ごった煮

作者 黄間友香

39

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

思想や価値観の違う、独立した短編を読んでいく中で、一本筋の通った作者様の個性が見えました。

表現方法や展開方法だけでないと思います。
内に秘められた言葉はそれぞれの物語によって違うが、声は同じ。

個性のある作品は独自性もあります。
そしてそれは才能であり、一朝一夕では到底達し得ない、努力の賜物だとも思います。

きっと同じ作者様の描いた違う作品を、誰が描いたのか分からなくしても、黄間様の物語だと感じることができるのだと思います。


にぎた

★★★ Excellent!!!

 こういった作品と不意に出会えるこの偶然性こそ、カクヨムの醍醐味なのだと「ごった煮」の秀逸性とともにはたはた感服するばかりでありますー。香炉峰の雪は枕草子で合っていたでしょうかー。
 エッセーであり私小説であったはずの今作が、回を重ねるごとに普通の小説の形に近づいていったのは、連載小説がナマモノである点や、やはり黄間さんの生来眠っていた「物書き」としての血がそうさせたのだと感じずにはいられませんー。
 「光は何秒で地球を一周するでしょう?」といった質問があるとして、「ププッ、知らないの? 光はまっすぐにしか進まないんだよ?」とでも言わんばかりの暴論であり曲論でありおそらく周囲の人からは絶対に嫌われそうな、そんなすさまじい角度から物事に対して切り込んでくる黄間さんのそのお姿は、まるでギリシャ彫刻のようなひねくれっぷりですー。
 今後もその姿勢を貫いていただけるといちファンとして非常にうれしい限りでございますー。

★★★ Excellent!!!

文章の生まれる土台がオリジナルでしっかりしているように思い、同時にまだ変化して、もっと凄いことにもなりそうに感じました。
なんにせよ、現時点ですでにおもしろく、個人的に留学の話に、「ほんとですねえ…」としみじみ息を吐きました。

★★★ Excellent!!!

現在連載中ではありますが、一話完結のためレビューさせていただきます。
タイトルの通り、「ごった煮」なる短編集でありさまざまなエピソードが満載です。
登場人物も異なるお話が多いのですが、DJのリンコさんは数話登場で、軽快な語り口で楽しませてくれます。
その時々に心に浮かんだストーリーをうまく表現されており、どこから読まれてもOKな体裁になっております。
少し疲れた夜、ベッドの中でご覧になれば、笑顔のままおやすみいただけると思います。

★★★ Excellent!!!

独特の雰囲気を持つ、ショートショート集。世の中を斜に構えて見るような感じがあり、にやりと、そして時に、はっとさせられます。ふわりとした、淡々とした語り口の中で、どこか達観した目で世の中を見つめています。

こういう雰囲気の作品を、他に読んだことがないので、ぜひもっと作品を生み出していただきたいと思います。

★★★ Excellent!!!

とても面白い短編集です。

日常にありそうで無さそうなワンショットを
コミカルに、時にクールな視線で綴っておられます。

連作もあり、続けて読むと心地良い笑いに誘われます。
(お気に入りのキャラも出来ました♪)
かなり頭の良い方が書いておられるのだと感じました。

作品全体の雰囲気は非常に明るく、テンポもよく、
現在投稿されている最新話までモチベーションを崩さずに
読み進めていけます。


良い読み物に出会えたと感謝の気持ちでいっぱい。
終わること無く、続いて欲しいコミカルショートショート。

さあ、みんなも一緒にこの世界を歩いていこうよ。

★★ Very Good!!

奇抜な設定や最後にあっと驚くオチはないものの、細かい描写や感情の表現などが巧みで、落ち着いた気持ちのまま楽しめるような短編集でした。
個人的には最初の『ーーーーー』と『答辞』が好きです。
短い時間で少し大人な味わいのある短編を読みたい時にオススメだと思います。