#16 ステータスを確認します

「え、えーと。無事、魔物の召喚には成功したわね」


 何だか上手くいったことに拍子抜けする紅子。相変わらずはだけた胸元を扇ぐレヴィ。嬉しそうに巨大な棍棒を高く掲げて走り回る魔物、オーガくん(仮名)。三者の間をなんとも言えない空気が流れる。


「なんかあの子、すっごい血気盛んだねー」

「うん。けっこう漠然としたチケット切っちゃったからね。闘いたくてしょうがないんだろうね……そこはごめん」


 謝りつつも、とりあえず紅子は端末で魔物チケットのステータスを確認する。『進行中Assigned』。只今作業の真っ最中、ってことだ。


「その『ステータス』っていうのが、いわゆる今の状態ってことよね?」


 紅子に体を寄せ、また端末を覗き込みながらレヴィが質問する。火照ったレヴィの体温が紅子に伝わる。


「そ、そういうこと。進捗ステータスの管理って大事なんだから。それがPMのメインの仕事と言ってもいいくらいだし」


 なるべくレヴィの身体が密着しないよう、徐々に後ろに下がりながら紅子は答える。……そう。ステータスは大事。チケットの誕生から終焉まで面倒見る義務がPMにはあるのだ。おはようからおやすみまで。プロジェクトくらしを見つめるPM。何言ってんだ私。……何で慌ててんのかな。ちょっと冷静になろう……まずは、どんなステータスがRedmineに登録されているのか、ちゃんと押さえておく必要があるな。うん。紅子は改めて確認してみる。

 基本的には初期値デフォルトのままの6つが登録されているようだ。



 まず、『新規New』。

 チケットを起票したが、まだ誰も手をつけてない状態、ってことだ。

 ちなみに、この『新規New』チケットがいっぱい溜まってるってことは、やるべきことはあるのに手をつけられない状態、ってことになる。人手か時間か、あるいはその両方が足りてないプロジェクトということだ。……想像して寒気がしてきた。


 続いて『進行中Assigned』。

 チケットが担当者に割り当てられて、作業に着手してる状態ってこと。

 担当者目線で言うとここがスタートだよね。黙々と作業をこなして、次のステータスである『解決Resolved』に遷移させるのが仕事。逆に管理者としては、進行中のまま進捗のないチケットがないかどうか、進行中のチケットをたくさん抱えて苦しんでる担当者はいないか、なんてことに気を配るのが仕事だ。


解決Resolved』。

 担当者に割り当てられてた作業が終わった状態。担当者からいうと作業が終わって一段落、というところ。一方、管理者には、ちゃんと仕様通り作業が終わっているかどうか品質検査レビューする義務がある。終わったからって安心しているわけにはいかない。


フィードバックFeedback』。

 完了した作業についてレビューした結果、出来てないじゃん!ダメじゃん!やり直し!……っていう状態。仕様どおりに出来上がってこない成果物には何度もお目にかかったことはあるけど、この世界でもあるのだろうか。願わくは、使わずに済みますように。


終了Closed』。

 作業が完了した状態。正確には、管理者がレビューして「ちゃんと出来てる」って確認した状態だね。管理者がステータスを『終了』にすることで、チケットは無事終了する。


 最後に、『継続不可能Rejected』。

 結局、作業が行われずに終わってしまった状態。

 本来は管理者の判断によりチケットを却下した際のステータスだけど、担当者である魔物の消滅といった要因で作業を継続できない、ということも多いのだろう、この世界では。だから『却下』ではなく『継続不可能』と表記されているのかな、と想像する。



 ……というところか。要は、管理者がチケットを発行し、担当者に割り当てて『進行中』にする。担当者は作業を終わらせて『解決』にする。管理者はその結果をレビューして『終了』にする。その繰り返しがちゃんと回るように面倒見るのがPMの仕事だ。


 それはいいとして。試しに発行した、進行中のあの魔物チケットをどうしようかね。ブンブンと振り回される棍棒の風を感じながら紅子は思案する。


「さて、『戦闘訓練』ってことで来てもらったんだけど。どうする?調子が良ければもう一体ひとり呼ぶ?」

「んーん、ちょうどいいのがいるよ。……ジェミィ!ちょっと!ジェミィ!」


 レヴィは体をひねり大声でジェミィの名を呼ぶ。程なくしてジェミィは静かに姿を現した。


「ねえジェミィ。あの子相手に戦ってほしいんだけど。もちろん本気で」

「よろしいんですか?レヴィ様。手加減は……」

「いらないよー。思いっきりやっちゃってー」

「……それでは。遠慮なく」


 そう言うとジェミィは、一つ深い息をつくと、剣道の構えのような格好で静止した。次の瞬間、ジェミィの手元が淡く光る。紅い光は徐々に天に向かって伸び、やがて巨大な剣の形となった。


「キェィアアーッ!!」


 それは一瞬のことだった。目にも留まらぬ速さでオーガとの間合いを詰めたジェミィは、剣を大きく振り下ろし、オーガくん(仮名)の身体を袈裟懸けに一刀両断した。


 気が付くと、オーガくん(仮名)は煙のように消えていた。端末に表示されたチケットのステータスも、『継続不可能Rejected』へと変わっていた。


 ……あー、ジェミィさん、めっちゃ強いんですね。とりあえず安心したー。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!