冷たい視線

作者 西SAN(水属性)

29

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

今私達がいるこの日常は果たして本物なのか?
あなたそう思ったことはありませんか?私は何回かあります。
例えば小説を読んだ時、アニメを見た時、色々あります。
果たして今いる日常は本物なのか?…と。実際のところ多分誰にも分からないと思います。なぜなら今この世界にいる人々は今いるこの世界こそが本当の日常と思っていると思うからです。もしかしたら私達が知らないだけであってこの世界のどこかでは小説のような展開が起こっているかもしれません。
もしかしたら私達にもその展開が起こるかもしれませんね。

★★★ Excellent!!!

「正常」と「異常」の境界線はどこにあり、いつその境界線を超えてしまうかは誰にも解らないし、超えた事すら気付かない・・・

我々が生きているこの現実の、もしかしたらすぐ隣にある現実・・・

そんな言いようもない不安と恐怖を感じる作品でした。

★★★ Excellent!!!

普段生活している日常。
この「日常」の中の「普通」や「正常」とはどうやって作られるのか。
そう。
繰り返し、擦りこまれ、それがいずれ「日常」になるのです。
今の「当たり前」がいつかは「異常」に。
今の「異常」がいつかは「当たり前」に。
そんなことを思わせる恐怖です。