つまり、タイムリープは出来ないってこと

作者 水鏡月 聖

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全37話

更新

  1. 時間跳躍したある男の一日
  2. 目が覚めると……
  3. 進めなければ、戻れもしない
  4. 娘と孫と
  5. 無くなってしまったもの
  6. まだ残っているもの
  7. 最後にやっておかなければならないこと
  8. 一日という人生の終わり
  9. 青春文楽家の時間跳躍
  10. 2章  青春文楽家の時間跳躍・再開
  11. いまさらながら
  12. 竹取物語の考察
  13. 彼女の使う、時間の魔法
  14. 恋禁術
  15. 3章 恋禁術(れんきんじゅつ)
  16. 奥手山先輩
  17. 桜木 真理
  18. 玄野 菫
  19. 伊達 春樹
  20. 白咲 百合
  21. 悪い噂
  22. 心残り
  23. もう一度あの頃へ
  24. 時間が止まる
  25. 4章 時間が止まる 時間の流れの相対性
  26. それを口にしてはいけない
  27. 疑惑
  28. 時間が止まる
  29. マウスに何が起こったのか
  30. 動き出した思いと、動き出さない時間
  31. もう、止まらない想い
  32. ずっと言いたかったこと
  33. 5章 ずっと言いたかったこと
  34. 何が真実で、なにが虚構なのか
  35. つまり、タイムリープは出来ないってこと
  36. 終章 つまり、タイムリープは出来ないってこと
  37. なぜなら……
  38. 夏のタイムリープ
  39. 彼のタイムマシン
  40. 僕のみつけたタイムリープ
  41. 過去へ跳べ
  42. つまり、タイムリープとは。