#02-アーシュオンの戦士たち

#02-1:マーナガルム・ワン

要塞都市ジェスター

 遡る事二ヶ月半――ヤーグベルテ士官学校襲撃事件から二週間後、二〇八四年二月二十日である。


 軍装港湾都市ジェスターは、ヤーグベルテ領に最も近い、アーシュオン共和国連合の誇る堅牢な要塞である。陸海空軍の主要設備が揃っており、その中央司令施設に至っては核兵器の直撃にさえ耐え得ると言われていた。まさに第一次防衛線の大拠点であり、そこに配備されている部隊および兵装はずらりと最精鋭・最新鋭で固められていた。


 二月ともなるとジェスターは温かい。窓を開けていても日の当たる室内は少々暑いほどだ。そんな窓辺に、青年は立っていた。


「まったくどうかしている」


 青年は、遠くに見える露天駐機された戦闘機たちを睨み据えながら呻いた。そのうちの一機、一際大型の電子戦闘機FA201Eフェブリススターリングが、格納庫に向けてタクシングされていっている。お手製の胡散臭い電子戦闘プログラムを組み込む予定になっていた。


 青年の名はヴァルター・フォイエルバッハといい、階級は大尉である。アーシュオン最強の戦闘機部隊の一つ『マーナガルム』――第四艦隊第一戦術飛行隊――の隊長である。彼は、漆黒の髪と限りなく黒に近い目、そして驚くほどに白い肌が印象的だった。彼の母はヤーグベルテ人であったという記録が残っているが、詳細は不明だ。だが、その抜けるような白い肌は、ヴァルターがヤーグベルテの血を色濃く継いでいる事の証拠のようなものであった。


 そのヴァルターの容姿にちなみ、彼の機体は純白にカラーリングされていた。エースならではの扱いといったところか。彼はまた、「白皙の猟犬」という二つ名も持ち、若干二十五歳にして、アーシュオンの絶対的なエースの一人として君臨していた。「アーシュオンの白き暗黒空域」、などと呼ぶメディアもある。


「ヤーグベルテが仮に降伏したとしても、その背後には大国エル・マークヴェリアが控えている。ベオリアスやキャグネイにしたって、先日のアレがある」

「新兵器の実戦試験の生贄ってか」


 室内にはもう一つの人影があった。彼は応接用の安物のソファに足を組んで腰掛け、タブレット端末を眺めていた。この金髪の青年は、先ほどヴァルターが眺めていたFA201Eフェブリススターリングの所有者であり、日々胡散臭い電子戦闘プログラムを作っている張本人、クリスティアン・ハインリヒ・シュミット中尉である。彼はヴァルターよりも細身で、どこか飄々としていた。クリスティアンはタブレット端末からヴァルターの方へ視線を移し、その蒼い瞳を愉快そうに細めた。


「ま。落ち着きたまいよ、ヴァリー君」

「あんなものを見せられて落ち着いていられるか」


 あの核兵器が炸裂した戦場にこそ居合わせなかったものの、マーナガルム飛行隊を随伴した第四艦隊は近海にて待機していたのだ。アーシュオンの新兵器『ナイアーラトテップ』を回収するためにだ。だから、ヴァルターたちは、あの戦場で何が起きていたのかを、参謀部の検閲を受ける前に把握することができていた。


 兵器の実戦試験という名の、盛大な味方殺しが行われたのだ。定数さえ揃えられないヤーグベルテの二個艦隊も吹き飛ばした。だが、同盟国ベオリアスとキャグネイから掻き集めた二個艦隊分の味方戦力もまた、単なる囮として消費されたのだ。それはクリスティアンの言った通り、まるで新兵器に対する供物、生贄のようなものであった。ベオリアスおよびキャグネイからは、遺憾の意は表明こそされたものの、それ以上のいさかいには発展しなかった。よくあることだからだ。


 ヴァルターは溜息を吐いてクリスティアンの方へ向き直り――つまり窓を背にし――、そして自分の端末のディスプレイを睨んだ。クリスティアンはその表情をまた何か楽しそうに見つめ、ニヤリと口角を上げた。


「あんなもの、ね」


 クリスティアンは立ち上がってヴァルターのデスクに腰掛けた。ヴァルターは右眉を跳ね上げて不快感を示したが、特に口には出さなかった。言うだけ無駄だと知っているからだ。ヴァルターは自分のデスクチェアに腰を下ろし、不満げに腕を組む。ヴァルターの視界の先では、超大型変形爆撃機ISMTインスマウスの3D画像がクルクルと回転していた。比較対象として映し出されている戦闘攻撃機FA221カルデアが、冗談のように小さく見える。


