恋愛抑止機構 AIDMA

作者 結愛みりか@新連載夏頃準備中

40

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

SFと恋愛の融合――といっても、こういう融合の仕方は想像していませんでした。相手が宇宙人とか、わくわくしてきます。

SF小説の肝である設定・世界観が、綿密に構築されており、素晴らしい。SFと恋愛の融合と書きましたが、感覚としては、SF7割恋愛3割という感じ。ガチSFファンの読者にも気に行ってもらえる内容だと思います。

オムニバス形式で、短編(といっても、そんなに短くはないですが)がいくつも連なっていく、という形の小説です。だから興味がつきない。次はどんな相手が出てくるのだろうという気持ちになります。

★★★ Excellent!!!

緻密に構築された世界設定。
まずはそれに圧倒されることと思います。
しかし、そこで一歩退かず、飛び込んでいただきたい。
そこには上級アンドロイド官吏に仕組まれた、儚くて切ない、あたたかな恋があります。
それも、銀河レベルの純愛です。

勇気を出して踏み込めば、いつのまにやら、作者様の深く濃厚な知識と、綺麗な部分だけでないキャラクターたちの心理描写の世界に引き込まれること間違いなしの未来型恋愛SFは、きっと、心にあたたかいものを残してくれるでしょう。

ぜひご一読ください!

★★★ Excellent!!!

 宇宙人女子に地球の男子がネットの世界で恋に落ち、そのまま犯罪に発展それを取り締まり、未然に防ぐ機関、それがAIDMA。
 恋愛を宇宙、時空を超えた規模で扱うという大胆な試み。
 心理学、生物DNA工学も交えた、読み応えのある一作です。

 (チョコレートの隕石、欲しいけど直撃受けたくない……(-_-).。o○0〇

★★★ Excellent!!!

まず、タイトルの『恋愛抑止機構 AIDMA』とは何か。

読者はここから惹きつけられることだろう。

そしてページを捲った瞬間から、すでにしっかりと構築された独創的な世界観に引き込まれる。

宇宙間の恋愛に関する犯罪を未然に防ぐために作られた機関というだけで、既に、LOVEサスペンスの臭いが……

読み進めれば進めるほど、青春あり、可愛らしい恋愛あり、そして、謎あり。

それだけにとどまらず、ファンタジー要素まである作品。

深くここに書いてしまえば、ネタバレになってしまうので書くことは出来ませんが、この不思議かつ、独特な世界観を是非、味わってほしい。

オムニバス作品ということで、まだ、AKIRA編しか読み終わってはいませんが、彼らの話がどのように繋がっていくか。

それとも、まったく繋がらずに終わるのか。

この『機関』自体の結末までを読み続けていきたいと思います。

★★★ Excellent!!!

第2章まで読了しました。マルルーモもクーリャも、一生懸命恋愛していたのが印象的です。相手に選ばれた人が、どんな風に対応していくのか、見守りながら読みました。不可思議な世界なのに、身近に感じるから何とも不思議です。どちらも切なく温かい物語になっています。続きに期待しています。

★★★ Excellent!!!

宇宙の恋愛について語るお話です。

第一話を読んでのレビューですが、すでに世界観は構築されており、話の物語も過去からとなっているので、スピーディーに展開されています。

そのため、これは何の話? という疑問点を持つことなく読めるのは大変、読みやすいですね。

長編ですので、ぼちぼち読まさせて頂きます。

シナリオは面白そうなので、展開次第では大きく読者をつけることができる話になりそうですね!

この話の完結を願って、星3つ送らせて頂きます。