灰色探偵ダニット

作者 星埜銀杏

14

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 フー。
 ホワイ。
 ハウ。

 ダニット一家はヒントをお金で売って真実を提示する。
推理しながら私も読みましたが、最後以外は全て分からずじまいでした。
 本格的な推理小説でありながら、濃いキャラクター達が紡ぐ物語は、読む手をどんどん進めさせます。

 手持ちがどれくらいなのかを計算しながら読むとさらに楽しいので、これから読む方は是非ともそのように読んでみてはいかがでしょうか?

★★★ Excellent!!!

――

まずは全てが完璧に組み合わされたプロットで、本当にすごいなと。なんて陳腐なんだろう私の言葉は。例えばこれがどこかのテレビ局でドラマ化されたらフーのキャスティングは誰がいいかな、ぐらいのワンダーな光景が、読みながら頭に浮かびました。

いきなり解決する事件。強制的に倒叙ミステリされる語り手、ちょうどなぜかかのアレについて気になってたこともあって動機はピンときたのですが、


ラストはやられた、と思いました。これは面白い。

面白い。もう一回書きたい。これは面白い。

で、後から追記ですけども、冷静になってよく考えてみると、これは攻略サイト付きウミガメのスープではないかと思いました。ヒントシステムが、いわゆるヒントコイン的な、ゲームっぽい感じ。私なんか最初のしょーもないところで全部ヒント使ってしまいそうです。最初の導入で、すでに大ヒントが示唆されてるのも、よくよく考えるとすごいな。