第2話「歓喜の理由」

「早く早く!」

 宇宙から地球へ……再び転送された歩は、緑髪の少女……リブラにアーサーのコックピットから(文字通り)引っ張り出されると、ほっとする間もなく、今度はミコに手を引かれ、長い通路を走っていた。何でも、STWの司令室に案内するとかしないとか……正面に迫る扉が左右にぷしゅっと開き、ミコと歩は部屋の中へ。

「カメちゃん、連れてきてたよ~!」

「亀山さん! お疲れ様です!」

 棒付きの飴玉を手にした凛音が駆け寄り、二人を出迎える。

「あんた、やるじゃねぇか!」

 大柄な男性が笑顔で歩に語りかけた。小さな瞳。髪は短く刈り込まれ、爽やかなスポーツマンといった印象。漆黒のコートは凛音が羽織っているものと同じデザインのようだが、こちらはしっかりと着込んでいた。……少々、窮屈そうではあるが。

晋太郎しんたろう、目上の方に失礼だろう? すいません、さん」

 そういって頭を下げたのは、ひょろっとして背の高い男性だった。切れ長の瞳。長く伸ばした髪を首の後ろで縛っており、アーティストといった印象。同じく漆黒のコートを着ているが、こちらは少々、サイズが大きいようだ。それよりも……。

「亀谷じゃない、亀山だよ、亀山。……ったく、どっちが失礼だって話だよ。えっと、三十四だっけ? ……見えねぇよなぁ。あ、俺達は、今年で三十ね。でもさ、こいつ……啓介けいすけって言うんだけど、学生結婚しててさ、もう小六の娘がいるんだぜ? 信じられないだろ?」

「晋太郎! ……すいません、亀……山さん。重ねて失礼しました。どうも、人の名前を覚えるのが苦手でして。それにしても、見事なお手前でした」

 啓介の拍手に、歩は頭を下げる。晋太郎は腕を組み、うんうんと肯いた。

「本当、助かったぜ! 来てくれなかったらどうなってたか。カズもいずれはあれぐらい……って、おい、カズ! そんなとこで何やってんだよ!」

 晋太郎は部屋の隅に向かって声をかける。歩が顔を向けると、ソファーに座っている少年の後ろ姿が目に入った。同じく漆黒のコートを着ているようだが……その表情は窺えない。

「……あいつ、拗ねてやがんな」

「あの戦い振りを見たら……ねぇ」

 顔を見合わせる晋太郎と啓介。歩が首を傾げると、ぷしゅっと扉が開いた。

「皆、元気してる?」

「司令、お疲れ様です!」と、凛音。

 歩が振り返ると、扉の前に黒髪を短く切り揃えた女性が立っていた。長身で足が長く、漆黒のコートを完璧に着こなしている。はっきりとした目鼻立ちで、特に印象的な釣り目が、歩をじっと見据えていた。緊張する歩に向かって、女性は口を開く。

「どう? 世界を救った気分は?」

「えっと……」

 歩が口ごもっていると、女性はにやりと笑った。

「私は神楽舞かぐらまい。セーブ・ザ・ワールド……STWの司令官よ」

「……亀山歩です」

「もちろん、知ってる。だから、君に私達のことを紹介するわね。まずは……って、この子のことは知ってるわよね? 水無月凛音。STWの軍師様よ」

 舞は凛音の背中に回り、両肩に手を置いた。凛音は飴玉を咥えたまま、歩に笑顔を見せる。歩が肯くと、舞は並んで立っている男性二人に目を向けた。

「そっちの二人は凛音のサポートをしている――」

「羽田晋太郎だ! よろしくな、亀山さん!」

「菅原啓介です」

 晋太郎は親指を立てて頷き、啓介は会釈をする。歩が頭を下げると、舞はぐるっと部屋を見渡した。

和馬かずまは? ……何やってるの、こっちにいらっしゃい!」

 舞に呼びかけられた少年は、渋々といった感じでソファーから立ち上がり、歩に向かって歩いて行く。小柄な体格と整った顔立ちは、売り出し中のアイドルといった印象。短く、丸みを帯びた髪型は、茶色く染められている。

「彼は君と同じパイロットよ。訓練生ってところね」

「……新城和馬です」

 頭を下げる和馬の背中を、晋太郎がばしっと叩いた。

「カズ、しゃっきっとしろよ! 愛しのライオンを亀に取られちまうぞ?」

「いたた……は、羽田さん!? そんな、い、いと――」

「あーっ! またライオンって言った! 私は凛音ですってば!」

「……突っ込みどころはそこですか?」

 凛音が飴玉を突きつけて抗議しても、晋太郎は涼しい顔。和馬はぐるぐると指を回し、啓介は苦笑いを浮かべる。その様子を見て、舞は「こほん」と咳払いをした。

「えーっと、あとは――」

「は~い! 猫宮ミコだよ! よろしくね、カメちゃん! ……むぎゅぅ!」

 ミコはぴょんぴょんと飛び跳ねてアピール。その頭を、舞が両手で押さえつける。

「このちっこいのは……座敷童よ。リブラは?」

「ざしきわらし? リブラはリッターの整備中だよ! 呼ぶ?」

「ううん、今度でいいわ。……というわけで、これがSTWの主要メンバーよ。亀山君、君のような才能ある仲間が増えて嬉しいわ。これからよろしくね」

 舞は歩の前に立つと、右手を差し出した。歩はその手をじっと見詰め、次いで視線を凛音に向けた。凛音は飴玉を咥えて俯く。舞は二人を見比べながら、口を開いた。

「どうしたの?」

「今回だけだ」

 歩に凛音以外の視線が集まった。そこに込められた思いを、舞が代弁する。

「……亀山君、どういうことかしら?」

「俺はSTWとやらに入るつもりはない」

「なんだって?」

 身を乗り出そうとする晋太郎を、啓介が肩を掴んで制止する。舞は人差し指を頬に当て、小首を傾げた。

「理由を聞かせて貰える?」

「俺は……小説家を目指しているから」

「小説家だぁ? お前、何言って――」

「晋太郎!」

 啓介にとがめられた晋太郎は、「だってよぉ」と言いながらも、渋々引き下がる。

「それが君の夢、というわけね?」

 舞の言葉に歩は肯き、凛音に顔を向ける。がりっ……思わず凛音は飴玉を嚙んだ。 

「そのことは、軍師様にも伝えてある」

 舞はがりがりと飴玉を噛み砕いている凛音を見て、困ったように笑った。

「……そのようね。ごめんなさい、早合点してしまったわ。でもね、これだけは言わせて。君のお陰でこの世界は救われた。それは事実。だから、ありがとう」

 舞の感謝に、歩は視線を逸らすことで応えた。

「じゃあ、すぐに帰りの手配を――」

「わ、私がコメットでお送りします!」

 凛音は飴玉がなくなった棒を振り回してアピール。それを見て、舞は肯いた。

「お願いするわ」 

「はい! さぁ、亀山さん、行きましょう!」

 凛音は歩の手を取り、司令室を出て行った。ぷしゅっと扉が閉まる。

「……行っちゃった。マイ、いいの?」

 ミコの問いかけに、舞は肩をすくめて見せる。

「良いも悪いも、本人の意思を尊重しないとね」

「そんな悠長なことを言ってる場合かよ。こちとら、世界を救わないとなんだぜ?」

 晋太郎の言葉に、STWの面々は顔を見合わせる。すると、和馬が声を上げた。

「僕に任せてください! 僕が凛音ちゃんを救います!」

「……カズ、そこは世界だろ?」

「え? あ、そ、その……」

 顔を真っ赤にする和馬を、ミコが「がんばれ! カズマちゃん!」と応援する。啓介はそれを横目に、舞の表情を窺った。舞は顎先に右手の人差し指と親指を当てながら、じっと何かを見詰めていた。啓介はその視線の先を追う。

 司令室の正面にある、全面モニター。そこには、地球が大きく映し出されていた。


 ――その船は、宇宙に咲いた大輪の薔薇のようであった。そして、その持ち主もまた、薔薇と形容するに相応しい少女である。エクセリア。それが、彼女の名前。

 エクセリアは天蓋つきのベッドに寝そべり、手にした携帯端末に深紅の瞳を向けていた。波打つ豊かな髪も赤なら、唇の色も赤。その身を包む優美なドレスだって、もちろん赤……一方で、肌は雪のように白く、まるで精巧に作られたかのように美しい。だが、彼女は慎ましく呼吸をしていた。白い肌にもほんのりと赤味がさし、血が通っていることを示している。

 広々とした私室には、エクセリアの他にもう一人……夜色のスーツで身を包み、影のようにひっそりと佇む老人がいた。エクセリアに仕える筆頭執事メイソン。白髪に白髭、金色の瞳。その顔には幾重にも深い皺が刻まれているが、眼光の鋭さは衰えを知ることがない。……エクセリアが生まれた日から、ずっと。

