【オムニバス短編集】🎩🔎紫桐兄妹の探偵奇譚/Mysterious detective story of SHITO brother and sister

作者 長束直哉

76

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

連作短編のメリットである取っ付きやすさ読みやすさはもちろんのこと、本格ミステリとしての骨格をしっかり備えた上に謎解きの楽しさも高次元で実現させた、珠玉の連作短編集です。密室要素多めの不可能犯罪に安楽椅子探偵、暗号や日常系に加え、サスペンスタッチの異色作まで! 話の性質上詳しく伝えられないのが残念ですが、目の肥えたミステリ玄人の方々にも必ずや満足していただける、素晴らしい出来栄えとなっております。

プラス、最低限かつ不可欠なキャラ造形も作品の面白さに貢献しています。超人探偵を独り創れば優れたミステリは書けるかもしれませんが、京極堂の例然り、真に面白い読み物たるには、翼のような魅力的なキャラや、滝沢刑事のような愛すべき存在が絶対に必要なのです!
特に翼ちゃんは!!
よって妹萌えの方にも激しくオススメです!!!

★★★ Excellent!!!

――

短編だからライトかなと思ってたら本格的な物でした。
心構えができてなかったので、何度かページを行ったり来たりしてしまった。
それでも投げ出さなかったのはこの短編に魅力があったからだと思います。

夜長に本格的な推理物を読みたいなら、これはおススメです!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

引き込まれます。とにかく情景描写に関しては、読み手である自分も一部始終をその場で過ごしているかの様に詳細に、写実的に描かれています。
ワクワクしながら「ひょっとしたら、こうかな?」などと登場人物と一緒になって推理する、推理小説の醍醐味がここに詰まっています。

★★★ Excellent!!!

――

ガチの本格推理小説です。一般的なミステリーではなく、もっとディープな本格推理。数学的思考力がためされるような推理小説。

とはいっても、連作短編といった形式なので、そこまで構えずに、とりあえず第1話だけでも読んでみてください。

特に、本格推理小説を読んだことないという方には、こんな小説もあるのだと、新鮮に感じられることでしょう。

あともう一つ。副題の付け方もカッコいいです!しびれます。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ミステリで短編で……というと、想い出すはヒッチコック。
それから、星新一作品集。この作品はそんな歴代の良作を踏襲しているように感じました。

探偵ものはこうあって欲しい!とのポイントを押さえています。
まだ読み始めたところですが、読みやすさと、タイトルや構成のセンス、細かな描写、ミステリの香りなど、もう★★★つけちゃいます。

ドラマ部門に参加されているのですね。
うん、これは*****劇場 のように格調高く本格探偵ミステリとして観たいかも。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

殺人事件を追う探偵の話です。

第1話 双数は待遇にある、という話を読まさせて貰いました。

かなり凝っている設定で、一度では理解できなかったのですが、読み直すうちに、ああ、なるほど、となる頃には物語に入り込めています。

いいオチでした!

次の話にも期待して星3つ送らせて頂きます。

★★★ Excellent!!!

――

ミステリィ書くのってやっぱり相当な技術が必要なんですね。
単純に理屈を構築するだけでなく、読みやすく、かつ読者を引き込むだけの熱量が必要で
Web小説ではそれをすべて満たせる作品ってなかなかないと思うんです。

筆者の「是非読んでもらいたい」という気持ちが切々と伝わる中、ページをめくりました。

そして、謎解きのところでは……鳥肌立ちました。
(というか解決までが凄く早い!)

途中にある算数(数学)問題が楽しい。

★★★ Excellent!!!

――

探偵が難解な事件を見事な推理で解決していく正統派ミステリーで、探偵物のミステリーが好きな方には是非お勧めしたい作品です。

短編ながら何れも骨格のしっかりとした内容で、一筋縄では解けない謎に魅了されっ放しでした。

特に『騒霊は屈折する』のラストの余韻が堪りません!

さんがに★で称えました