小説を書くということ

作者 ふちの原 なな

19

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 昔、出版社からもっらった雑誌に書いてあったこと。
 「型を知っていてそれを意図的に破れれば、型破り。
  でも、型を知らないで破ったと思っているのはただの形無し」
 その時の小生には、重たい言葉でした。
 自分は明らかに「形無し」だったからです。
 小生も臆病な方で、自分にあまり自信もなく、作者様のように「カクヨム」への登録を躊躇しました。でも、小生でも、なんとかいさせてもらっています。こんなに大勢の人と物語が作れることは楽しいです。
 そんな初心を思い出させてくれる一作です。

★★★ Excellent!!!

 ひとつひとつのお話は短いですが、作者様の執筆に対する純粋な気持ちが現れています。
 今、ご活躍されている作家さんたちも、最初はきっとこんな思いを抱いていたはず。私もそうでした。
 すっかり思い出すことすらなかった懐かしい気持ちを、思い出させていただきました。どうもありがとうございます。