#22 白銀の花、白銀の蝶

「キレイな景色だね、ライカ」

「うん?……ああ、そうだな」


 考え事をしていたライカは、ジーナの言葉でふと我に帰る。正直、ライカには見慣れた、いや見飽きたと言ってもいいような景色ではあるが、まだ幼いジーナの目には物珍しく映るのだろうか……

 いや、違う。険しい表情をしていた私を気遣って話しかけてくれたのだろう。自分も疲れているだろうに、それをなるべく隠して微笑むジーナを見て、心が優しい気持ちで満たされていくのをライカは感じた。苦しい旅路ではあるが、確かに気を張り詰め続けては身体が保たない。ライカは表情を緩め、ジーナが指差す方向に視線を移した。


 島の中程に広がる平野が、ここからは一望できる。どうやらかなり高いところまで登ってきたようだ。ほぼこの島の覇権を手中にした『緑の格子盤グリーンボード』とは言え、山一つ越えればその支配力は比較的弱い。ライカ達が目指しているのは、山の向こうにある南西地方である。


「少し、休憩するか?ジーナ」

「うん」


 ジーナは大きく頷く。彼女の長い銀髪と白いワンピースが、おだやかな陽の光を反射しながら風になびく。その様子を笑顔で見つめながら、ライカは道端の草むらに座り込もうとし……

 次の瞬間、ライカは全速力で走り出した。そのままジーナを抱え上げ、転がり込むように近くの茂みに身を隠す。


「……地上索敵機ホリゾンタル・ルックアップだ」


 その言葉に、腕の中のジーナも険しい表情に変わる。

『緑の格子盤』が島の各地に放っている、偵察専門の機械魔獣だ。その姿は、『緑の格子盤』在籍中にも逃亡中にも幾度となく見ている。レンガのような形の体の前方に巨大な眼がついており、さらに体の両脇からは脚が2本生えている、という特徴的な姿の機械魔獣が、ライカの胸のあたりの高さを飛行しながら周囲を探索している。攻撃手段は搭載されていないが、魔力通信網を通じて現在地を報告されるのが厄介だ。


 自分とジーナの呼吸が整うのを待って、ライカはジーナにできるだけ穏やかに話しかける。


「大丈夫だ、まだ見つかっていない……ジーナ、強制帰還ループバックを頼む。あと待機系運用スイッチオーバーの準備を」

「はいっ」


 ジーナは真剣な表情で小さく頷くと、目を閉じて精神集中を始めた。

強制帰還ループバック。敵の魔力通信の宛先を強制的に変更し、通信を遮断することができる能力である。発動させておけば、『緑の格子盤』宛の緊急信号を送信される心配はない。ただし、『緑の格子盤』からの死活監視ポーリングも遮断してしまうため、なるべく早めにケリをつける必要がある。


「……発動しました」


 その言葉が言い終わらないうちに、ライカは勢いよく飛び出し、高くジャンプした。偵察機の眼がライカを向く前に、さらに高い位置へその身体は跳躍していた。そのまま流れるような動きで巨大な剣を振り下ろし、偵察機を地面に叩きつける。ぐしゃり、と鈍い音を立てた偵察機に、ジーナはさらに全体重を乗せた剣を突き立てる。


待機系運用スイッチオーバー!」


 インジゲーターが完全に消灯したのを確認し、ライカは声を上げる。同時に、ジーナは偵察機と同じ機械魔獣識別子アドレスを設定した小さな機器を起動させ、偵察機の隣に設置する。『緑の格子盤』からの死活監視に応答する為のものだ。いずれ異常は検知されるだろうが、時間稼ぎには十分だ。

 ここまで、約7秒。我ながら手馴れたものだ、とライカは思う。2人の戦闘時の連携もかなり洗練されてきている。それは決して、喜ばしいことではないのだが。

 大きく深呼吸したあと、ライカはジーナに微笑みかける。


「ありがとう、ジーナ。上手くいったよ……だが、念のため早くここを離れたほうがいい。動けるか、ジーナ」

「うん……大丈夫だよ」


 ジーナも笑顔で返答する。しかしその笑顔は、疲れた表情を出すまいと無理に作ったものだろう。ライカの心が少し痛む。

 もう何日も、逃避行の連続だ。自身の疲労も溜まっているが、何よりジーナの身体に負担をかけているのが心苦しい。ライカは唇を噛む。


 まずは、この山を無事に超えることだ。そして、何としても『紅の宝庫レッドマイン』と合流し、ジーナを安全な場所まで送り届けなければならない。

 それこそが、私の最重要課題だ。


「レイラ隊長……」


 ライカは空を見上げ、額の汗を拭った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー