織田信長の憂鬱

作者 板野かも

306

116人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

前略、信長様。
そろそろ「わんぱたーん」に飽きたでしょう。恋愛小説書きとしては、次は濃姫様とのラブラブハッピーエンドが見たいなぁ。
え? これももう既出? はっはっはっ、仕方ないなぁ…
じゃあ、次こそは、天命を全うできる人生でありますよう。

切なくなってしまった一読者より。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

この物語をくわしく説明しますと、未来からあまりにも大量の転生者がやってくるので飽き飽きしちゃった織田信長さんのぼやきを綴ったものです。

うん、それだけのものなんですが、その1345文字のぼやきがすごくその、生々しいんですよね。
転生者が未来から来た証を見せつけてくるのにうんざりとか、これからの歴史を説明されるの何回めだよとか、創作物であれこれいじられる話とか。

実際のところ、自分をモチーフにされた数多の転生物のことを知らされるの、イヤでしょうね。女体化されるだけじゃなくてエロゲに主演させられたりしてるのとか……。
そんなふうに、我々が普段目にしてる「織田信長」のすべてをぎゅーっと詰めこんだ「あるある」なシュールコメディになってるのが大きな特徴です。

というわけで、笑えるか泣けるかはあなたしだいです!

(必読!カクヨムで見つけたおすすめ5作品/文=髙橋 剛)

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

安易にモチーフとして酷使され続けた「信長」が
読者に語りかけながら、クリエイター達への苦言。

最後の一文の信長の切なる願いが叶っていますように!
とても斬新な視点で描かれており、楽しめました。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました