黄昏のフリージア-堕ちた天才錬魔師の英雄譚-

作者 御子柴奈々

頭が下がる

  • ★★★ Excellent!!!

本作の魅力を一番に上げるとすれば、作中の『練魔術』の設定だ。
きわめて精緻な設定は、一切のご都合主義を許さない。
全て合理的な流れが、作中の厳密なルールに従って展開される。
『練魔術』とは、魔術とはいえベースは殆ど我々の知る科学であり、その作動原理は作者の高度な科学知識によって裏付けられている。

過去のある事件によって力を失った主人公は、いかにしてその圧倒的な力の差を覆すのか?
精神論、根性論で行けば主人公はとてつもなく弱い。
裏技(本来の意味でのゲーム用語として、プログラムの穴を突いた攻略法)によって戦うしかない。
それはまさしくハッカーの思考だ。
この点は我々の実生活においても、見習う必要がある。

ファンタジー小説を書こうというのであれば、やはりこのくらいの設定を用意したいものだ、と自戒せざるを得ない。

この先を楽しみにしています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

おこばち妙見さんの他のおすすめレビュー 48