イケメン優等生はボッチになりたくない。

作者 澄川時乃

14

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

ラノベは『人生』だと思っているが優等生キャラを演じるためにオタク趣味をひた隠しにしている少年。異世界からやってきたという少女と出逢い彼の生活は一変する、というお話。
導入からネットスラングのようなものもあって、そこに戸惑う方もいらっしゃるかもしれませんが、それも含めてもWEB小説的だなと。

ですが、後半に出てくる「偽り」など――随所に散りばめられている要素が、そのままの異世界姫との学園ドタバタ劇では終わらないような可能性を感じさせます。

異世界姫との日常系のなかで、「清く美しく爽やかな(?)」蒼穹に咲く百合の花。それはいったい、どのような色なんでしょうかね。

何もなし得ていない自分がこのような言い方をするのはおこがましいというのを承知の上であえて述べさせていただくとすれば、才能の原石のようなものを感じました。

……三次元にしては頑張ってるじゃないか、カハッ(吐血)
うっかり二次元から浮気しそうだよ(イケボ)
※この作品は二次元です ※個人の感想です

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

物語を作るって言うのは難しいもんで、伏線はきちんと張って回収しないといけないし、キャラクターは整合性を持たせないといけない。そういう「計算されつくされた話」を追い求めて、何時しか見失ってた「ストレートな面白さ」みたいなものを思い出しました。楽しいです。後百合ヶ丘さんが可愛いと思う。