8-15 王者の試練

「あ、あれ?」


 唐突に目の前に見知らぬ光景が広まって、ジーニックが頓狂な声を上げた。


「どこでやす、ここ? あんまり見かけない場所でやすね?」


 記憶をまさぐり、引っ掛かるものがなかったらしく、ジーニックはきょろきょろと辺りを見回しだした。


 ゆるやかな丘陵が広がる、広漠としていながら緑深い土地だった。

 遠くに繁茂した森が見え、反対側を望めば、はるかにきらきらと大きな湖が見える。

 そこまで続く、蛇行した藍色は、かなりの大河であろう。


「ええと、今の今まで、六大神が神聖六種族を創造するところにいた、でやすよね?」


 ジーニックは、目をぱちくり。


「ああ。まさか、オルストゥーラさんが、生存に適さない、砂漠だらけかつ魔物だらけの土地をホームにする代わりに、霊宝族が他よりちょっと有利な能力を備えることを認めさせる……ってのは、驚いたぜ。そういうことだったんだな」


 ゼーベルはうむうむと唸った。


「妖精族が自然の恵みを感じ取りやすい体質に作られたとか、感動したけどさ……そう思った矢先に、ここってどこなの?」


 マイリーヤがきょろきょろした。


「何だかあったかい……っていうか、ちょっと暑いくらいだね。周りの植物とか、原素の流れとか、あんまり記憶が」


 オディラギアスが、ふむ、と鼻を鳴らした。


「周りの植生から判断するに、恐らく、ここはルゼロス国内だな。しかも、かなり南の方だろう。ガリディサ王国との国境付近かも知れん」


 ガリディサ王国とは、ルゼロス王国の南に国境を接する、主に蛇魅族が中心になって建国された国だった。

 そう巨大な国ではないが、地下資源に恵まれ、そこそこ豊かな国である。

 ゼーベルの両親は、この国からルゼロス王国に流れてきたらしい、という話を、彼がうっすら記憶していたが、ゼーベル自身は実際にそのルーツとなる国へ足を向けたことはなかった。


「うむ。気付いたか。真面目に勉強しているのであるな、偉いぞ!! 流石このミッションに選ばれたPCプレイヤーキャラクターであるな!!」


 例のキンキンした声が聞こえてきて、オディラギアスはそろそろと首を動かした。

 あんまり、見たくはなかったが。


「あ、中二神」


 ぞんざいな口調で表現するイティキラに、中二神ピリエミニエは、背中の翼をふぁさーと広げた。


「ふふふ。おまいらの言う中二は、この世界で言うなら絶対法則であるぞ? その自覚の元に行動せよ……っても、これから始まるミッションには、あんまり関係ないケドネー。どっちかつうと、大人の自覚が求められる話ですよ聞いているのか旦那!!」


 びしぃ!! と指さされて、オディラギアスはとりあえず視線を戻す。

 なんだこの状況……


「畏れ多くも、ピリエミニエ様」


 神への敬意を根っから叩き込まれている巫女、レルシェントが静かに尋ねる。


「ミッション、とはどういうことでしょう? 我々は、母である大司祭に下された、『全知の石板』がこちらに存在するという預言に基づき、参上いたした次第でございますが」


 あまりのことに、皆すっかり忘れていたが、「全知の石板」はどうなったのだろう。

 どうも、予想していたものと大幅に違う方向に向かっているような……


「まー、焦るでない、ちちしり娘」


 あんまりにもあまりだという呼び名でレルシェを呼びつけ、ピリエミニエ神は、ふぁさーと羽ばたいて彼女に急接近。真正面に立つと、いきなりわしっ!! と、レルシェントのダイナマイツな胸を鷲掴みにした。


「きゃっ……えっ……!!」


 神への敬意が溢れすぎていて、振り払うにも振り払えないレルシェントの態度をいいことに、中二女子に見える神は、むにむにと胸を揉み続けた。


「『全知の石板』は、おまいらがこのミッションをクリアしたら、きちんと手渡すつもりである。今はオルストゥーラ女神が保管しているゆえ、案じることはないぞ、ひょほほ」


 むにむにむに……

 レルシェは完全に固まっている。


「お、恐れながらピリエミニエ神よ」


 これは怒っていいものか、と困惑しながらオディラギアスがそう質問をさしはさんだ。

 話を長引かせず、さっさと追い払わねば。

「ミッション」とやらが何だか知らないが、訊き出せばいい。


「我々はどういったミッションを行えば」

「あ、うん。この丘をずっと超えたところにね。街がある。遺跡も近い。そこで、『世界にとって最善の選択』をしてもらう、というミッションなのな……ええ乳やなー。おまいさん、幸せ者よな、むっつり龍王子」


 ……なんか、「お前に言われる筋合いはない、つか、俺の女から手を離せ」と言いたいところであるが、注目すべきはそこではなく。


「遺跡近くの街で、最良の選択……」

「うん。そう。兵隊さんが集まってるのね。護衛士っていうの? 委託されて遺跡攻略する人らだけど、今回は、ちょっとヤバイことに手を染めてんのね」


 どういうことだろう。


「このミッション、名付けて『王者の試練』。説明はいじょー。実際、どういうことになってるかは、おまいら六人揃って確かめてきや!! ぢゃっ!!」


 最後にむにっ、とレルシェの胸を最後に強く揉んでから。


 中二属性に今やセクハラ属性も上乗せされた神・ピリエミニエは、一瞬で消え去った。


 固まった六人の英雄の間に、ひゅるん、と風が吹き過ぎた……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料