双角のアリエス

作者 結城凛

フォロー 1話目から読む

平和な世界に、辿り着くまで——。 結城凛

西暦2060年。軍事産業の発展により、人型兵器が国家戦力の中心となった世界。

骨角器と呼ばれる人型兵器が世界各地で発掘され、その比肩できないほどの機体性能から、国家間の優位性を決める新たな存在として、世界各地における紛争の火種と化した。

進行したグローバル化によって、曖昧になりゆく国境線。骨角器を保有する武装組織が氾濫し、世界は徐々に、戦乱の再来を予感していた。

——テロ組織<アリエス>もまた、その氾濫する武装組織の一つだった。

「平和な世界に、辿り着くまで——」

シュウたち少年隊が先陣を切り、<アリエス>の首都侵攻への道程が、いま幕を開ける。

目次

連載中 全44話

更新

  1. 第1章 神の目覚め
  2. プロローグ 沈黙の神
  3. 第1話 進軍前日
  4. 第2話 火蓋
  5. 第3話 遊撃
  6. 第4話 暴風の神<ヴァーユ>
  7. 第5話 開闢
  8. 第6話 目覚めの咆哮
  9. 第7話 <ルドラ>の力
  10. 第8話 合流
  11. エピローグ ここにいる理由
  12. 第2章 見捨てられた村
  13. 序幕 叫び、届かぬ深淵より
  14. 第1節 堕ちたその手を取ったのは
  15. 第9話 <アリエス>の行進
  16. 第10話 友として
  17. 第11話 砂漠戦
  18. 第12話 血色の希望
  19. 第13話 二人の境遇
  20. 第14話 君を知る、その時まで
  21. 第2節 想い出を忘れじ
  22. 第15話 暇の一幕
  23. 第16話 グラザ村へ
  24. 第17話 衰廃の故郷
  25. 第18話 冷遇
  26. 第19話 持つべきもの
  27. 第20話 探り合い
  28. 第21話 悪魔の誘い
  29. 第22話 孤軍奮闘
  30. 第23話 雷霆の神<インドラ>
  31. 第24話 弱者の矜持
  32. 第25話 天に吼える
  33. 第26話 慟哭
  34. 第27話 戦いのあと(前編)
  35. 第28話 戦いのあと(後編)
  36. 第29話 篝火の灯る夜
  37. 終幕 それは、一方通行への旅立ち
  38. 第3章 海の向こうに
  39. 第30話 ドゥーエル港まで
  40. 第31話 初めての海
  41. 第32話 さらに先へ
  42. 第33話 ニタの器
  43. 第34話 光
  44. 第35話 変わる心、変わらない約束
  45. 第4章 小さな世界の片隅で
  46. モノローグⅠ とある英国の兵士
  47. モノローグⅡ 国連派遣軍
  48. モノローグⅢ 断片—ヴァンデット—
  49. 第36話 開戦
  50. 第37話 首都を駆ける

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

双角のアリエス

@fly-shoot
執筆状況
連載中
エピソード
44話
種類
オリジナル小説
ジャンル
SF
セルフレイティング
残酷描写有り 暴力描写有り
タグ
人型兵器 ロボット 紛争 テロ組織 インド神話 少年兵 カクヨムオンリー
総文字数
218,681文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
4人
応援コメント
1件
小説フォロー数
9

アクセス数