二村ヒトシ|AV監督にとって少女マンガとは何か 第1回 風と木の詩

作者 文芸カドカワ

運命のループから逃れるには、自分が変わるしかない。

  • ★★★ Excellent!!!

風と木の詩という漫画、この筆者の創作論ではじめて知りましたが、30年以上も前にそんなスッゴイBL漫画が連載されていたのですね。
思わず色々調べてしまいました。
絵は70年代少女漫画テイストですが、不思議と古い印象は受けません。そしてジルベールは筆者の言うようにとても官能的です。
この創作論のタイトルはとてもセンセーショナルですが、内容は心理学的と言いますか、精神病理学的です。風と木の詩というBL漫画の枠を超えたすごい大作を交えて性愛について説明されています。
いやはや、風と木の詩、読んでみたいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

まるてさんの他のおすすめレビュー 52