Fランク魔法使いのオレが、この世界をどうのこうの…

作者 水樹 栄都

169

64人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

個性際立つ登場人物たちがもつ魅力に、ググッとハートを掴まれました。

気分はもうすっかりFランクで、軽いヒール系なら使えそうな気持です。
私はこちらの作品に出合って、すっかり〇〇虫が好きになってしまい、1日1度はその言葉が頭をよぎってしまいます。

軽妙な語り口にグイグイ惹かれながら、時にホロリが胸に迫りました。
ほーんとーうに面白かったです!

更新を心待ちにしています。


さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

誰しもが持つ怠惰の感情。その権化と言うだけあって、主人公の怠けたいと願う感情と彼の趣味への熱意がヒシヒシと伝わってきます(笑)
しかし、そんな彼を嘲笑うかのように、はたまた天が命じたかのように次から次へと難関や問題が降り注ぐ。
そしてFランクという最低ランクに位置する魔法使いの彼が、この世界を変えていくキーマンとなる―――のでしょうが芯(怠惰欲)が変わらないという点に愛着を覚えます(笑)

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました