【神の眠る星】 天使は嘆きの歌をうたう

作者 織人文

0

フォロー 1話目から読む

「あなたをも、あなたの大切な人をも、私が守ります」――ラフティ 織人文

画家のクライ・カシアスは14歳の時、ライリア兵に目の前で母を殺され、自身もひどい傷を負わされていた。以来、人間に深い恐怖を抱き、他人と打ち解けることができないでいた。そんな彼の前に、ライリアの軍人ラフティが現れる――。

架空の惑星ヒプノスを舞台に、人間そっくりの兵器≪天使≫と、その主となった四人の男たちの物語『神の眠る星』シリーズ、第1話・前編です。

作中には、男性同士の恋愛関係が登場します。苦手な方、嫌悪感を覚える方は、ご注意下さい。

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

レビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?

小説情報

【神の眠る星】 天使は嘆きの歌をうたう

@shia0918
執筆状況
連載中
エピソード
6話
種類
オリジナル小説
ジャンル
SF
セルフレイティング
残酷描写有り 暴力描写有り
タグ
長編シリーズ シリアス トラウマ BL 天使
総文字数
56,148文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
0人
小説フォロー数
1

アクセス数