5-6 巡り巡る想い

「はぁ~~~っ……」

 薄暗い地下牢に、重たい溜息が落ちる。


「……落ち込むなとは、言わないよ」

 珍しく、物静かにイティキラが口にした。

 彼女は、獣がうずくまる姿勢で薄暗い地下牢の一室に座り込んでいた。

 目の前には、頑丈そうな鉄格子。

 こんな本格的な鉄格子など、イティキラは生まれて初めて目にするくらいだ。

 腕と四肢の先に付けられた鎖が重い。

 だが、不平を口にしたところで、これがどうにかなる訳ではなく。

 それに加え、もっと気がかりなことがある。


 彼女の向かい側の牢には、ジーニックが閉じ込められていた。

 やはり両腕を鎖で繋がれているが、彼が嘆いているのはそういうことではなかろう。

 ジーニックは、途方に暮れた子供のように冷たい石床に膝を抱えて座り込み、体を丸めていた。男性にしてはやや小柄なせいか、そうしていると本当に子供っぽく見える。


「何回も言ってるけどさ」

 イティキラは、しっかりしろ、と声を荒げたくなるのをぐっと抑える。

 彼女もあの世界で、他人を指導する立場にいたことのある人間だ。

 こういう状態の人物に、下手に発破をかけるようなことを言えば、本当に砕け散って塵しか残らないことはよくよく知っている。

「あんたのせいじゃない。それは勘違いしたら駄目だよ。この一連のこと、何から何まで、あんたは悪くないからね?」

 静かに、一言一言はっきりと、イティキラは刻み込むように告げた。


 ふいっと、ジーニックが顔を上げる。

 弱々しく笑った。


「ありがとうでやんす。それは……一応は、分かってるんでやすよ、理屈としては」

 はぁあ、とまた深い溜息。

「でも、ぐるぐる考えちまうんでやんすよ。あっしが兄貴になんか悪いことをしてきたのかなとか。……何か、波風立たない方法、なかったのかなとか」

 イティキラは、自責と自己嫌悪の泥沼から、何とか這い上がろうとする、しかし足を取られ続けるジーニックを笑えない。

 同時に、腹が立つ。

 彼にではなく――彼をこんな地獄に押し込めて、今頃礼金片手に高笑いしているであろう、あの無慈悲で低劣なケイエスに。


「ジーニック。太守さんが言ってたろ? あれが全てだよ」

 イティキラは言葉を選ぶ。

 かつて弱く幼い者たちを導くために培ってきた技術、それが今役に立つ。まさに、昔取った杵柄。

「太守さんの言葉だよ。説得力あるだろ。だって、あの人、に、ずっと悩まされてきたに違いないんだからさ――あんたみたいに。身分は違うけど、似たような状況だったんじゃないの?」

 のろのろと、ジーニックが顔を上げた。

 目をぱちくりさせる。


「ああ、間違いねえぜ。イティキラの言う通りだ。オディラギアス様だって、優秀であるが故に、出来は悪いが地位だけは高い兄弟に妬まれて大変なんだぞ」

 野太い声は、イティキラの牢の隣から聞こえた。

 ゼーベルだ。

「おめえの兄貴みたいな兄弟、オディラギアス様にゃ沢山いるぜ。とにかく、あの人がなにをしても気に入らねえのさ。自分より出来がいい、んで、器も大きいって、いやってほど分かってるからな。後はいじめるだけなんだ」

「そうでやすか……」

 ふと、どこかほっとしたような、そんな自分を隠したいような微かな声で、ジーニックは呟いた。

「なんか受け継ぐものがあると、どこでも同じ、なんでやすかね……」


「太守さんがそうだからって、あんたの痛みが軽くなる訳じゃないとは思うけどさ。とにかく、話に聞いた太守さんの立場にあんたを置き換えてみな? どういう状況だか、冷静に見られるだろ?」

 イティキラが、そう言いかけると、ジーニックは何か考え込む表情をし。

 ややあって、うなずいた。

「……分かるでやんす。……そういうこと、なんでやすね……」

 更に救いのない何かに気付いたのか、ジーニックの溜息は重くなるが、声にわずかだが力が戻った。


「太守さんとこの場合は、王位がかかってるってことなんだろうけどさ」

 こんどの鈴のような声は、マイリーヤのはす向かい、ジーニックの隣から聞こえた。

 そこに押し込められているのは、マイリーヤだ。

「ジーニックん家の場合は、家督ってやつかあ……大店おおだなも大変なんだね」


 だが、ジーニックから返ってきたのは、力ない笑い。

「家督っていっても、うちは王族でも貴族でもないでやすからね。商家なんだから、子供が増えても暖簾のれん分けでもすりゃいいだけの話で……」

 今度はイティキラが溜息をついた。


「あんたの兄さんには、それが分からなかったんだよ。だから、これはあんたの問題じゃなくて、あんたの兄さんの問題」


 そうきっぱり言い聞かせると、ジーニックは再び何かを考え込み。

 そして、何かが胸に落ちた顔になる。

「あんたは、兄さんの問題に巻き込まれただけ――分かる?」

 ジーニックは、どこかぼんやりうなずく。

 完全には納得していないかも知れないが、筋は通っていると判断したのかも知れない。

「医者でもアドバイザーでもないあんたが、身内とはいえ他人の問題をどうにかしてやろうとしちゃ駄目だよ。まず、無理」

 キッパリ、イティキラは断言した。

「後は、自分の問題に集中しなきゃ。まー、こっちの問題も、簡単ではないけど……」

 イティキラは、周囲の石壁と鉄格子を見回す。


「あー……心配だなー、レルシェと太守さん、大丈夫かなー。拷問なんか、されていないだろうなあ……」

 不安げな声を上げたのは、マイリーヤだ。

「いや、悲鳴らしきものも聞こえねえからな……尋問はされてるかも知れねえが、拷問まではねえと願いてえが……」

 苦虫を噛み潰す表情が想像できる調子で、ゼーベルが呻くのが聞こえた。

「……とにかく、ここから全員で逃げ出さないと。悪いけど、お国の偉いさんの都合に付き合ってなんか、いられないからね」

 イティキラはぽんと投げ捨てるような口調で呟き、再度周囲を見回した。

 先ほど確かめたが、鍵は頑丈、そして石壁も石の床も分厚い。

 普通の方法で逃げ出すのは不可能だ。


「逃げ出すも何も。まず、六人揃わないことにはなあ……」

 ゼーベルが再度呻く。

 と。


 ちりちり、ちりちり。


 何か、繊細な音が聞こえてきた。

 例えるなら、鈴を軽く打ち振る音だろうか。

 金属の鈴とは、微妙に違う音――

 この中のメンバーの記憶の中にある音で言えば、上等な陶器の鈴を振る音に近いだろうか。


「……なに、この音?」


 ぎくりとしたマイリーヤの声にお構いなしに。

 音は、だんだん大きくなっていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!