捨て悪役令嬢は怪物にお伽噺を語る

作者 秋澤えで

21

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

1人1人が台本を演じることで成り立つ物語。そんな台本に振り回される捨て悪役令嬢とヒロイン。時が変われば善悪も変わる。何かの意図なのか、台本に忠実であろうとする人たちと台本から外れようとする人たち。そんな不思議な物語です。

★★★ Excellent!!!

作中でも出てきましたが、罪人はいても悪人はいない新鮮な物語でした

主要人物3人が全て物語好きということで、同じく本好きの1人としても親近感が湧きとても楽しめました

★★★ Excellent!!!

『~だ。』とか『~である、』とか、そう言った地の文が蔓延る昨今で、お淑やかさを兼ね備えながらも主役のいない所では『~だ。』『~である。』に変える。その使い分けがとても上手で、ストーリーも含め見ていて飽きないものとなっています。
ストーリー性も良く、本や物語が好きな身分の違う二人がどう交わっていくのか、そしてかつての友人がその後どう関わっていくのか、とか、気になるところ満載ですね。