ニャクザ ~RIZING~

作者 既読

フォロー 1話目から読む

ニャクザの世界はだまし合いよ。だまされた猫が悪いんじゃ 既読

暴力と謀略が支配する野良猫たちの社会。猫たちは生き延びるために、ニャクザとなる。
かつて酸鼻を極めた“渋谷抗争”を制し、渋谷の王者となった銀二も、今は病み衰えた。
六本木天猫会は内紛に明け暮れ、恵比寿のカルデローネ・ファミリーでは、伝説的なニャフィア、ドン・カルデローネが臨終の時を迎えている。
混沌とする西東京に、新世代のニャクザたちが胎動していた――。

旧第一部/第二部(リライトして統合の予定です)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054880358489

目次

連載中 全39話

更新

  1. 第一章 渋谷抗争編
  2. 第1話 じいさん、ねんねの時間だよ
  3. 第2話 ニャクザの世界は、殺るか、殺られるかじゃけんの
  4. 第3話 ぼけこらニャクザなめてんじゃねえぞこのどチンピラがこらぼけ
  5. 第4話 この新宿で立派なきんたまつけて歩きたかったら
  6. 第5話 牛のクソにも段々っちゅうもんがあるんで
  7. 第6話 おれの目ん玉でよきゃあ、もってくといいぜ
  8. 第7話 でかい野良猫狩りが始まる
  9. 第8話 恋は育むものでなく、奪うもの
  10. 第9話 おき太、奔る
  11. 第10話 渋谷のニャクザは芋かもしれんが
  12. 第11話 二尋連合会
  13. 第12話 猫たちの袋小路
  14. 第13話 弟の墓に供える花を
  15. 第14話 渋谷のてっぺんに
  16. 第15話 頂点に立つ者
  17. 第二章 恵比寿ニャフィア編
  18. 第1話 子猫ちゃん、出ておいで。首をもいで、うちに飾ってあげるよ
  19. 第2話 黒い肉球の手形
  20. 第4話 未来しか見ていないような、そんな燃えるような瞳から
  21. 第3話 カルデローネ・ファミリー
  22. 第5話 コンシリエーレ・ルカ
  23. 第6話 目を覚ましたら、おれをほめてくれるかい?
  24. 第7話 おれにも、家族ができたような気分だよ
  25. 第8話 マタタビのにおいがする
  26. 第9話 飯の代紋
  27. 第10話 なあ、どんな夢だと思う?
  28. 第11話 その声、親父によく似ているよ
  29. 第12話 お前が天国に行けますようにって、毎日お祈りしてあげるからな
  30. 第13話 運命の奴隷
  31. 第三章 第三世代編
  32. 第1話 おうちの自慢よりてめえのきんたま明日もぶら下げてられるかを心配しな
  33. 第2話 猫に生まれたってことはな、自由に生きろってことなのさ
  34. 第3話 単にきらいなだけだよ。裏切りとか、そういうのが
  35. 第4話 誰が見たってあんたの勝ちだ、殺さないでくれ
  36. 第5話 ケツにつららをぶち込まれたような気分で
  37. 第6話 まるでトラックに跳ねられたかのようにぽんと
  38. 第7話 胎動
  39. 第8話 簡単に得た答えは、簡単に消えちまうんだ
  40. 第9話 てめえにババ引かされんのは、二度目だったな
  41. 第10話 血の鎖は、そう簡単に断ち切れるもんじゃあない
  42. 第11話 母さんを、生まれたところに眠らせてあげよう

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

ニャクザ ~RIZING~

@kidoku1984
執筆状況
連載中
エピソード
39話
種類
オリジナル小説
ジャンル
現代ファンタジー
セルフレイティング
暴力描写有り
タグ
ニャクザ ヤクザ アウトロー アクション シリアス デデーン 任侠
総文字数
100,066文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
50人
応援コメント
3件
小説フォロー数
47

アクセス数