#01-カティとエディット

#01-1:大人の都合

眩暈

 西暦二〇八四年五月――桜がそろそろ咲き揃う頃合だ。緯度の高いヤーグベルテ中央連盟統合首都ヤーグベルテでも、ようやく春の気配が濃厚になってきた。


 士官学校・統合首都校の惨劇から三ヶ月が過ぎた。その凄惨さと被害の大きさは確かに一時期メディアを賑わせた。だが、それに先だって行われたアーシュオン新兵器による攻撃の被害があまりにも巨大すぎて、そしてそれへの恐怖があまりにも現実的過ぎて、国民の関心はすぐに薄れて行った。ヤーグベルテ国民の大部分にとっては、アーシュオンの超兵器によるいつ起こるとも知れない襲撃こそが、最大の関心事となっていたからだ。


 うんざりする。


 彼女は眩暈めまいすら覚えながら、人混みの中を歩いていた。統合首都は超過密地域だ。メインストリートに至っては、自分の周囲半径一メートルの確保など至難の業だった。どこを見ても、そしてどこまでも、人、人、人……。


 退院してまだ一ヶ月。誘われて出てきてはみたものの、やはり家に残っていれば良かったと後悔もした。


 余所見よそみをすれば前から来る人にぶつかる。立ち止まれば後ろから来る人に追突される。曲がることもままならない。誰もが相手がどけてくれると思い、誰もが目の前の人物は一瞬前と変わらない運動を繰り返し続けると信じている。そんな空気に、彼女は眩暈めまいを覚えるのだ。


 ほんとうに、うんざりする――。


「どうしたの、カティ」


 彼女――カティの右腕をしっかりと捕まえている、純白の春用コートを身に着けた長く美しい白金髪プラチナブロンドの少女が尋ねた。少女はその蒼い瞳で、カティの燃えるような赤毛を見上げている。カティはその少女よりも、頭一つ分以上背が高い。少女はその身長差を克服しようとするかのように少し爪先立ちになりながら、


「疲れた?」


 と訊いた。カティは紺色の瞳で少女を見下ろし、そして息を吐きながら答えた。


「少し」

「そう」


 少女は頷き、しかし、歩くのを止めない。カティの腕を掴むのも、やめない。


 そうだ、アタシたちは結局立ち止まれない。人の波に逆らうことはできない。信号が赤になってくれるまで、アタシたちはこうして歩き続けるしかないのだ。名前も知らない人々の作った波の中を。


 カティは溜息が出そうになるのをグッと堪えて、飲み下す。


「あ、ペットショップ! 見て、仔犬!」


 白金髪プラチナブロンドの少女が目ざとくその公営のペットショップを見つけ出した。その大きなペットショップは、一区画を使って愛玩動物たちの展示販売を行っていた。


「仔犬、かわいいよねぇ!」


 少女は無邪気に言う。展示されている動物たちが、窓の外に向かって必死に愛想を振りまいている。動物たちは必死なのだ。生きるために。売れ残った彼らがどうなるのかを知っているだけに、カティは少女の言葉に素直に同意することが出来なかった。


 そんなカティを不満げに見上げ、少女は畳みかけるように言う。


「かわいいよね?」

「う、うん」


 反射的に答えてしまう。カティには少女が何を見ていたのかはわからない。だが、この子がそう言うのならきっとそうなんだろう――そう思った。幼い動物はきっと総じて可愛いものなのだから。


「あの、カティ」


 カティの前を歩いていた桜色の薄手のコートを身に着けた、灰色の髪のメガネ少女が振り返った。振り返りつつも、歩みは止まらない。


「何か軽く食べましょうか? ね、ヴェーラも」


 そう言いつつ、メガネの少女が少しだけ歩くスピードを落とし、カティの左に並んだ。その艶やかな灰色の髪は、昼間の陽光を受けてきらきらと銀色に輝いて見えた。カティは「そうだな」と思案顔になり、そのまま白金髪プラチナブロンドの少女――ヴェーラに視線を移す。


「お腹空いたね、確かに」


 ヴェーラはカティの右手を握り直しながら言う。カティはなんだか少し可笑しくなって、「ピザ?」とぼそりと言ってみた。


「ピザ良いね!」


 瞬間、その表情を輝かせるヴェーラである。


「ベッキーも良いよね? ちょうどほら、あそこにピザ屋さんが!」

「まぁ、あなたならそう言うと思っていたわ」


 メガネの少女――ベッキーすなわちレベッカは、左手で眼鏡の位置を直しつつ、頷いた。その深緑の瞳が、じっとカティを見上げている。


「カティ、大丈夫ですか?」

「ん、なにが?」


 わかっていて敢えて訊き返す自分に、少しだけ苛立つ。レベッカは目を伏せ、それでも歩みを止めぬまま、ぽつりと言う。


「疲れてるんじゃないかって。まだ病院から出て一ヶ月ですし」

「ああ、なんてことない」


 なんで嘘を言ってしまうんだろう。この二人相手に、嘘なんて意味がないのに。カティはそんな事にも悩んでしまう。


「ただ、人混みはちょっと苦手でね。だってほら、アタシは田舎育ちだから」


 見え透いた言い訳だ。本当はただ無気力なだけ。何をする気も起こらないだけ。


「……ごめんね、カティ」

「お前のせいじゃない」


 ヴェーラたちは、あの事件の後、塞ぎ込んでしまうことが増えた自分のために、数少ない休日を割いてくれているのだ。独りでいると一日中でも身動きせずにいる自分を見かねて、二人は自分との時間を作ってくれているのだ。そして自分はそれに甘えている――カティはそんな自分が大嫌いだった。


「よかった、席はありそうね」


 ピザ屋の中を覗き込んだレベッカは、素早くカティの後ろに視線を送った。カティもヴェーラもそれに気付いたが、敢えて振り返るようなことはしない。三人の後ろ十数メートルの所には、海兵隊のジョンソン伍長とタガート兵長が私服姿でついてきている――護衛である。


「よし、いざゆかん」


 ヴェーラは幸せそうな表情を浮かべつつ、先陣を切ってピザ屋に突入していった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます