが、シルビアは「そうはいかないでしょう?」と首を振る。


「このタバコを吸うのは、ほとんど女性です。これから奥様の所に向かうのに、そんなタバコの臭いがしていたら変な誤解を招くでしょう?」

「分からないと思うよ。それに」

「女のカンの怖さ、まだご存じないのですね」


 シルビアはまた口の端だけで笑った。ヴァルターはようやく見えてきた地上への出口に視線をやりながら、「そんなものかな」と呟く。


「そんなものです」


 シルビアは肯き、スムーズにその地下牢のような駐車場から愛車を脱出させた。ちょうどその場所に見慣れた車が一台止まっていて、その両脇ではクリスティアンとフォアサイトがニヤニヤした表情で敬礼をしていた。


「なにやってんだ、あいつら」


 ぶすっとした表情で呟くヴァルターを見て、シルビアはまたきゅっと口角を上げた。二人の姿はバックミラーの中で見る間に小さくなっていく。


「隊長、遠回りして良いですか?」

「急いではいないが、どうして?」

「少しお付き合いくださいね」

「え?」


 その唐突な申し出に、ヴァルターは少しだけ困惑する。シルビアはアクセルを踏み込みながら、半ば断定口調の疑問文を口に出した。


「車酔い、しませんよね」

「大丈夫だと思う、が……?」


 ヴァルターは戦闘機乗りであり、しかも誰もが認めるエースである。三半規管は限界まで強化されているわけだし、「酔う」なんて感覚がそもそも理解できない。にもかかわらず、シルビアは何度も念を押してくる。その度にヴァルターの中の不安が大きくなってくる。


 基地のゲートを穏便に通過した後、シルビアは一瞬だけ自動運転に切り替えて、そして両手の指をバキバキと鳴らした。細い指に不釣り合いなほどのその音は、BGMの音の弾幕を突き抜けて車内を跳ねまわった。


「さて、行きます」


 自動運転をオフにして、シルビアはハンドルを二度、握り直した。そして――。


「うわぁっ!?」


 オーグメンタを使ったんじゃないかというほどの急加速に、ヴァルターの表情は引きった。空中ではこの何倍もの速度を出しているとはいえ、ここは地上。まるで体感速度が違っている。だが、最初の急加速以後は、まるで空を飛んでいるかのように滑らかな機動だった。半ば引き攣った表情のままシルビアの横顔を盗み見ると、その表情はヴァルターが今まで見たことがない程に楽しそうだった。


 だが、スピードメータを見てみると、時速百八十キロを軽く超えて、今現在も尚も加速中だった。とんでもない相対速度で道路標識が前から後ろへと飛んでいく。ここは一般市民が走る事のない軍道ではあったが、それでも制限速度を六十キロ以上オーバーしている。正気の沙汰ではない速度である。


「ちょ、ちょっと待て、シルビア」

「どうしましょう?」


 どうしましょうじゃなくて!


 ヴァルターが見ている間に時速は二百キロに達していた。ここで急ブレーキなど踏もうものなら、シートベルトで身体が裂けてしまうだろう。ヴァルターはそのくらいの危機感を覚えた。空中戦闘機動にも匹敵するほどの緊張感が、車内にピリピリと満ちていく。


「感じますか、この空気」

「なんでもいい、スピードを落とすんだ」

「ゾクゾクしませんか? ほんのちょっとの操作ミスで、私たちは二人とも、実に簡単に死にます」


 縁起でもないし、冗談でもない。


 ヴァルターはもう一度速度を落とすように、ややきつめの口調で命令した。シルビアは渋々といった様子でアクセルから足を離すと、エンジンブレーキが緩やかに速度を落とし始める。


「時速百二十。よろしいですね」


 シルビアはスピードメータにちらりと視線を送った。


「ったく、どうしたんだ一体」

「どうしたもこうしたも」


 シルビアはふふ、と笑う。声を出して笑うシルビアが珍しく、ヴァルターは思わずその端正な横顔を凝視した。


「いつもこんな感じです、私一人の時は」

「……同乗者がいる時は気を付けてくれ」

「お断りします」


 シルビアは冗談めかしてそう言った。ヴァルターはようやく心拍が落ち着いてきたのを感じながら、率直な感想を述べた。


「なんか活き活きしてるな、いつもより」

「そうですか?」

「ああ。いつもは君は無表情だし、笑うこともほとんどない」

ですから」


 にべもない返答に、ヴァルターは苦笑する。


「隊長は、我々の事をどの程度ご存知ですか」

「なに……?」

「私たちの事を、どのように理解していますか?」


 わざわざ言い直したシルビアの横顔は、回答以外は受け付けませんと雄弁に物語っている。ヴァルターは言葉に詰まったが、それでも何とか声を絞り出す。


「信頼できることはわかっているつもりだ」

「なぜ?」

「……質問の意味がわからない」


 ヴァルターは眉根を寄せた。シルビアは前を見たまま、ハッキリと言った。


「隊長はヤーグベルテ人です」

「母がな」

「同じですよ」


 シルビアの口調は固かった。ヴァルターは一層眉間に縦皺を刻んで言い返す。


「特権階級だというのならそうかもしれない。だが、俺はそれを嫌って最前線にいられる今の立場を選んだ。そのためにどんな訓練も耐えてきたし、ヤーグベルテ相手のどんな戦闘でも、一定以上の戦果を挙げてきた」

「存じております」


 シルビアは頷いた。


「ヤーグベルテ系の特権をはねつけてここまで来たことも存じております。ですが、ヤーグベルテ系というのはそれだけで」

「ああ、もういい」


 ヴァルターはうんざりした様子で首を振った。シルビアがアクセルを踏み込む。速度は瞬く間に百五十キロを超え、そして百六十キロをオーバーした。


「待て待て、そのやり方は卑怯だ。速度を落とせ」

「卑怯も何も、主導権イニシアティヴは当方にあります。この方法の選択は、合理的かつ論理的です」

「わかった、シルビア。とにかくスピードを落としてくれ」


 そう言われ、シルビアは無言でアクセルから足を離した。ブレーキは踏まない。


「隊長がヤーグベルテ系であろうと、私は隊長を信頼しています。ヤーグベルテ人であろうと、二世三世であろうと、私にとっては別にどうでもいいこと。しかし、軍や国民連中はそうではない。ご存知でしょう?」

「そりゃあな」


 知らぬではない。ヤーグベルテ系は亡命政策(という名の人材引き抜き)を重視してきたアーシュオンに於いては、まぎれもない特権階級だ。今やヤーグベルテ系は政財界にも大きく食い込んでおり、ともすれば国策に影響を与えかねない立ち位置を確保していた。だがしかし、現在は反動保守政党による「アーシュオン人による国政奪還」の論調が主流になりつつあり、ヤーグベルテ系は一転して窮地に陥りつつあった。ヤーグベルテ系は度を越した既得権益を貪り過ぎたのだ。それが反動保守政党に大いなる力を与えることとなったのである。


「――ともかく」


 シルビアは自動運転に切り替えて、ヴァルターの方へ身を乗り出した。思わず仰け反るヴァルターを見て、シルビアは「あはははは」と声を立てて笑った。それはヴァルターが始めて聞く笑い声だった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます