時計塔と呪われし少女 -And Then The Time Started Ticking-

作者 空見ゐか

27

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

 初めは「魔法」や「止まった時」、「呪い」などの言葉があって、ファンタジーかと思った。しかし、読み進めていくと、王道のミステリーであると気付く。
 不可能犯罪。探偵の推理。トリック。閉ざされた空間。アリバイ。それらが主軸となり、その背景にある独特の世界観を引き立てる。
 そして、真実に辿り着く一人の探偵。
 果たして、本当の「呪い」とは? 「生きている意味とは?」 そんなことを考えさせるミステリーだった。読んでいない人は、是非、この世界観と謎解きに挑んでほしい。

Good!

――

ドラマ、ミステリー部門のコンテストトップ作品ということで、心して読ませていただきました。
「クロックタワー」という塔とミステリーサスペンス……
少し、ホラー系ゲームが好きな人には、モロに連想してしまう名作がある為、若干イメージが勝手に動いてしまう感じでした。
人によって、それが吉か凶かになると思いますが
私には少し、引っかかった感じです。

最新話まで読みましたが、まだ冒頭なのかな。被害者は出たんですけど、今一影の薄いキャラだったのと、人が死んだのに他の人物達の心中の描写が若干弱かったように思いますので今後、登場人物の内面の描写などにも、期待して読ませて頂きます。

星は、完結後に再度評価させて頂きます。

★★★ Excellent!!!

――

 これから読もうとしている人にまずお伝えしておきたいのは、このシリーズの前作「絡繰りドール城と六人の探偵」が未読である場合、そちらを先に読んでおいた方が良いということです。
 話自体はそれぞれまったく別の事件を扱っているのですが、この話の中で前作のネタバレになっている部分があるため、時計塔→絡繰りドール城の順番で読んでしまうと『この人は死んでこの人は生き残るのか……』というのが分かった状態で絡繰りドール城の方を読むことになってしまいます。
 まあ、私がそうだったんですけどね。

 さて、この作品自体について解説すると、米澤穂信の『折れた竜骨』のような、魔法が存在する世界を舞台にした新本格系の館もの推理小説です(もっとも、『折れた竜骨』と違って犯人候補に魔法使いはいないため、トリックを推理する上でそこを考慮する必要はありません)。
 前作もそうですが、心情描写にも重きがおかれており、全体として切ない雰囲気ではあるものの読んでいて陰鬱な気分になるほどではないというバランスも魅力の一つです。

 ちなみに、トリックには建物の構造が重要になってくるものもあるのですが、大御所作家でも見取図をつける場合が多い館ものにおいて、文章だけから建物の構造を考えて推理するのはやはり難しいですね(カクヨムでは絵はつけられませんからね)。私には無理でしたが、想像力と推理力に自信のある方は挑戦してみてください。

★★★ Excellent!!!

――

突如ミミの目の前で起きた転落死。一見自殺に見える状況だが、このクロックタワーは曰くのある塔で、もしかしたら他殺かもしれない?

とうとう事件が発生しましたのでレビュー投入です。伝統というか、代々伝わる教えを忠実に守る一族。そこに外部からの来客に探偵。この組み合わせで事件が起きないわけがない。まさにザ・ミステリーの定番とも言える展開に進む手が止まりません。

前作の『絡繰りドール城と六人の探偵』の続編かな?と考えられますが、魔法の存在や登場人物にミミと黒猫のクロがいます。ただ、今回はミミではなく塔の一族であるレア視点で物語が進められ、まだミミやクロのシーンは少ないですが、萎縮するミミが可愛いのなんの。胸がキュンとすることは間違いないと思います。

さあ、刻の流れに身を任すのか…それとも永遠欲しさに逆らうのか…彼女らの選択が気になります。