スウィングしなけりゃときめかない!―教師なワタシと身勝手ホゴシャ―

作者 氷月あや

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全32話

更新

  1. 第1章 ジャズの大海原に飛び込んで
  2. 「運転手さん、前の車、追い掛けてください!」
  3. 「ス、スクリュードライバーのウォッカ抜きでっ」
  4. 「演奏は超一流だ。聴いて驚けよ」
  5. 「今は帰れ。おれの仕事の邪魔だ」
  6. 第2章 居食屋・飛梅と先生的小学校ライフ
  7. 「異次元に行ってきました」
  8. 「明日も突撃しなきゃ!」
  9. 「わたしたち教員は出会いがないよなーって」
  10. 「ああぁぁ、今日は眠いぃぃ……」
  11. 第3章 その正体は身勝手ホゴシャ!?
  12. 「とにかく乗れ。御託は後で聞いてやる」
  13. 「落ち着け、先生。声デケェよ」
  14. 「先生、おれに興味あるわけ?」
  15. 「ジャズって、アドリブを尊重する音楽ですよね?」
  16. 第4章 恋はもつれて絡まって
  17. 「誰だか知らねぇが、お呼びじゃねえってんだ」
  18. 「求められる理想が高すぎたの」
  19. 「食って元気になったってとこか」
  20. 「ごめん、俊くん」
  21. 第5章 先生たちの放課後ディナー
  22. 「先生、あんたの手柄だよ」
  23. 「じゃあ、香港フィズの紹興酒抜きで」
  24. 「こら、あきらめるな。若返れ」
  25. 「送り狼になるためだって言ったらどうする?」
  26. 第6章 あたしの先生をかえしなさい!
  27. 「すみません。わたし、何も考えてなくて」
  28. 「それは……おめでたい話、なのでは……?」
  29. 「勝手なことしてんじゃねぇよ」
  30. 「まあ、ジャズは訛りのきつい言語だから」
  31. 第7章 スウィングしなけりゃ意味がない!
  32. 「ほら、ドラムとピアノって似てるだろ?」
  33. 「ほんとに、とことん弾いてもいいんですか?」
  34. 「おれは、クレイジーになり切れなかった」
  35. 「わたしの恋人役、演じてもらえませんか?」
  36. 第8章 ここから始まるラブストーリー
  37. 「おれとなぎさの関係くらい想像つくだろ」
  38. 「そーいうことは断じてしてないっ!」
  39. 「なぎさ、好きだ」
  40. 「やっとなぎさのガードが解けた」