「お嬢様。シュヴァリエが撃破されました」

「で、あるか」

 エクセリアは携帯端末から顔を上げ、にやりと笑った。

「そうこなくてはな。では、次なる一手を――」

「嬉しそうですな」

「分かるか?」

「ええ、それはもう。屋敷にいらした時は――」

「実家の話はするでない」と、エクセリアは唇を尖らせる。

「失礼しました」

 エクセリアは携帯端末をベッドに放り投げ、振り返った。どこまでも広がる暗闇の中に、ぽつんと浮かび上がる青い星……それを、深紅の瞳でじっと見詰める。

「地球人め、なかなかやるおるわ」

「……正直に申しまして、意外ではありました。ソルダだけでなく、シュヴァリエまで……名のある使い手がいると見て、間違いないでしょうな」

「そうでなければ困る。私は弱い者いじめをしに来たわけではない」

「世界征服」

「ああん、それは私の台詞じゃ!」

 エクセリアはメイソンを顔を向け、頬を大きく膨らませた。

「失礼しました」

「まったく……ぶつぶつ」

「それにしても、迂遠うえんではありませんか?」

「何がじゃ?」

「今回投入したシュヴァリエは、旧式も旧式。あれではみすみす――」

「流石の爺も、世界征服の美学は分かっておらぬようじゃな」

「美学、ですか?」

「うむ、美学じゃ。あるいは、機微とでも言おうか……私は世界征服については少々、うるさいからの。いきなり最大戦力で潰しにいくなど愚の骨頂……そこで話が終わってしまう。それでは、何も面白くないではないか?」

「はぁ、左様で」

「バランスじゃよ。バランス。強すぎず、弱すぎず。均衡を保ち、盛り上げ――」

「でしたら、こちらも考え直した方が良いのでは?」

 メイソンが目を向けた先には、巨大なルーレット……回転式ダーツ板が設置されていた。板には攻撃開始の日時、投入する戦力などが、放射状に分けられて記入されている他、ルーレットを回転させるための持ち手が取り付けられている。

「郷には入れば郷に従えと言うではないか? なんでも、これは地球の伝統的な運命決定装置だと、父上が秘匿していた薄い本にも書いてあったぞ? ……ほれ、爺! 分かったら、早く回すのじゃ!」

 ……やれやれと思いながらも、メイソンは持ち手を握り、ぐるっとルーレットを回した。もしダーツが中央に命中しようものならば、地球の命運はそこで尽きる。「問答無用で世界征服!」と、エクセリアの直筆があるからだ。メイソンとしては、ぜひそこを狙って欲しいところなのだが……。

 エクセリアは鼻歌交じりでダーツを手にし、ベッドに座ったままそれを構える。深紅の瞳を細めて狙うは、もちろん中央。……爺にはああ言ったが、儚さにもまた、趣があるからのぉ。はてさて、どうなることやら……エクセリアはダーツをルーレットに向かって放り投げた。

 ――ぷす。ダーツは中央に命中した。メイソンの額、そのど真ん中に。

「……大当たりですな」

「爺ーっ! だ、大丈夫かっ! し、ししし、止血をっ!」

 エクセリアはティッシュの箱を引っ掴み、慌ててメイソンへと駆け寄る。


 ――夕方。歩が住んでいるアパート前の道路に、コメット……箒が着陸する。

 コメットはミコが作った箒型飛行支援装置で、ステルス機能も備えているという。歩は帰りの道中、凛音からそんな話を聞かされた。帰りは速度も緩やかで、歩は凛音に掴まることなく……箒の柄を掴んでいたので、捕まる心配もなかった。

「今日はその、ありがとうございました!」

 深々と頭を下げる凛音を見て、歩は首を横に振った。

「そんな、別に……一度だけという話も守ってくれたし、なし崩しじゃなくてさ」

「いやー、実はそのまま強引にってのもアリかなーって……」

「おい」

「あはは、冗談です。でも、私は――」

「これっきりだ。君には仲間がいる。俺がいなくても、世界を救えるさ」

 歩はそう言って振り返ると、部屋に向かった。鍵を外して中に入り、見慣れた光景に安堵の溜息をつく。ついさっきまで、宇宙にいたなんて信じられない。……自分が世界を救っただなんて、信じられるはずもなかった。

 ……でも。靴を脱いだ歩はタンスの前へと向かい、その上に置かれている写真立てを手に取った。幼い自分と、両親が一緒に写っている写真。

 ――親父、俺さ、宇宙に行ってきたよ。

 歩はそこではっとして、ノートパソコンへと向かった。マウスを動かし、省電力モードを解除。恐る恐る、ブラウザの更新ボタンをクリックする。

 表示された数字は0ではなかった。第一話、第二話と、その数字は続いている。

「おっしゃーっ!」

 歩は再び写真立てを手に取り、ぐるぐるとその場で回転するのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!