 ヴァルターは腕を組んだまま顎でその画面を示す。クリスティアンは上からそれを覗き込んだ。ヴァルターは言う。


「意味の分からない航空機だと思えば、変形球体爆弾としてヤーグベルテに文字通り穴をあけた。ボレアス飛行隊の基地も、都市ごと蒸発したよな」

「『ぼくのかんがえた、さいきょうのむじんせんとうき』ってか」

「ああ」


 ヴァルターは眉間に皺を寄せる。このISMTインスマウスの戦闘状況は資料映像として何度も見た。圧倒的火力と防御力を有する完全自動制御の航空機である。そしてあまつさえ、あの自爆能力である。ISMTインスマウスたちは残らず、八メガトン級の破壊力を有する爆弾へと変形したのだ。


「戦争にもルールはあるだろう」


 ヴァルターは憤懣やるかたないと言ったトーンでそう言った。が、クリスティアンは微妙な表情で肩を竦め、デスクから降りた。


「かのは捕虜をとったりはしねぇ。敵対したら最後、全員が海の藻屑だ。救助もしねぇ。にしたってそうだ。奴らエウロスが狙うのは常にコックピット。奴らの空域でベイルアウトしちまったら、まず確実に殺される。ここ何年かで何人が脱出後ににされたかわかりゃしねぇ」

「だがな、この前のISMTインスマウス七発で、俺たちは比較にならないほどの、しかも一般市民を葬り去った。俺たちはもはや、奴らの非道を責めることはできん」

「まぁね」


 クリスティアンは再びソファに戻り、テーブルの上に放置してあったタブレット端末を拾い上げた。


「隊長さんの好きな矜持きょうじというヤツも、虚しく響きまさぁなぁ」

「おちょくるなよ、クリス」

「こりゃ失礼をば」


 悪びれない様子のクリスティアンに、ヴァルターはまた仏頂面を見せる。


「核すら通用しない近接戦闘潜水艦ナイアーラトテップ、あらゆる攻撃を受け付けない変形爆撃機ISMTインスマウス、常軌を逸した超高機動戦闘機ロイガー。その全てがアイスキュロス重工製で、しかもタダ同然の値段で試作機を軍に卸したとか」

「そしてその全てが制御ときていらぁな」

「ああ」


 ヴァルターはディスプレイ越しにクリスティアンを睨みつつうなずいた。クリスティアンはその視線に気付くと、またニヤリと右の口角を上げて、捲し立てた。


「つまり、だ。大量の核ミサイルを降らせる、新兵器でヤーグベルテの無辜の市民を何百万と蒸発させる、味方艦隊すら巻き込んで実験を強行する……。そのあまりの勢いに、世論は主戦派に大きく傾いちまった。過ぎたオモチャで俺たちのプライドはズタズタだ。馬鹿馬鹿しくも嘆かわしい。ヴァリー君、おまいの言いたいのはそういうこったろ」

「ん……あぁ、まぁ、そんなところか」


 言いたいことを全て先回りされ、ヴァルターは呆気あっけにとられた。クリスティアンは大袈裟に溜息を吐き、右手の人差し指を立てて横に振った。


「おまいさんの言いたいこたぁよくわかるよ。だけどな、正直過ぎってのも考えもんだぜ、殿」

「どういう意味だ?」

「ヴァリー君、おまいさんはもう少し自分の立場を考えた方がいいや。誰がどう見てもアーシュオンのトップエースだからある程度のお目こぼしはあるにしても、奴らは甘かねぇよ」

「だから――」

「もしかしたらよ」


 ヴァルターの言葉を遮って、クリスティアンは言い、そして立ち上がる。


「俺にも情報部の息がかかってるかも知れねぇよ。油断すんじゃねぇ」

「情報部? いや、そんなことはないだろう」


 またタチの悪いジョークかと、ヴァルターは笑い飛ばそうとした。が、クリスティアンの目は笑っていなかった。思わず唾を飲み込み、ヴァルターは沈黙する。


「ま、相手をよく見極めるこったよ、ヴァリー君」


 クリスティアンはそう言うと、颯爽と部屋を出て行った。ヴァルターは居心地悪そうに立ち上がると、また窓の方を向いた。燦々と照り付ける太陽が、滑走路を炙っている。二月だというのに、ほんのり陽炎が立って見えるほどだった。

 

「あれは……?」


 遠くに見えた見慣れない機体に、思わず声が漏れた。ハッキリとわかるのは純白であるということくらいだったが、それだけでヴァルターはピンときた。


「PFA001――レージングか」


 PFA001レージングとは、マーナガルム隊に一機だけ配備されると連絡を受けていた最新鋭戦闘機の試作機だ。遠からず正式受領することとなり、そして可能な限り早期にヴァルターによる慣熟訓練が始められるのだろう。優れた機体があてがわれるのは嬉しいことだったが、またあの殺人的な過密スケジュールに追われるのかと思うと、素直には喜べなかった。


「ヤーグベルテ系が生き残るには、やるしかないってことか」


 ヴァルターはややうんざりしたような調子で、そう独りごちた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます