SFショートショート集「タイムマシンG」

作者 ますだじゅん

157

56人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

書籍になるという情報を知るまで、不勉強ながら存じ上げませんでした。
まずは書籍に含まれる小説を拝読し、あまりに面白くて止まらずにすべてを拝読しました。

作者のSF愛がほとばしっています。SF的なアイデアとお話のアイデアの融合が素晴らしく、読んでいて笑ったり、泣いたり、背筋が凍ったりします。

全作品、とても面白かったです。続きもぜひ読みたいです。

★★★ Excellent!!!

あるひとつの革新的な発明によって進化する社会、時代に沿って変化していく価値観と倫理観。あるいは、変わってしまう前に自滅する人類。
遥か遠い(もしくは近い)未来、本当に作中の技術が実現したとしたら、人類のたどる結末はこうなるかもしれないと、ある意味で背筋を凍らせてくれます。
フィクションなのに、まるで予言であるかのようなリアリティを思わせる卓越した作品たちです。遠い未来で、簡単に要約された科学史を読んでいる気分になれます。

★★★ Excellent!!!

<この作品のいいところ>
・短くて読みやすくて、固くない
・でもしっかり面白くて引き込まれる
・アイデアが豊富

連載形式ですが1話ごとに完結形式なので読みやすいです。

長過ぎる長編で疲れた人も、
ありきたりな内容ばかりで飽き始めた人も
3分あればこの小説の1つは軽く読めます(*´∀`*)

で、しっかり「予想できない」です。

小説そのものはもちろん、作者「ますだ/ペンC」さんの世界観に触れて
あなたの中で新しい発想や考え方が出てくることもあるはず。

ぎゅぎゅっと「面白い部分」を抽出して焙煎して煮詰めて固めたような、
洗練された作品群が読んだ人の心に残りますよ(=´▽`=)

★★★ Excellent!!!

 SF短編の妙。遠い世界で遠くの時間――そんな世界を分かりやすく書き記し、物語テーマを織り込むのはたいへん。ましてそれを面白く可笑しく感動的に。その上で短く!? 正直、短編というものは、物語作成能力と同時に一種違った特殊な能力を要するとしか思えない。ましてそれが次々と。さあ次の作品はなんだなんだ。