異国の少女A――山野ねこ短編集(ドラマ・ミステリー)

作者 黒澤伊織

41

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

一つ、一つの作品がとっても丁寧に作られていて、心の入れ込みが半端なく、力のはいり方と、思いの深さが同時に感じられる名作ぞろいでした。特に、シリウスも良かったし、光を食べて笑っている妹も奇想天外でよかった、必ず不思議と出会うので読んでいてたのしかったです。
とっても良い作品でした。

★★ Very Good!!

ファンタジーから社会派まで、様々な物語が詰め込まれている。口調や文体も思いのまま。同じ作者が書いたとは思えないほど。筆力が素晴らしい。適度に空行が挟まれていて画面上で読みやすく、一方でどの話もどっしりとしていて読み応えがある。特に面白かったのは「祈り」「義務と権利とサンタクロース」「思い出の料理、つくります」。あらすじに各話の概要が書いてあるので、興味を持った話だけでも読んでもらいたい。
※「白鯉」まで読了

★★★ Excellent!!!

 落ち着いた世界観や、滲み出る静寂さ。
 
個々の読み手によって、受ける印象は様々ななのでしょうが、それが短編小説の良いところでもあり、その利点こそが、作者さんの持ち味のように、思えました。
 
 文字数も多く、読みごたえも申し分なし。構成もまとまっており、明後日の方向にストーリーが破綻しているなんてこともなく、書き馴れた方の短編ほど、心を揺さぶられるものはありません。
 
 個人的には、『運命のガチャガチャ』と『白鯉』が、大好きです。
 ……ネタバレしてしまいそうな勢いですのでこれにて。
 

★★★ Excellent!!!

筆者の短編集です。

『記憶の鍵師』という話が印象に残りました。

丁寧な描写がいいですね!

短編でありながら文字数は多めですが、きちんとした構成に、納得のオチがあり読後感もよかったです。

まさにヒューマンドラマを描いた短編でした!

他の短編にも期待して、星3つ送らせて頂きます。