汝ら、シェイクスピアの匙を拾え

作者 玉鬘 えな

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全51話

更新

  1. ・序幕・
  2. ・序・夫婦喧嘩は犬も逃げ出す
  3. ・序(その2)・恋は盲目、ろれつももつれ
  4. ・第一幕・
  5. ・その壱・縄の切れ目は縁の切れ目
  6. ・その弐・家出は道連れ、夜もすがら
  7. ・その参・陽炎に腕押し、天狗火に釘
  8. ・その肆・恋薬は砂に似たり
  9. ・その伍・ここであったが数刻目
  10. ・その陸・飛んで火に入る愛の姫
  11. ・その漆・見つめる先の恋敵の先の恋敵
  12. ・その捌・妖人同舟、相救う
  13. ・第二幕・
  14. ・その玖・主、付き人を待たず、逃げ足矢の如し
  15. ・その拾・天狗火は天狗より出でて天狗に頭上がらず
  16. ・その拾壱・長椅子担ぐも他生の縁
  17. ・その拾弐・企鵝愛でる姫も好き好き
  18. ・その拾参・前門の烏天狗、後門の海坊主
  19. ・その拾肆・煙は薄くてもきちりと役立つ
  20. ・その拾伍・砂掴みにくく恋成り難し
  21. ・第三幕・
  22. ・その拾陸・鳴かぬ夏帆が身を焦がす
  23. ・その拾漆・陽炎心と秋の空
  24. ・その拾捌・先んずれば人を誤つ
  25. ・その拾玖・妖怪多くして人迷宮に入る
  26. ・その弐拾・覆水盆に返したし
  27. ・その弐拾壱・青天の九尾
  28. ・その弐拾弐・絵に描いた男女は交わらぬ
  29. ・その弐拾参・薬に縁りて恋を求む
  30. ・その弐拾肆・噂をすれば狐舞う
  31. ・第四幕・
  32. ・その弐拾伍・陽炎の心、天狗火知らず
  33. ・その弐拾陸・夜目遠目陰のうち
  34. ・その弐拾漆・木の衣を借る某
  35. ・その弐拾捌・眼には眼を、得手に帆を
  36. ・その弐拾玖・合縁奇縁、宴の庭
  37. ・その参拾・海坊主は芥を択ばず
  38. ・その参拾壱・泥中の陽炎
  39. ・第五幕・
  40. ・その参拾弐・思い出は小説よりも
  41. ・その参拾参・小説よりもなお、妖なり
  42. ・その参拾肆・五難去ってまだ一難
  43. ・その参拾伍・役立つもの、必ずしも機器ならず
  44. ・その参拾陸・劇作家でも草津の湯でも
  45. ・終幕・
  46. ・終・文豪も匙を投げる
  47. * * * * *
  48.              
  49. ・舞台裏小咄・
  50. 春海学園生徒会室の事件簿
  51. その壱 ~発露~
  52. その弐 ~証人 一人目~
  53. その参 ~証人 二人目~
  54. その肆 ~証人 三人目~
  55. その伍 ~対策本部にて~
  56. その陸 ~現場検証~
  57. その漆 ~追及~
  58. その捌 ~落着~
  59. その玖 ~後始末~
  60. 百鬼徒然
  61. 陽炎は天狗火よりも強し
  62. 独りがたり
  63. 仙人掌