織田信長の憂鬱

作者 板野かも

249

95人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

安易にモチーフとして酷使され続けた「信長」が
読者に語りかけながら、クリエイター達への苦言。

最後の一文の信長の切なる願いが叶っていますように!
とても斬新な視点で描かれており、楽しめました。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

昨今、歴史物語といえば織田信長は外せません。

それに伴い、ご本人の感情を描いた短編でありながらも、どこか共感してしまうおすすめの物語です。

きっと来世でも織田信長、そう考えると、憂鬱な気持ちになってしまうでしょうねw

次の物語にも期待して、星3つ送らせて頂きます。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

 世界中にアルマゲドンみたいな隕石が落ちるとしますよね。そんで、奇跡的に一軒のぱちんこ屋だけが隕石の被害から免れて、そんで人類は壊滅する。一回うほうほに戻る。その後、人類なんとか文明を取り戻す、あるいはゴキブリ、またはイカあたりが覇権を握って、あるいは誰も握らなくて忘れ去られた滅びた惑星に宇宙人が来てチェックをかける。

 どのパターンでもいいですけど、そしたらそのぱちんこ屋に残った装置を起動しますわね。すごい戦国時代について誤解される気がするんだ俺は。みたいなことを前どっかで書いたか、ただ考えてただけか忘れたんですが、すごい分かりました。大変ですね。

さんがに★で称えました