はなひらかねど

作者 清久 志信

21

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

よくある「恋愛小説」ではないです。でも、すごくすごく「恋愛小説」です。
恋愛っていうのは、甘やかし甘えることではなく、支えられて支えること、と考えるのもありかなと思います。まあわたしは甘やかし甘える恋愛も大好きなんですけど。
ただ、人の数だけ恋愛のかたちがあって、咲子と晴希の間にはこのかたちがぴったりだったのだって、すごく腑に落ちました。べたべたしているのが似合うふたりもいれば、こういうふうにあっさりとしつつでもしっかりと手をつないでいる関係性が似合うふたりもいるわけです。
これからもふたりは、ずっとお互い大事な盟友であり、そして家族になっていくんだろうなあって思うと気持ちがふわふわしてしまいます。
個人的には、妙子ちゃんと彼氏の行く末(笑)が気になったり……。

★★★ Excellent!!!

このお話には、説得力があります。
永らくただキャラクターたちがイチャイチャしているだけの恋愛ものに苦手意識をもって生きてきましたが、咲子と晴希の二人の繋がりにはとても好感がもてました。これこそが、恋愛のリアルなのではないかと。
男女という枠を越え、人と人としての繋がりをゆっくりとあたためていった二人を、応援せずにはいられなくなりました。

私も彼氏にがっつり胃袋掴まれるっていう経験をしてみたいなあ(笑)

★★★ Excellent!!!

まずは、テーマや設定が素敵だなと感じました。
世の当たり前が、誰かの当たり前とは限りません。2人もそうです、違ってもいい。
だけど、その「違い」に囚われすぎるのはよくない。
2人は「恋愛しない自分」に囚われているのか、それともただ本当に「友達」なのか?
これからの展開に期待が膨らみます!(*^^*)


今後の更新、待ってます。