Fランク魔法使いのオレが、この世界をどうのこうの…

作者 水樹 栄都

144

54人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

誰しもが持つ怠惰の感情。その権化と言うだけあって、主人公の怠けたいと願う感情と彼の趣味への熱意がヒシヒシと伝わってきます(笑)
しかし、そんな彼を嘲笑うかのように、はたまた天が命じたかのように次から次へと難関や問題が降り注ぐ。
そしてFランクという最低ランクに位置する魔法使いの彼が、この世界を変えていくキーマンとなる―――のでしょうが芯(怠惰欲)が変わらないという点に愛着を覚えます(笑)

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

歴史がしみ込んだ王族。ただの、王族ではなくまるで地層の中に歴史がしみ込んだように完璧に仕組まれたイルミナティー。
それを守るべく、また、戦うべく現れる数々の登場人物の表現力にとっても厚みがあり、全て、英雄のように感じるくらい。ハートの分厚い物語。著者様の心の広さと、人を思いやる大切さが、全てのステージ展開に見ることが出来、とっても、気持ちよく読むことが出来ました。
これだけの文章量を書き続けるエネルギーはきっと、著者様は王族の出身の方かと思うくらい、現実味があるお話です。
ぜひ、皆様もお読みくださいませ!!