変異(4)

 アヤネとは駅で別れ、ぼくはルシエラ医院に定期検診に訪れていた。検診といっても、主治医であるアウロ・ルシエラ先生の私室でお茶をしながら近況報告会といったところ。

 スツールに腰掛ける細枝のような女性は、

「調子はどうかね?」

 と首を傾けながら問いかけた。

「悪くないです」

「夢遊病の方はどうだ?」

 ええまあ、とぼくは言葉を濁した。

 ぼくは横目でリクライニングチェアを覗き込んだ。隣にはロコ・コココがいた。

 曰く、彼女もルシエラ先生の患者らしい。ロコは、身体中に吸盤付きの電子コードが付着しており、その艶かしい肢体には布切れ一枚だけが被せられていた。光に溶け込んでしまいそうな白い肌。幼顔が残るものの、思わず目を奪われる端正な横顔。それから起伏ある乳房の稜線が狭間見えていた。

性欲リビドーだな」

 ぼくはさっと目を逸らす。

「そういうわけじゃ……」

「恥ずることはない。君くらいの年齢ならごく当たり前のことだ。むしろ私は君がエロスを忘れていなくて少し安心しているよ。なにせ、機械に生殖機能は無意味なことだからね。しかし面白いのは、コンピュータウイルスに限っては、自己増殖ではあるが、遺伝子コードを残すことが本質としてあるのだ」

 ルシエラ先生は白衣のポケットに手を突っ込んで、銀色のケースを開いた。小指ほどの棒を見せつけ、

「悪いが一服させてもらうよ」

 とオイルライターで紙巻煙草シガレットに火をつけた。山積みの書類の中からリモートコントロールを手にとって、換気扇のスイッチを入れる。白い流体はふわふわと穴に吸い込まれていって、どこかへ消えた。

 あまり表情の変わらないルシエラ先生だが、紫煙を吸い上げるその時は、とろけるような惚け顔を浮かべていた。

「意外です」

「そうかね?」先生は灰皿に煙草を叩きながら言った。「経験則的統計上では、賃金労働者ほど喫煙者が多い。だが、ホワイトカラーであっても激務な職種ほど、喫煙者は多い。医者でも健康リスクを知りながら、目の前のストレスを鎮圧するために溺れる人間はいるさ。それに私は長生きしたい方ではないから」

 ルシエラ先生は自嘲的に口端を緩めた。

「今時、ガンを患っても、人工臓器に取り替えればいい話だ。そもそも、喫煙者は最初から人工肺や人工血管に換装している。煙草を吸うためにね」

「先生も?」

「言ってなかったか? 私は完全有機人間パーフェクト・オーガニックだ。機械になるつもりはないし、今更機械化しても、訓練に時間を取られる。四十年近く、この身体と共に時間を過ごしてしまった故、愛着が湧いてしまったのかもしれないな。だからと言って、君たちを異質だと思うつもりもないし、パワーが欲しくて筋電部位に手足を変えた人たちを異常だとも思わない。むしろ私の方が古い人種ステレオタイプだろう」

 ふふ、と先生は不敵に笑った。煙草をもみ消すと、足を組み替えた。

「依然先生がおっしゃった、制御ウェアが自我を侵食するってのは、具体的にどういう状態を迎えるのでしょうか?」

 ぼくは出し抜けに質問した。

「様々だよ。私の経験上、それは実に様々な症例だった。意図せぬ奇行を起こすものもいれば、今まで通り変わらずにいる人もいる。どんな変化をもたらすのかは、十人十色である。だが、理屈的に誤解してはならないのは、プログラムそれ事態が脳を書き換えるのではない。そんなもの、構造的に不可能だ」

 ぼくは大きく首を傾げて、疑問をあらわにした。

「以前まで 機 械 化 部 品 サイバネティックス・モジュールには小さなマイコンが内蔵してあった。その中に制御ソフトが組み込まれているのだよ。それに脳が指令を与えて、機械の腕や足を動かす初動を与える。それ自体は情報量の少ない電気信号だ。君たちは身体を機械化したあと、しばらくのリハビリ期間を要するだろう?」

 ぼくは拷問じみた訓練で無理やり腕の動かし方を習慣づけたが、普通は半年ないし一年ほどのリハビリ期間を経て、社会復帰する。運動神経のいい人なら三ヶ月くらいで筋電部位の使い方をマスターする。

「リハビリが終わったあと、筋電部位からこのマイコンを取り除く」

 先生は小さな電子チップを摘んでぼくに見せた。

 ぼくは無意識的に右腕をなぞっていた。

「以前までの組み込み系はフィードバック制御だった。だが、二年ほど前からフィードフォワード制御に変わり、まるで自分の手足のように動かせるようになった。指令値や外乱を修正する機構のことを指す。とはいえ、内部プログラムが大きく変わったわけではない。脳が機械の方に順応するんだよ。その研究をしていたのが【〇五〇号】計画の一端でもあった」

 要するに、と先生は言葉をつないで、

「脳がマイコンの代わりをするようになる。。この訓練をするのがリハビリの意味だ」

「つまり、ぼくの脳の中にソフトウェアがあると?」

「たとえば、コンピュータで言うところの仮想記憶部分。運動野の神経細胞に制御プログラムをインストールするようなものだ。だから、機械化するには若いうちがいい。歳をとると人間は頭が固くなって行くからね。だがこれは同時にリスクを抱えている。感受性の高い青年期に論理の権化を頭に内在することの意味。これは自我への影響は計り知れない。以前、そう説明したはずだね?」

 ぼくは頷きにもならないゆっくりとした動作で首を下げる。

「ぼくの夢遊病や、兄さんがああなったのは……」

 いいや、と先生は断言した。

「先も言ったが、必ずしも脳が筋電部位モジュール制御言語を獲得したからと言って、自我を変革させたのではない。もともと内蔵されていた意識がソフトウェアの後押しによって、より顕在化しただけだ。人の脳は複雑でミステリアスだが、すべてを受け入れるほど柔軟にはできていない。たった400グラム程度の物理器官でできることは限られている。神経細胞間で行なっている事象は得てして単純な電気信号だからね。人はいくつもの人格を脳に宿せるほど、容量はない。。記憶や一部の感情をね。だから過去、多重人格者には統合を進めた。意識それぞれが統合を望めば、一つの意識になるだろうし、それぞれの意識が統合を拒めば、意識は分断されたままだろう。その先の顛末がどうなるかは、脳のみぞ知ること。科学的にいうならば、魂は脳だ。まぎれもない物理機関だよ」

 先生はぼくの頭を指差し、

「遅かれ早かれ君も。だが恐れることはなかろう。機械の身体があろうとなかろうと、デジタルかアナログの違いこそあれど、もともと私たち人間という知的生命体は、緩やかに、時にダイナミックに変革期を迎える意識体だ。良し悪しは別にして」

「……先生もそうだったと?」

 すると先生は目を丸くしたあと、頬をほころばせた。

「私は昔、病弱な女の子だったさ。寝たきりのか弱き少女だった。自分の未来に絶望して、自分で歩むことすらしようとしない世間知らずな少女だったよ。今では狂ったヤブ医者マッド・ドックだがね」

 先生は自嘲とも冷笑とも覚束ない、疲れた笑みを漏らした。

 そんな女の子は大人になって、ぼくに哲学を説いていた。立派に医者をやっていた。

 ぼくにとってその前例は少しだけ勇気をもらえた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!