花街の用心棒【ひとひら舞うは、追憶の花】

作者 深海亮

110

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

異世界ファンタジーの恋愛物が好きで他サイトでも色々読むのですが、最近で一番のお気に入り。
設定がしっかりしていて違和感無いし、登場人物は魅力的なキャラクターばかりです。特に主人公の雪花ちゃんが面白い!貧乏性で思考が金儲け優先。恋愛に興味が無い上に美形嫌い。
(色々苦労したからですが。。。)
テンポ良く進んで行くので、重たいストーリーの割にさくさく読めました。
第二部も始まり、雪花ちゃんの恋愛も含めどんな展開になっていくのかとても楽しみです。
たくさんの人に読んで欲しいオススメです。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

主人公のつっけんどんな態度がいい。作者は中華風ははじめてということですが、目に鮮やかなほどに風景が浮かびます。視点切り替えもきちんと話ごとにわけられているので、わかりやすかったです。地の文が少ないわけではないのに、テンポがよいため心地よく読めます。これは応援!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

花街で働く不憫な主人公と、皇帝の側近志輝との出会いを軸に物語が進んでいきます。

主人公を巡る謎。先のレビューにもあったけれど、分かりそうで分からない。本当にそう。
主人公以外にも、キャラの設定が練られていて、彼らの動きも今後が楽しみです。

自分的には恋愛よりも、過去に別れ離れになってしまった三人がどう再会するのか気になります。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

なろう様で知っていた作品の一つ。
正直主人公の印象は弱い。けれども、彼女を取り巻く人々の思惑が、主人公の謎と絡み合っていて、散りばめられている伏線がどう影響していくのか。

志輝という側近との恋は、恋とはまだ呼べず。今後どこへ向かうのか。
雪花は、生き別れた姉と再会はできるのか。
妃達のそれぞれの思惑は。

読めば読むほど、全てが絡み合ってくる。今後も目が離せない、ただの甘い恋愛だけはない物語である。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

これは、妓楼に売られた少女が用心棒として働く中、厄介な男に出会ったがために後宮の面倒ごとに巻き込まれていく話である。

一見すれば、平凡顔の主人公・雪花が、皇帝の側近である志輝に狙われる話にしか見えない。
しかしそんな恋愛模様の裏側で、幾多もの思惑が蠢いているのだ。

雪花の正体とは一体なんなのだろうか。
蘭瑛妃の実家たる姫家の過去とは。
志輝と雪花は一体、どうなるのか。

分かりそうで分からない話の展開に、ついページをめくってしまう。

どんな結末に至るのか分からないストーリに、今後も目が離せない。

さんがに★で称えました