九十四 振目 初めての刀剣を選ぶなら2

 初めての刀剣、どこで買うかによっても全く違ってきます。

 品がどうこうでなくって、刀剣が好きでいられるかといったレベルで……。


 現代人というものは、大量生産大量消費の時代の中で定価制度や均一品質に慣れきり、性善説ならぬ店善説のような意識がありまして。店が騙してくるはずがない、酷い品を売るはずがない、といった事を無意識に信じてます。

 まずはそうした固定観念や、自分だけは騙されない、自分だけは不良品を掴まされない、自分だけはぼったくられない、そうした気持ちを捨てる。

 店を疑って店員を疑って値段を疑って品を疑う――。

 なんだか刀剣界が非常に酷い場所に思えますが、それぐらい警戒をした方が良いのは事実です。


 刀剣が好きで好きでという人が一生懸命お金を貯め、ようやく憧れの刀を買ったらまさかの偽銘刀。高い買い物をしたり、再刃や繕い刃や出来の悪い品を掴まされたり。結果、ショックで刀剣が嫌いになるパターンは、けっこうあります。

 一般的感覚からしますと、「それ詐欺では?」とか「刀剣店を訴えるべきでは?」とか「客にそんな事すれば自分で自分の首を絞めるだけでは?」と思うでしょうが……しかし、それが通用しないのが刀剣界。


 この「騙した、騙された」という部分は極めてグレーゾーン。

 再刃や繕い刃を売ってはいけないルールはどこにもなく、定価がないから値段設定は店の好きで構わない。偽銘を売っても、茎に記された銘の通りに売っただけなら嘘ではない。

 法律上の詐欺と、刀剣の「騙された」は全く別。

 あげくに……なんと言いますか、刀剣界の根底には「騙されてこそ見る眼が育つ」とか「騙されながら一つずつ勉強していく」といった考えが少なからずあるわけでして。

 だから匿名掲示板で悪評を流そうが、口コミで騙されたと騒ごうが、「あっそう気の毒に」と「見る目がないから」と相手にされない。


 以上の事を踏まえた上で、少しでも良い品を騙されずに買うにはどうするか。

 普通は日刀保の発行する機関誌に広告があるとか、全刀商に加盟しているとか、雑誌に広告があった、ネットの口込みや評判、老舗かどうかで判断するかと思います。それ以外で店を判断するにはどうするか?

 もうちょっと具体的に判断するにはどうするか、そんな事を考えてみたり。


 まず一番手っ取り早いのは店のHPを見る事でしょうか。

 刀剣屋となると伝統工芸品を取り扱う古臭いイメージでHPとは無縁な気もしそうです。しかし、刀剣屋の大半がHPで情報発信をしています。

 全刀商のHPから大刀剣市、そこの出店者一覧を見れば大体のHPはあります。その他は自分で探して下さい。HPのない店は……自分で足を運んで判断して下さい。

 それはさておき、HPの中身がまともな刀剣屋ほど、ちゃんとしている……なのですが「一流の詐欺師は服装や周囲の環境に全力をあげる」といった言葉があるように、いかにも高級感あふれハイグレードっぽいから良いとは限らない。

 といったわけで、HPを見る場合の注意点なんぞを。


1)値段がどうか

 相場に対する値段の高低ではなく、まともに値段が付けられているかどうか。

 つまり「お問い合わせ下さい」「要相談」「価格応談」といった時価、「特価」「ご奉仕価格」といったセールがないかを確認します。時価刀剣が二つ三つ程度あるぐらいは問題ないでしょうが、軒並み値段がなければ……他を当たった方が無難。

 そもそも時価の場合は、基本的に1000万円以上ですから最初に買うには適しませんし、それが適正価かも分からない。それからセール品がしょっちゅうある場合は全体に高いといった裏がありますのでご注意を。


2)画像

 刀剣画像があるかどうか確認します。

 HPはあるのに画像を掲載してない店が意外に多くありまして……理由は「あまり詳しい画像出すとダウンロードされるから」だったりしますが。とりえず、画像をしっかり掲載している店の方が良いのは間違いない。

 画像が多いほど良いわけでもないですが、全体画像一枚だけといった場合はダメです。真正面画像で光が映り込んだものもダメです。グワッと拡大画像があるような店は良いです。

 出来れば自店で取った押形が掲載されていると、なお良いかと思いますが。これはあってもなくても構わないかも。押形はある程度は恣意的な部分や絵画的な部分がありますので参考程度。


3)説明文

 ここが一番大事で、各刀剣に対する説明がしっかりした店は売り方もしっかりしてます。

 まずは「刃長、反り、元幅、重ね」といった情報があるかを確認。特に重ねが書かれていないとダメです。判断のしようが無い。

 次に刀を文章で説明した内容。

 具体的にその刀がどういったもので、どういった時代につくられ、どんな時代背景を経ているか。そういった情報がきちっと記載され、さらに店の私見で刀のどこが良いか自分の言葉で書かれていると良いです。

 逆に重要図譜の丸写し、過度に賛美して煽っている、抽象的すぎる文言で誤魔化している場合はよろしからず。

 この辺りは何店舗かを見比べると、すぐ分かります。


 といったわけで……どの店が良い悪いは実体験として持っていて老舗とか、TV出演とか、交通の便が良いとかで判断できないと分かっています。分かっていますが、さすがに店名をあげて大っぴらに言う事はできやしない。

 というわけで、だいたい上記の内容で搾っていけば、「ある程度は良い店に当たるに違いない」と思ってまとめました。

 しかし、良い店である事と自分に合う店かどうかは、また別なのですが。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます