花街の用心棒

作者 深海亮

フォロー 1話目から読む

借金返済のため、女用心棒は花街から後宮へ 深海亮

雪花は借金完済を目標に掲げながら、今日も花街で女用心棒として働いている。だがそんな日常が、とある麗しい貴人との出会いによって大きく変化する。借金を清算する代わりに、後宮でとある仕事をしてほしいと、貴人こと紅志輝は言うのだった。
そして後宮で過ごすうちに、捨て去ったはずの過去が見え隠れしだして―――。
中華風異世界恋愛ファンタジーです。

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

花街の用心棒

@Koikoi_sarasa
執筆状況
連載中
エピソード
48話
種類
オリジナル小説
ジャンル
恋愛
セルフレイティング
残酷描写有り 暴力描写有り
タグ
中華 恋愛 後宮 皇子 少女小説 女性向け 異世界 R15
総文字数
178,910文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
12人
応援コメント
0件
小説フォロー数
53

アクセス数